天皇賞(春)

京都11R天皇賞(春)(GⅠ・芝3200m)
◎14 キズナ
○12 ウインバリアシオン
▲07 フェノーメノ
☆08 ゴールドシップ
△01 アスカクリチャン

今開催の京都の馬場に目を向けてみると、先週のマイラーズカップがレコード決着だった様にかなりの高速使用となっている。今週、中間の降雨があったとはいえ、ガラリ一変は望みづらい。こうなると3200m戦と言えど、スタミナだけではなく、上がりの速さも要求されてくる。ましてや、ペースを握ることが予想されるサトノノブレス、もしくはデスペラードにしろスローペースは必至の状況。決して速くはならない。スタミナはもちろんだが併せて速い上がりを使える、この2点を高いレベルでこなせることが例年になく豪華メンバーの競演となった天皇賞(春)の勝ち馬の条件。

そんな中でも◎のキズナは頭一つ抜けた存在と見るべき。昨年のフランス遠征ではロンシャンの2400m戦を2戦してニエル賞(G2)を勝利し、凱旋門賞では勝ちにいっての4着。ともに内容的な価値は十分過ぎるほどある。ロンシャンの2400mはそのタフさから要求されるスタミナのハードルが京都の3200mより高い。しかも、キズナが出走した2戦は共に重馬場という更にハードルが上がった状況だった。そんな中での1,4着。その強靭な末脚は言わずもだが豊富なスタミナも、それを世界最高峰の舞台で持ち合わせていることを示した格好だ。そんなキズナに今回の距離を不安視するというのはナンセンス。 久々だった前走の産経大阪杯では、まだ馬体に大きく余裕(馬体重ではなく作り)があった中で、昨年の菊花賞馬のエピファネイア以下を子供扱い。ダービー時より馬体の成長も著しく、昨年の有馬記念回避という英断が明らかに大きなプラスとなっている。他馬とは次元が違う印象で、このメンバーでも不動の軸。

対抗には昨年末に見事と言えるカムバックを果たした○ウインバリアシオン。今年の初戦だった日経賞でも正に横綱相撲というべき内容で久々の重賞制覇を成し遂げ、ここを弾みをつけた。昨年の有馬記念で17ヶ月の休み明けから1戦叩いたというだけの中でゴールドシップ以下を押さえ込んだのはこの馬のポテンシャルの成せる技。キズナを除けば、ポイントの2点を一番高いレベルで併せ持っており相手の筆頭はこの馬。

単穴にはディフェンディングチャンピオンの▲フェノーメノ。こちらは前走が昨年の天皇賞(秋)の直前に骨折して以来の復帰戦。出走時は仕上がり半ば、といった状態だった為、前走の着順は仕方がない面も大きい。ただ、叩いたことでグンっと上昇しており、今回の最終追い切りでは、時計以上にこの馬らしい豪快な走りを披露していた。馬体面もムダがなくなり筋骨隆々な好馬体に仕上がっており、前走からの上積みは計り知れないといった感じ。スタミナというより上がりに特化したタイプだが、ここまで状態が回復している昨年の覇者を侮どるべきではない。

次点に☆ゴールドシップ。前走は出遅れ1周目は掛かりながらも終わってみれば完勝。掛かったとは言え、前々で競馬が出来たのは大きな収穫。今回の鞍上、ウィリアム騎手の持ち味は積極的な騎乗。この馬のバテないと言う強みにマッチする可能性は高い。確かに京都では結果が今まで出ていない。ただ、昨年の当レースはとりわけ上がりが要求される中で、後方から進出していく形ではこの馬にとって、厳しい展開だし、昨秋の京都大賞典はレース以前に状態面の問題が大きかった。恐らく今回は鞍上のストロングポイントも加味すると確実に前々での競馬。周知の如く上がりの速さより、スタミナに特化したタイプだが、ポテンシャルに加え、鞍上の手腕込みで見ると残り目の可能性も考慮すべき。全く の無視は危険。

最後に穴としてゴールドシップと同厩舎の△アスカクリチャンを。昨年は極悪の馬場状態だった為、2000m以上のスタミナを要求された札幌記念で後に天皇賞(秋)で4着に健闘するアンコイルドに4馬身差。アルゼンチン共和国杯では高速馬場の東京で勝利を挙げるなど、決してここで完全に見劣るということはない。ヒモに加えておきたい存在。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る