g1レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

天皇賞(秋)予想 2017

レースの見どころ
今年もっとも豪華なメンバーが揃った天皇賞(秋)が、いよいよスタートするわね!

事前情報でも伝えたように、現役最強馬であるキタサンブラックや宝塚記念を勝利したサトノクラウン、安田記念の覇者サトノアラジン、オークス馬ソウルスターリングなど、今年G1を勝った馬が4頭もいるの!

幅を広げてG2を連対した馬で考えると、その数は13頭…

有馬記念やジャパンカップ以上に盛り上がるレースになるわよ!!


昨年は6番人気のステファノスを◎で支持したわね。

今年も十分なデータが揃ったわ!

今年の1番人気は、前走で大敗したキタサンブラック。

宝塚記念の9着はローテーションが原因とも考えられるけど、先週の調教では、“前走に類似”した妙に落ち着きある雰囲気で、なんだか怪しいと思うの。

とはいえ、1番人気の勝率が50%、複勝率は90%というデータもあるから相手からも外すのは難しいわね。


個人的には、キタサンブラックは1着か大敗のどちらか

詳しくは後ほど紹介するわね。


まずは、確定した枠順をみてもらうわ。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11サクラアンプルール牡658.0蛯名正義金成貴史美浦
12サトノクラウン牡558.0M.デム堀宣行美浦
23ネオリアリズム牡658.0シュタル堀宣行美浦
24リアルスティール牡558.0シュミノ矢作芳人栗東
35ヤマカツエース牡558.0池添謙一池添兼雄栗東
36ディサイファ牡858.0柴山雄一小島太美浦
47キタサンブラック牡558.0武豊清水久詞栗東
48レインボーライン牡458.0岩田康誠浅見秀一栗東
59ソウルスターリング牝354.0ルメール藤沢和雄美浦
510ミッキーロケット牡458.0和田竜二音無秀孝栗東
611ロードヴァンドール牡458.0太宰啓介昆貢栗東
612ステファノス牡658.0戸崎圭太藤原英昭栗東
713グレーターロンドン牡558.0田辺裕信大竹正博美浦
714サトノアラジン牡658.0川田将雅池江泰寿栗東
715マカヒキ牡458.0内田博幸友道康夫栗東
816カデナ牡356.0福永祐一中竹和也栗東
817ワンアンドオンリー牡658.0横山典弘橋口慎介栗東
818シャケトラ牡458.0C.デム角居勝彦栗東

予想に入る前に、事前情報をおさらいするわ!

■前走クラス別成績
今年は宝塚記念組を中心に馬券を組み立てたい

■前走の着順別成績
前走一桁人気で、人気を下回る結果だった馬の巻き返しがある
勝ち馬は前走3着以内の馬だけでなく、前走・当日共に5番人気以内も相手に押さえる

■前走人気別成績
前走二桁人気の馬は対象外
また、毎日王冠以外のG2組で、前走4番人気以下だった馬は切れる

■年齢別成績
4~5が馬券の中心
今年の3歳馬は切り?
6歳以上で可能性があるのはサトノアラジンステファノスの2頭


ここまでに切った馬は、ワンアンドオンリー・ロードヴァンドール・ミッキーロケット・カデナ・ディサイファ・サクラアンプルール・ネオリアリズムの7頭。

実質11頭立てになったわけだけど、これまでに切った馬は実績的に考えると3列目に並ぶメンバー。
まあ簡単に予想がつくわね。

ここから、しっかり絞り込んでいくわよ!

それじゃ、過去10年分のデータを使って天皇賞(秋)の最終予想を始めるわ!


まずは、過去10年で馬券に絡んだ馬の直近3走の結果で分析をしてみたわ。


天皇賞(秋)特別データ
過去10年で馬券に絡んだ30頭の直近3戦の結果を調べてみたところ、3戦中2戦以上で掲示板を確保していた馬が28頭いたの。

残りの2頭は、2012年に1着だったエイシンフラッシュ・2014年に2着だったジェンティルドンナでG1という共通点があったわ。


このデータを基にすると、今年馬券に絡むのはキタサンブラック・グレーターロンドン・サトノアラジン・サトノクラウン・シャケトラ・ステファノス・ソウルスターリング・マカヒキ・ヤマカツエース・リアルスティール・レインボーラインの11頭だと考えられるわ。

事前情報で残った11頭が、そのまま残った感じね。
改めて11頭立てと考えて良さそうよ!


