桜花賞

阪神11R桜花賞(GⅠ・芝1600m)
◎13 クイーンズリング
○08 ルージュバック
▲15 ココロノアイ
☆01 コンテッサトゥーレ
△06 レッツゴードンキ
△09 アンドリエッテ

今日は、阪神競馬場で牝馬クラシック第1弾の桜花賞が行われます。
今年の桜は早めに咲いてしまい満開の下でのレースとはいきませんが、心躍る季節ですね。

この桜花賞での注目は先日もお話しましたが関東のルージュバックです。
新馬、500万で見せた最後の末脚は前年のハープスターを思わせるものでした。
いや、スケールならそれ以上かもしれません。
そのくらいルージュバックの競馬っぷりが目立ち、見ている人を惹きつけています。

ディープインパクト産駒は初年度産駒がデビューしてから毎年この桜花賞を制しており
ディープインパクト産駒の桜花賞の相性の良さは証明済み。
しかし、今年の人気はマンハッタンカフェ産駒とステイゴールド産駒です。
この無敗の3頭にディープインパクト産駒たちがどう立ち向かっていくかが見ものですね。

今週1週間はルージュバックのアラ探しに余念がありませんでした。
重箱の隅をつつくような話ですが、少しでもアラを探してルージュバック絡みでも
そこそこの配当を狙いたいと思います。

そんなアラ探しをした結果、私の本命はクイーンズリングにしました。
1800mでデビューして以降1ハロンづつ距離を短くしてきました。
3戦とも好位・中団・後方と様々なスタイルにも対応しておりセンスは抜群です。
特に前走のフィリーズレビューで見せた脚はルージュバックに引けを取らないものでした。
しかし、懸念されるのは勝ちタイムです。
1:22.5が条件クラスレベルということです。
ただ、タイムというのは様々な要素に左右をされます。
なので一概には言えませんが、これまでのレースを見るとスケールはあります。
ルージュバックが休み明けの分この馬にもチャンスはあるはずなので期待したいです。

対抗には、ルージュバック。
さすがにこれ以上下の印は打てませんでした。
特に説明はいらないと思います。
大物感は抜群、前走のきさらぎ賞でクラシック候補生たちを子供扱いしたレース。
ある程度前でも競馬が出来る。
など死角が見当たらないくらいです。
しかし一つ上げるとするならば、きさらぎ賞からの直行というところでしょう。
前例がないのでなんとも言えませんが、皐月賞でもこのローテーションは相性が悪いです。
ど真ん中の枠に入りどちらでレースをするのかも読みづらい。
このレースに限り取りこぼす要素があると思い対抗にしました。

この中で気になるのが、コンテッサトゥーレです。
兄は皐月賞馬のキャプテントゥーレという良血馬です。
そして、桜花賞に相性のいいディープインパクト産駒。
鞍上は、不祥事明けのルメール。
前走のチューリップ賞は重い馬場に脚をとられた結果6着でした。
しかし、紅梅ステークスからの休み明けだったので今回の方が状態はいいはず。
上との力差はあるが、ルメールマジックが炸裂すればジャイアントキリングもあるでしょう。
色々と燃えているであろうルメールに期待です。

と、なんとかアラを探してルージュバックを対抗まで落とした今回の予想ですが
終わってみれば「やっぱりか」なんてことにもなるかもしれません。
しかし、いくら強い馬でも競馬に絶対はないのです。

みなさんはルージュバックをどうしますか?
私は馬券的にルージュバックを下に抑えて軽く遊びたいと思います。
とにかく良いレースを期待しましょう。

当サイトの桜花賞買い目予想!!

【5レース目】阪神11R 桜花賞(G1)

◎ 13 クイーンズリング
○ 8 ルージュバック
▲ 15 ココロノアイ
△ 6 レッツゴードンキ
△ 9 アンドリエッテ
☆ 1 コンテッサトゥーレ

≪買い目≫

馬連流し(5点) 13-1,6,8,9,15

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る