レース回顧

京都11Rエリザベス女王杯予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 2 3 クイーンズリング
2着 5 9 シングウィズジョイ
3着 1 1 ミッキークイーン
4着 8 15 パールコード
5着 7 13 プリメラアスール


払い戻し・配当
単勝 3 610円
複勝 3 230円
9 1,200円
1 150円
枠連 2-5 7,20
馬連 3—9 13,710
ワイド 3—9 3,670
1—3 520
1—9 4,640
馬単 3→9 22,570
3連複 1—3—9 20,680
3連単 3→9→1 158,930


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
8 15 4 パールコード
2 3 1 クイーンズリング
2 2 6 マリアライト
7 12 10 アスカビレン
8 14 15 シャルール
6 10 6 シュンドルボン 


 
<エリザベス女王杯の予想記事>
 エリザベス女王杯 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ

エビコの結果報告
日曜日に京都競馬場で行われたエリザベス女王杯の回顧をしていくわ!

秋の牝馬決定戦「エリザベス女王杯」を制したのは、M.デムーロ騎手騎乗で3番人気のクイーンズリング

直前予想のクイーンズリングの欄でも触れたけど、デムーロ騎手の大舞台での勝負強さは相変わらず群を抜いているわね。

勝ったクイーンズリングだけど、終始ロスのない競馬が出来たわ。

ゲート内で立ち上がろうとしたときにスタートが切られて、出遅れる形になったけどさすが名手デムーロ!

無理に追走する事なく、スッと下げてインの好位置を確保。

そのまま中団のインでジッと動かず最終コーナーを迎えたわ。

スローな流れの中、最終コーナーまでジッと我慢できる度胸もデムーロ騎手ならではよね。

直線では馬場の良い外に出して、馬群を割って鋭く伸びて快勝。

馬の実力というよりは、騎手の手腕が目立った感じよね。


2着は、C.ルメール騎手騎乗のシングウィズジョイ

これにはちょっとビックリしたわ!

プリメラアスールの逃げがスローになる事が分かっていたかのように、スタート直後にスッと先行して3番手を確保したのは、ルメール騎手だからこそできた競馬よ。

結果的にインの経済コースを終始走れたわけだし、位置取りの優位性が大きく結果に表れたレースだったわけだから、この2着も騎手の実力が大きいわ。

3着は浜中騎手騎乗のミッキークイーン。

最後はよく伸びてきているんだけど、やっぱり休み明けか、追ってからズブさをみせていたわね。

スローな流れで、いつもより前で競馬を進めていたのにも馬が戸惑っていたかもしれないけれど、次走は間違いなく巻き返してくるでしょうね。

そして、かわいそうだったのが1番人気のマリアライト・・・

1コーナーで外からシャルールが内に切れ込んできて、その影響でマキシマムドパリも内に切れ込み、マリアライトの鞍上の蛯名騎手が手綱を大きく引っ張るような落馬寸前の不利を受けたの。

ここで完全にリズムを崩してしまって馬もいつもの走りができなくなってしまったわ・・・
あれがなければ勝ち負けに加わっていてもまったく不思議では無かったわ!

いわゆる“アクシデント”だけど、これがあるから競馬は面白いわ!

まぁ、たらればを言ったところで結果は変わらないわけで、気持ちを切り替えて今週のレースに臨んで欲しいわ。
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る