皐月賞

第33回 皐月賞

1973年の競馬はハイセイコーという馬のみが注目を独り占めしていた。
南関東の大井でデビューし連戦連勝。
その強さは地方競馬の枠には収まらず遂に中央に移籍。
ハイセイコーは「地方の怪物」と称され大きな注目を集めいていた。

そのハイセイコーの勢いは中央移籍後も衰えることなく 皐月賞トライアルの弥生賞とスプリングステークスを制し堂々と皐月賞本番へと向かうこととなる。

1973年4月15日中山競馬場。
第33回皐月賞。
天候は雨、馬場状態は重。スタンドには傘が開いていた。
クラシック制覇を夢見る16頭の若駒が進んできた。
1番人気は当然のことながらハイセイコー。
単勝オッズ2.0倍と並み居る中央勢を差し置いて断然の人気に支持された。
2番人気は毎日杯を制したホウシュウエイト。
3番人気はディクタボーイという人気だった。
ファンの関心は他の馬ではなくハイセイコーただ一色であった。

好スタートを切ったハイセイコーは、16頭立ての7番手からレースを進めていく。
前を見る形で進めていくハイセイコーは徐々に前に進出を開始していく。
進出を開始したハイセイコーは3コーナーですでに先頭に立つという積極的な競馬をしていた。
第4コーナーから直線に掛けて一旦外に膨れるアクシデントがハイセイコーを襲った。
そのせいで2番手に後退したハイセイコーであったが、そこから盛り返し 坂を登り先頭に立つとそのまま1着でゴールした。

この瞬間「スター候補生」だった馬が 正真正銘の「スターホース」の上り詰めた瞬間だった。

地方を破竹の勢いで連勝しそのまま中央のエリートをなぎ倒しクラシックという夢を掴んだハイセイコー。
その、スターホースに自分を投影した人もいただろう。
ハイセイコーは決してエリートではないが、その雑草魂でエリート達を倒す姿に見ている人は心打たれた。

子供から大人までに愛されたスーパーホースの最初のG1制覇であった。

第33回皐月賞
1着:ハイセイコー(増沢末夫)
2着:カネイコマ(蛯沢誠治)
3着:ホウシユウエイト(野平祐二)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る