菊花賞

第53回 菊花賞

1992年の菊花賞と言えば1頭の栗毛の馬が歴史的偉業に挑戦をするレースとして注目を浴びていた。
その馬は『ミホノブルボン』である。
このミホノブルボンが挑戦する歴史的偉業とは、

『3歳王者の無敗の3冠馬』

である。

無敗の3冠馬は、遡ること8年前の皇帝と称された『シンボリルドルフ』がただ1頭達成しているだけである。
この無敗で3冠に挑むことさえ偉業であるのに、それにプラスして3歳チャンピオンになった馬の達成となれば もはや唯一無二の存在である。

京都競馬場に足を運んだファン、テレビなどで観戦しているファンも注目はブルボン一色だった。
しかし、春に決定的な差を付けていた馬の足音が少しづつ大きくなっていたが、その足音にブルボンはまだ気づいていなかった。
それどころか、気づいて頃には“時すでに遅し”であった。

ブルボンの前に立ちはだかった“黒い刺客”こそ

第53代菊花賞馬の『ライスシャワー』である。

ミホノブルボンとライスシャワーが初めて対決したのは、皐月賞トライアルのスプリングステークスであった。
結果はブルボンから10馬身近く遅れての4着。
皐月賞とダービーでは4馬身離された。
しかし、夏を越すとライスシャワーは徐々にブルボンに肉薄していく。
菊花賞トライアルの京都新聞杯では1馬身半まで差は詰まっていた。
距離に不安のあるミホノブルボンに対し、長距離には自信のあるライスシャワー。 本番なら逆転は可能だった。

迎えた、1992年11月8日第53回菊花賞。
当日、ミホノブルボンの単勝オッズは1.5倍。
その支持率は約52%あった。
ライスシャワーは2番人気ではあったがオッズは7.3倍とかなり開いていた。

そして、15:35に偉業への挑戦が始まる3000mのスタートが切られた。
本来な逃げるはずだったミホノブルボンを制して、キョウエイボーガンがハナを切った。
逃げれなかったミホノブルボンは2番手に控える形となった。
ライスシャワーは5番手でミホノブルボンをじっくり見る形で1週目の坂を下って行った。
この時点でミホノブルボンのペースは狂い始めていた。

1000m通過タイムが59.7の平均ペースで流れていた。
そのペースをミホノブルボンとライスシャワーは勝負所までじっと我慢をしていた。

そして、2週目の坂の上りにかかり残り800mを切る。
4コーナー手前残り600mを切ったところで早くもミホノブルボンが先頭に躍り出た。
そのミホノブルボンを目掛けて、内からマチカネタンホイザ、外からライスシャワーが猛然と追いすがる。
必死に2頭に抵抗しようとするミホノブルボン。
しかし、内も外も勢いはよかった。
この3頭による叩き合いは外のライスシャワーが制した。

ミホノブルボンはなんとか2着を確保。
これが精一杯だった。

春に決定的な差を付けていたにも関わらずわずか半年足らずで逆転されてしまった。
もっと早くライスシャワーの足音が聞こえていればこの結果は変わっていたかもしれない。
と同時に、ライスシャワーは淀の3000mに愛されていた。
この舞台本当に似合う馬だった。

歴史的偉業はお預けとなったが、それ以上のレースをこの2頭は我々に見せてくれた。
それだけで十分であった。

第53回菊花賞
1着:ライスシャワー(的場均)
2着:ミホノブルボン(小島貞博)
3着:マチカネタンホイザ(岡部幸雄)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る