天皇賞春

第129回 天皇賞(春)

G1レースになればなるほど着差は付きにくいものである。
しかし、時には圧倒的な能力とパフォーマンスで着差を広げる馬はいる。
天皇賞(春)での最大着差は“7馬身”
この着差をつけたのは。メジロマックーンでもスペシャルウィークでもディープインパクトでもない。
全くのノーマークだった『イングランディーレ』であった。

当時のイングランディーレはスタミナには定評のある馬であった。
父は日本でも既に認知度の上がっていたホワイトマズル。
母の父に長距離の適性のあったリアルシャダイ。
主に長距離で活躍していた馬であった。

この2004年の天皇賞(春)は実に充実したメンバーが揃っていた。
前年に皐月賞・日本ダービーを制したネオユニヴァース。
前哨戦の大阪杯もきっちり勝ってここに向かってきた。

前年の菊花賞と有馬記念で2着。
3000mの阪神大賞典を制したリンカーン。

そのリンカーンを淀の3000mで破り ジャパンカップで2着に入ったザッツザプレンティ。

ダービー2着、有馬記念3着。
確証を期して挑んだ日経賞でまさかの2着。
爪の甘さが拭えなかったゼンノロブロイ。

この4頭を総して『4歳4強』と呼ばれており
この4頭のレースぶりが注目されていた。

人気はリンカーンが1番人気。
ネオユニヴァースが2番人気。
ザッツザプレンティが3番人気。
ゼンノロブロイが4番人気であった。

しかし、この4頭とも全ての馬に弱点はあった。
馬・騎手との駆け引き。
スタート前から既に心理戦は始まっていた。
その心理戦を巧みに操り4強に一矢報いたのは 『横山典弘』であった。

スタート後、イングランディーレに騎乗していた横山典弘は手綱を扱きながら馬を前に行かせた。
この横山のアクションこそが他の騎手への陽動作戦となった。
明らかにハイペースを匂わせるスタートであった。

前半の1000mは12秒のラップを刻んでいくのだが1コーナーを回ってから徐々にペースを落としていく。
特に8ハロン目には13.5とガクンと落ちた。
それでも2番手との差はかなり広がっていた。
横山典弘からしたらしめしめだった。
人気馬が固まりお互いにお互いの動きを見ていた。
その隙が横山典弘にとっては思う壺であった。

2週目の坂を登っていくイングランディーレ。
坂の頂上では2番手と20馬身近く差があった。
残り800mを切ってからペースを徐々に上げていく。
真っ先に手綱を動かしたのはネオユニヴァース騎乗のミルコ・デムーロであった。
しかし、その時点では遅かった。
直線を向いても差はあった。
4強を尻目にゴールへと向かっていく。

残り200mを切っても後続は迫ってこない。
4歳4強が全て崩れた瞬間であった。
結果はイングランディーレが7馬身差の圧勝。
スタートからゴールまで一回も先頭を譲ることなく淀の3200mを走り切ったのだ。
鞍上横山典弘の絶妙な逃げ。
かつて1998年の菊花賞をセイウンスカイで世界レコードで逃げ切ったレースを思い出した。

イングランディーレの持ち味をフルに発揮させ、心理戦に勝った横山典弘は侮れない。

第129回天皇賞(春)
1着:イングランディーレ(横山典弘)
2着:ゼンノロブロイ(オリヴァー)
3着:シルクフェイマス(四位洋文)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る