レース回顧

京都11R秋華賞予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 4 7 ヴィヴロス
2着 2 3 パールコード
3着 7 15 カイザーバル
4着 1 2 ジュエラー
5着 3 5 レッドアヴァンセ


払い戻し・配当
単勝 7 630円
複勝 7 220円
3 380
15 480
枠連 2—4 1,870
馬連 37 3,550
ワイド 37 1,110
715 1,790
315 2,950
馬単 73 6,170
3連複 3715 20,940
3連単 7315 95,520


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
5 10 10 ビッシュ
1 1 16 エンジェルフェイス
1 2 4 ジュエラー
2 4 7 パーシーズベスト
7 15 3 カイザーバル
4 7 1 ヴィヴロス
 
<秋華賞の予想記事>
秋華賞 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に京都競馬場で行われた秋華賞の回顧をしていくわ!

牝馬クラシック最終戦の秋華賞を制したのは、福永祐一騎手騎乗で3番人気のヴィヴロス。

………えっ!?
………あの騎手じゃないの!!

金曜日にも言ったんだけど、「このF騎手はスプリンターズステークスでやらかしてるから、外を回して差し届かないことが考えられるわ」と書いて その通り内に入れることなく外を回したんだけど結果的に届いちゃったと…。

私はすっかり大事なことを忘れていたんだけど、このF騎手がG1を勝てる条件をまとめてみたわ。

・ガチガチの人気にならないこと

・極力1番人気にはならず手頃な人気になること

・牝馬もしくは賞金が安いG1であること

・ワンターンのコースであること

などなどを挙げてみたけど、今回の秋華賞は『牝馬のG1で1番人気ではなく3番人気と手頃な人気』だったと考えれば勝ってもおかしくなかったんだけど、この事をすっかり忘れてたわ。

今後、このF騎手を買うときはこれを参考にしてちょうだい。

それじゃ、レース回顧しましょうか。

勝ったヴィヴロスだけど、1コーナー入るときは引っかかるような素振りを見せていたけど向う正面に入るとなんとか折り合ってレースを進める事が出来たわ。

逃げたクロコスミアが作ったペースは1000m通過が59.9、近年の速いペースを考えると前も残る可能性のある平均ペースと言えたわ。

4コーナーで動かずに我慢したことで脚が溜められたから、最後の伸びにつながったのよね。

今回は、差し脚が向く展開になったし、鞍上のF騎手が前回よりは上手く乗る事が出来たのが勝因でしょね。


この馬自身どの距離がいいのか分からないけど、来年のヴィクトリアマイルは面白いんじゃないかしら。

もし、このままF騎手が乗るなら買いの条件があるわよ。 それは、またその時ね。


2着は、川田騎手騎乗のパールコード。

ヴィヴロスの1馬身ほど前でレースを進めていて、直線を向いて追い出してカイザーバルを捉えるまでは良かったけど、最後はディープインパクト産駒の切れ味に屈した形ね。

それでも、十分に力を出せた良い内容だったわ。


3着は四位騎手騎乗のカイザーバル。

この馬も道中、前に壁を作る事が出来ずに折り合いを欠くシーンがみられたわね。

それでも、先行馬たちを目標にレースを進め4コーナーを前に早めに動き出し、最後までしぶとく伸びて3着。

母のダンスインザムードが2004年に秋華賞で負けた時も、早め先頭から後続馬に差されて負けたの。

そう考えると母娘で同じ負け方だけど、娘の方が着順は良かったわね。

良血の才能の一端は見せられたから今後の成長に期待ね。


1番人気のビッシュは10着。

どうしちゃったのかしらね。

全く見せ場すら作れず負けるなんて・・・。

まぁ強いて敗因を挙げるとすれば、初めての関西への輸送で環境が変わってそれに馬が順応出来なかった。

牝馬は繊細で難しいから1度でも輸送競馬を経験しておけば結果は変わったかもしれないわね。

陣営も「精神的に弱いところがある」と言っているように、今後はメンタル面の成長が課題になってくるわ。

桜花賞馬ジュエラーは、最後内を突いて伸びてきたけど届かず4着。

デムーロ騎手も言っているけど「外に出すことが出来なかった」とこれに尽きるわね。

1枠から大外に出すのはかなりのロスになるし、内にかたまりやすい京都競馬場ではなおさら難しくなるわけで。

これが、外回りなら直線入り口で馬群がバラけるから内を突きやすいんだけどね。

それでも、前走よりは良いパフォーマンスを見せていたし4着とはいえ悲観する内容ではないわ。

次はエリザベス女王杯かマイルチャンピオンシップか分からないけど注目よ。
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る