ジャパンカップ

第4回 ジャパンカップ

ジャパンカップとは、『世界と戦える馬を作る』という名目で1981年に創設され 海外から強豪馬を招待し日本で戦わせると言う日本で初の国際G1競走である。

日本馬のレベルを計るには恰好の舞台であった。
そして、期待に胸を膨らませ開かれた第1回ジャパンカップ。
結果は、アメリカのメアジードーツの勝利。
そこから、3年連続で外国馬の勝利と日本馬はことごとく世界の壁に跳ね返されてきた。

しかし、迎えた第4回ジャパンカップ。
遂に、その瞬間が訪れるのであった…

出走馬は全頭で14頭。
うち日本馬は4頭、外国馬が10頭と言う構図であった。
しかしその4頭の日本馬には、前年の三冠馬のミスターシービー、そしてこの年の三冠馬のシンボリルドルフ。
と2頭の三冠馬が参戦したことにより日本馬の悲願を期待する人も多かった。

1番人気はミスターシービー。
2番人気はイギリスのベッドタイム。
3番人気はアメリカのマジェスティープリンス。
シンボリルドルフは4番人気であった。

悲願の願いを込めたゲートが開いた。
真っ先にハナに向かって行ったのは、日本のカツラギエース。
戦前で逃げると思っていた馬を制し、13頭を引き連れて1コーナーを回って行った。
シンボリルドルフは6番手の外。
1番人気のミスターシービーはシンガリからレースを進めて行く。
向こう正面の入った時のカツラギエースからミスターシービーとの差はおよそ30馬身近くまで広がっていた。

先頭のカツラギエースは軽快に逃げていた。
鞍上の西浦勝一の長手綱を気持ちよさそうに走っていた。

大欅を過ぎ、逃げたカツラギエースに後ろの馬が迫ってきたところで直線に向いた。
一時期10馬身以上あった差がみるみる内になくなりすぐ真後ろにまで迫っていたのだ。

しかし、カツラギエースの手ごたえは見るからによかった。
終始2番手にいたベッドタイム、好位の外にいたシンボリルドルフなどもカツラギエース目掛けて追いすがる。
この時点でミスターシービーは未だ最後方にいた。

しかし、カツラギエースの脚色は鈍る事は無かった。
内から迫られるとそこからもう一伸びし、最後は2着のベッドタイムに1馬身半の差を付けて勝利。
この勝利がジャパンカップでの日本馬の初勝利となった。

初めて世界の壁を打ち破ったのは2頭の三冠馬ではなかった。
伏兵に過ぎなかった春のグランプリホースは、世界の強豪がひしめき合う舞台で スタートからゴールまで1回も先頭を譲ることはなかった。

この勝利があったから昨今の日本馬の目覚ましい活躍があるのは間違いないだろう。

第4回ジャパンカップ
1着:カツラギエース(西浦勝一)
1着:ベッドタイム(カーソン)
3着:シンボリルドルフ(岡部幸雄)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る