レース回顧

阪神11R桜花賞予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 7 13 ジュエラー
2着 6 12 シンハライト
3着 5 10 アットザシーサイド
4着 3 5 メジャーエンブレム
5着 8 17 アドマイヤリード


払い戻し・配当
 
単勝 13 500円
複勝 13 240円
複勝 12 260
複勝 10 810
枠連 6→7 730
馬連 1213 960
ワイド 1213 320
ワイド 1013 1,320
ワイド 1012 1,430
馬単 1312 1,950
3連複 101213 5,650
3連単 131210 20,330


当サイト予想印      
枠番 馬番 着順 馬名
7 15 6 ラベンダーヴァレイ
6 12 2 シンハライト
7 13 1 ジュエラー
3 5 4 メジャーエンブレム
8 16 12 ウインファビラス
 
<桜花賞の予想記事>
桜花賞 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に阪神競馬場で行われた桜花賞の回顧をするわ。

予想記事にも書いたけどこのレースの注目はとにかくメジャーエンブレム。
最終の単勝オッズは1.5倍の圧倒的支持を受けていたわね。
2番人気はシンハライトで4.9倍3番人気はジュエラーで5.0倍と予想通り3強の戦いになっていたわ。

結果から言うと、勝ったのはジュエラー2着にシンハライトメジャーエンブレムだったの。

勝負の明暗を分けたのはスタートね。
恐らく、ほとんどの人が逃げるのはメジャーエンブレムだと思っていたに違いないと思うの。

でも、私は「もしかしたら逃げないんじゃないかしら」と思っていたの。

阪神ジュベナイルフィリーズでは、スタート後ハナには立ったけど、行く馬がいたから2番手に控えて直線で先頭に立って押し切って勝ったの。
続くクイーンカップではハナは譲らず先頭に立って、1000m通過が57.8と早いペースを刻んで持続力勝負に持ち込んで勝ったわけよ。

つまり、メジャーエンブレムのレースパターンていうのは決まっているの。

じゃ、なんで私はそう思ったかって言うと、控えて勝った阪神ジュベナイルフィリーズと、圧勝したクイーンカップの結果が今回の凡走を招いたと思っているの。
仮に、チューリップ賞に走って控えて負けていたら今回は絶対逃げたでしょう。

でも、レースレベルの低かったクイーンカップで圧勝してしまったからリスクの高い逃げを打つなら行かせたい馬に行ってもらって、好位から競馬をしようと考えたんじゃないかしら。

スタート後の行きっぷりが悪かったように見えたけど、あれはルメール騎手が自分の判断であのポジションで馬を落ち着かせた騎乗だわ。

その結果、上にも書いたけど瞬発力勝負に屈して4着と期待を裏切る形になってしまったと言うわけ。
控えてもペースは流れると思ったジョッキーの読み負けね。

ゴール前のジュエラーとシンハライトの叩き合いは素晴らしかったわ。

メジャーエンブレムと早めに捕まえに言ったシンハライトの池添騎手の騎乗も素晴らしかったし、ジュエラーの末脚を信じて作戦を1本に絞ったデムーロ騎手もさすがと言ったところね。

去年と今年の桜花賞を見て思ったことは・・・『競馬に絶対はない』わね!!
過去の提供情報
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る