また、もう少し調べてみたら、勝ち馬はその3戦以内で勝利している馬が8頭。
ステファノスマカヒキレインボーラインが勝つのは難しそうね。


次は、騎手別成績。

騎手別成績
騎手別成績

基本的にG1では、騎手の乗り替わりがない方が好成績になる傾向があるの。
でもこのレースでは、乗り替わった方が勝率が高いのよ。

ただ、このデータを見ただけだと無難な内容よね。


実は、面白い共通点を見つけたから紹介したの!

乗り替わりで馬券に絡んだ馬は、前走で掲示板入り or 掲示板外で3番人気以内だったという共通点があったのよ。

これは使える!と思って探したんだけど、ごめんなさいね…

切れる馬が見当たらなかったわ…


代わりといっちゃなんだけど、天皇賞(秋)と相性の良い騎手を紹介するわ。

・M.デムーロ騎手
(1,1,1,1)、4戦して複勝率75.0%
今回サトノクラウンに騎乗するわ。

・戸崎圭太騎手
(0,2,0,2)、4戦して複勝率50.0%
今回ステファノスに騎乗するわ。


サトノクラウンにはもちろんだけど、ステファノスにもプラス材料になるわね。

というのも、事前情報で伝えた通り、ここ10年でオールカマーから参戦した馬は馬券に絡んだことがないの。

戸崎騎手が乗ることで、若干マイナスを拭えたかしらね。


次は、当日の人気別成績よ。

レース当日人気別成績
人気

1番人気の複勝率が90というのは、軸として安心できる数字ね!

ただ、冒頭で伝えたように調教からキタサンブラックには怪しさを感じているの。

改めて、1着か大負けだと思うわ!


1番人気に次いで成績が良いのは、2番人気と5番人気。

ちょっと抜けた数字になっているから、気にしておきたいわね。


6番人気以降で馬券に絡んだ9頭の共通点を用意したけど、ここでも切れる馬は見つけられなかったわ…。

馬券を組み立てる際の参考になるかもしれないから、データだけ残しておくわね。


■6番人気以降で馬券に絡んだ9頭の共通点

・2016年のステファノス
(6番人気3着)、前走の毎日王冠(G2)を2番人気5着

・2015年のイスラボニータ
(6番人気3着)、前走の毎日王冠(G2)を7番人気3着

・2011年のペルーサ
(6番人気3着)、前走の天皇賞春(G1)を4番人気8着

・2007年のカンパニー
(6番人気3着)、前走の関屋記念(G3)を1番人気1着

・2016年のリアルスティール
(7番人気2着)、前走の安田記念(G1)を2番人気11着

・2011年のトーセンジョーダン
(7番人気1着)、前走の札幌記念(G2)を1番人気1着

・2009年のスクリーンヒーロー
(7番人気2着)、前走の宝塚記念(G1)を6番人気5着

・2007年のアグネスアーク
(7番人気2着)、前走の毎日王冠(G2)を5番人気2着

・2015年のステファノス
(10番人気2着)、前走の毎日王冠(G2)を6番人気7着


次は、性別別成績ね。

牡牝別成績
性別

これは、ソウルスターリングをどうするか判断するためのデータよ。

牝馬は過去10年で延べ12頭出走しているんだけど、馬券に絡んでいるのはウオッカ・ブエナビスタ・ジェンティルドンナ・ダイワスカーレットの4頭で、計6回。

この6頭は当日2番人気以内という共通点があったの。

確かに上記の4頭は名前を聞いただけで、その強さが分かっちゃうくらいの馬よね。


ソウルスターリングも強い馬だけど、2番人気以内になるのは厳しいわね。

そもそも、この4頭が馬券に絡んだのは4歳以上
力負けを体感する1勝になると思うわ。

ということで、怪物フランケルの娘ソウルスターリングは切るわ!


