レース回顧

京都11Rマイルチャンピオンシップ予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 8 16 ミッキーアイル
2着 4 8 イスラボニータ
3着 7 15 ネオリアリズム
4着 3 6 ダノンシャーク
5着 1 2 サトノアラジン


払い戻し・配当
単勝 16 590円
複勝 16 230円
8 180
15 440
枠連 4—8 830
馬連 816 1,590
ワイド 816 600
1516 2,100
815 1,220
馬単 168 3,390
3連複 81516 8,360
3連単 16815 40,290


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
8 17 7 ガリバルディ
4 8 2 イスラボニータ
1 2 5 サトノアラジン
3 6 4 ダノンシャーク
4 7 6 フィエロ
3 5 16 ヤングマンパワー
 
<マイルチャンピオンシップの予想記事>
 マイルチャンピオンシップ 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に京都競馬場で行われたマイルチャンピオンシップの回顧をしていくわ!

審議があってちょっと後味の悪い結果になってしまったけど・・・

下半期のマイル王決定戦を制したのは、浜中騎手騎乗の3番人気ミッキーアイル。

勝ったミッキーアイルはレース前の予想通り逃げる形。

前走でスプリントを使ったのが良かったのか、スタートはポンッと勢いよくダッシュがついたわね!

ネオリアリズムに騎乗していたR.ムーア騎手が手綱をしごいて果敢に2番手をキープして、ペースは2頭が握る形に。

前半600mが34.4秒、半マイル通過が46.1秒だからこの日の馬場状態を考えれば早いペースだったと思うわ。

その後も11秒台の淀みなないラップを刻みながらミッキーアイルが先頭のまま最後の直線へ。

ムーア騎手の剛腕でグイグイ伸びてくるネオリアリズム、馬体を併せる形でネオリアリズムが一旦は交わしかけるけど、並ばれてからもうひと伸びしたミッキーアイルが1着でゴール!

素晴らしい勝負根性を発揮して、改めてこの馬の強さを感じたレースになったわね。

ただ・・・
最後の直線での斜行はいただけないわね。
個人的には降着になってもオカシクないレベルだったと感じるわ。


外から伸びたイスラボニータは不利を受けていないけど、3着のネオリアリズム、4着のダノンシャーク、5着のサトノアラジンは、揃って斜行の影響で十分に追えてなかったわよ!


2着はC.ルメール騎手騎乗のイスラボニータ

前にミッキーアイル、後ろにサトノアラジン。
中団の6番手辺りを終始追走、このポジショニングは完璧よね

直線は馬場の良い外に出してグイグイ伸びてくるも、アタマ差届かず惜敗。

あと10mあれば差し切っていたわ!悔やまれる結果よね。


3着はR.ムーア騎手騎乗のネオリアリズム

突然の脚質転換で快勝した前走の『札幌記念』の勝利がフロック視され、7番人気に甘んじていたけど実力は本物だったわね。

マイルは決して適性距離とはいえないと思うけど、そこはムーア騎手、半ば強引に持ってきたわね。 やっぱりバテてきた馬をもうひと伸びさせる技術は天下一品!


最後に本命に推したガリバルディ

今回は展開が合わなかったわ…

でも、最後の脚を見たかしら?

大外から1頭だけ勢いの違う脚を使っていたわよ!

上がりは最速の34.6秒

ペースと馬場状態を考えれば相当に優秀な数字よ。

位置取りは違えど、サトノアラジンやフィエロより早い脚で上がってきているわけだからG1級の能力がある事は間違いないわ。

次走もまだまだ人気は上がらないと思うから積極的に狙っていくわ!
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る