G1レース展望

さて皆様。
日曜日の競馬はいかかでしたか?

日曜に東京競馬場でヴィクトリアマイルが行われ
勝ったのは戸崎騎手騎乗のストレイトガールでした。


2着には12番人気のケイアイエレガント、3着には18番人気のミナレットが入り
3連単はG1史上最高配当の2000万馬券と言う大波乱の結果でした。

人気のない逃げ馬が軽快に逃げると、結果はわからないものですね。

決してスローペースで逃げてたわけでは無いのですが
後ろが追って来ない事もあり気が付けば坂を上ってもまだ先頭。
最後は、2番手にいたケイアイエレガントと鋭く伸びたストレイトガールに屈しはしましたが、
見せ場十分の競馬でした。
人気どころは総崩れと、この時期の牝馬の難しさも改めて感じるレースでした。

さぁ、話を今週のメインレースに向けましょう。
今週は東京競馬で牝馬クラシック第2弾のオークスが行われます。
距離は2400mと、この時期の3歳牝馬にしては未知の距離であるこのレース。
桜花賞からの4ハロン延長を克服し見事“樫の女王”に輝く馬はどの馬なのか。
大変、見ごたえのあるレースです。

まずは、桜花賞馬となったレッツゴードンキ
桜花賞は鞍上の岩田騎手の咄嗟の判断が功を奏し見事な逃げ切り勝ち。
2着に4馬身差を付ける大勝でした。
これまで6戦して全て掲示板内と牝馬戦では堅実な走りを見せています。
距離への対応ですが3歳牝馬が相手ならこなせるでしょう。
2冠達成なるかが見ものです。

その桜花賞で2着になったものの最後は物凄い脚で追い込んで来たクルミナル
新馬、エルフィンステークスと連勝し挑んだトライアルのチューリップ賞では
悪い馬場の影響もあってか11着と惨敗。
その影響で桜花賞本番は人気を落としたが良馬場で終いは33.4とメンバー中2位の上がり。
距離的にもオークスの方が向いてるはずなのでココでの逆転は十分にあります。
G1での池添謙一騎手は怖いです。

オークスでの巻き返しを誓うのがルージュバックです。
新馬、500万、きさらぎ賞と牡馬を相手に3連勝。
特に新馬と2戦目の百日草特別では、周りの馬が止まって見える程の末脚を繰り出し
見ている人の心を引き付けていました。
断然人気で挑んだ桜花賞では、結果的にどっち付かずの枠とペースに泣きはしたものの
9着は負けすぎな印象があります。
桜花賞までの3戦の内、良いパフォーマンスが出来るのはやはり左回りでしょうか。
今回は百日草特別を勝った東京が舞台です。
伸び伸び走れるこのコースは間違いなくプラスに働くはずです。
後は、馬の力がどこまであるかでが過信は禁物でしょう。

桜花賞3着だったのがコンテッサトゥーレ
兄にキャプテントゥーレを持つディープインパクト産駒。
こちらも、チューリップ賞では重馬場が影響し力は発揮できませんでしたが
桜花賞では持ち味を発揮し3着。
ただ、兄同様に距離には一抹の不安があります。

フィリーズレビューを怒涛の末脚で勝ったクイーンズリング
こちらも桜花賞はペースに泣かされましたが、最後は追い込み4着。
馬券には絡めませんでしたが能力があるところは見せました。
デムーロ騎手の手綱さばきに期待です。

桜花賞は2番人気に支持されながらも10着に敗れたココロノアイ
鞍上は、今ノリに乗っている男“横山典弘”。
曾祖母のマックスビューティーの血が流れるこの馬は距離への不安は全くないでしょう。
マックスビューティーは1987年の桜花賞とオークスを制した名牝です。
そのマックスビューティーが唯一残た牝馬がココロノアイの祖母のマックスジョリーなのです。
桜花賞は残念でしたがこの舞台なら十分に巻き返せます。

桜花賞以外の組では、忘れな草賞を制したミッキークイーン。
デビューから期待され順調に勝ち星を挙げていたのだが桜花賞では無念の抽選漏れ。
その仕切り直しの舞台の忘れな草賞を快勝。
一躍、オークス候補へと名乗りを上げたのです。
2走前で減らした馬体重に気を使いながらのローテーションも良い方に向くのではないでしょうか。
当日は馬体重に注目です。

関東の別路線組ではフローラステークスを勝ったシングウィズジョイ
母のシングライクトークはフローラステークスで権利が取れずに無念の桜花賞断念。
その母の無念を晴らすべく娘が見事樫への挑戦権を獲得。
フローラステークスからオークスを勝ったのはサンテミリオンただ1頭です。
ジンクス的には厳しいが是非覆してもらいたいです。

と何頭かピックアップして話をさせてもらいました。
まだまだ気になる馬がいますが、印を含めて週末にまた話させてもらいます。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る