最後は、所属別成績。

所属別成績
所属

ここでは1着馬を絞り込むわよ!

関東馬よりも関西馬の方が多く勝っているわね。

関東馬で勝ったのは、2014年のスピルバーグ(5番人気)、2016年のモーリス(1番人気)の2頭。


モーリスは段違いの強さを見せていたから当然と言えるかもしれないけど、この2頭の共通点は直近3戦で馬券を外していないこと。

さらに、3戦中2回以上で1番人気に支持されていたわね。

関西馬が有利と言われているなかで、関東馬が勝つためには前走までに高い支持をされ、さらに結果を出している事が条件となりそうね。


これまでに勝ち馬の可能性として残った7頭のうち、関東馬で条件を満たしていないグレーターロンドン・サトノクラウンの2頭は勝てないという結論になるわ!

人気別成績や年齢別成績から、今年の勝ち馬はキタサンブラックリアルスティール、穴馬候補としてヤマカツエースに絞られそうね。


それじゃ、これまでのデータを基に天皇賞秋の最終予想をするわ!

◎ヤマカツエース

○キタサンブラック

▲サトノクラウン

無料登録後(推奨馬)閲覧できます

無料登録後(推奨馬)閲覧できます

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


本命
ヤマカツエース(牡5)
【前走: 札幌記念(G2)3着(1番人気)】

事前予想でも紹介したけど、今回のダークホースよ!

これまでの実績を見ると、超一流とまではいかない馬。
でも、データでマイナス点がないの。

人気も7~9番人気になりそうだから、穴馬としては美味しい1よ。


上位人気が勝つこのレースだけど、7番人気で勝ったトーセンジョーダンは札幌記念からの参戦。

母数は少ないものの、勝率で考えると札幌記念組が一番高かったわね。


実績が足りないと言っても、金鯱賞の連覇や有馬記念の4着といった成績や、大阪杯でキタサンブラックを1馬身差まで追い込んだことは評価できるわね。

この馬に必要なのはG1勝利のみ。
去年の今頃よりも良い状態だからG1制覇に期待しているわ!

人気薄の今回、絶対外せない1頭よ!


対抗
キタサンブラック(牡5)
【前走: 宝塚記念(G1)9着(1番人気)】

現役最強馬のキタサンブラック。

春の古馬三冠では、多くの人が宝塚記念も制するだろうと思っていたはず。

でも、ローテーションの問題なのか、冴える個所なく9着と大敗…


宝塚記念前の調教ではやけに落ち着いていて、闘志を感じられなかったの。

その時には違和感は覚えなかったけど、今回も同じような状態なのよ。

もしかすると、良い状態ではないのかもしれないわ。


ただ、データでのマイナス点はないし、1番人気の複勝率が90%とあれば外しにくい存在。

個人的には1着、もしくは大敗で間違いないと思うわ。

穴を狙っていく人は、思い切って外してもいいんじゃないかしら!


単穴
サトノクラウン(牡5)
【前走: 宝塚記念(G1)1着(3番人気)】

これまで出走したG2は全て勝利しているんだけど、国内G1では3着が1回で残りは掲示板外だったサトノクラウンが7戦目にして勝利。

しかも、キタサンブラックだけでなく、ゴールドアクターやシュヴァルグランがいたレースで勝ったというのは力がある証拠よ。


もちろん、デムーロ騎手の騎乗も素晴らしかったわ!

4コーナーでは我慢させ、直線に向ききった瞬間に一気に押していったの。

今回もデムーロ騎手が手綱を持つし、天皇賞秋を4戦して3回馬券に絡んでいるとあって、鬼に金棒状態ね。


懸念点は、前走に比べて出走頭数が多いから、100%脚を使い切れない可能性があるってこと。

とはいえ、今の状態なら掲示板確保は堅そうよ!



今年もっとも豪華なメンバーが揃った天皇賞
人気も大割れして、下位人気にもチャンスは十分
データに該当する5番人気以降の狙い目を紹介するわ!



推奨馬
無料登録後(推奨馬)閲覧できます


推奨馬
無料登録後(推奨馬)閲覧できます


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



2017年的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る