天皇賞秋

第138回 天皇賞(秋)

2000年代に入り、女性が力を持ち始め男性をも凌駕し活躍することが増えてきた。
それは、競馬の世界に於いても例外ではなかった。
この時代は誉れ高き2頭の牝馬が絶対的な力を持ち、男馬相を手に真正面から真っ向勝負を挑んでいた。
その、強き女性を象徴するレースが

『2008年の第138回天皇賞(秋)』である。

その2頭の牝馬とは…

『ウオッカ』『ダイワスカーレット』である。

ウオッカは、前年の2007年に牝馬としては64年ぶりに東京優駿を制し、 スポットライトを浴びアイドルホースとして世間から絶大な人気があった。

一方の、ダイワスカーレットはウオッカに直接対決で勝ってはいるものの ウオッカほどのスポットライトを浴びることはなく、どちらかといえばウオッカの陰に隠れている存在であった。

まるで、ひまわりと月見草であった。

その2頭が古馬になり始めて対戦をしたのがこの天皇賞である。
一体、どっちの牝馬が本当に強いのか?
それを、決めるには打って付けの舞台であった。

時は、2008年11月2日東京競馬場。
3強対決と謳われたこのレースに多くのファンが現地に駆けつけた。

1番人気はウオッカ。
2番人気はダイワスカーレット。
3番人気はこの年のダービー馬のディープスカイ。

人気はこの3頭に集まっており、ファンの関心も新旧ダービー馬対決に湧いていた。
この中でダイワスカーレットだけは他の2頭とは違い長期の休み明けというハンデを抱えての出走だった。

15:40運命のゲートが開いた。
まず飛び出して行ったのはダイワスカーレット。
これが、この馬のレーススタイルであった。

ディープスカイが6番手。
NHKマイルカップとダービーを制した位置よりは幾分前につけていた。

ウオッカはそのディープスカイのすぐ後ろの7番手。
14番枠と外からの発送にも拘わらずこの位置に付けていた。
若干行きたがるウオッカをプライドを傷つけないように細心の注意を払いながら鞍上の武豊は ウオッカとコンタクトを取っていた。

ハナを切って行ったダイワスカーレットであったが、後続の馬たちもダイワスカーレットに付いてレースを進めていく。
そのダイワスカーレットは、一息入れられる場所がなく気づけば1000通過タイムが58.7のハイペースになっていた。

3コーナーを回ってもディープスカイとウオッカはまだ手綱をしっかりと持ったままだった。
そして、ダイワスカーレットが4コーナーを回り府中の長い直線に入った。
ウオッカもディープスカイも外に馬を持ち出しいつでも追い出せる状態であった。

依然先頭で逃げるダイワスカーレット。
鞍上の安藤勝己の手綱はがっちりと持ったままだ。

ディープスカイとウオッカも馬なりで進出を開始する。
そして、3頭が残り400mを切ったところで3人の騎手が一斉に追い出しを開始した。
春以来の競馬でしかもG1でハイペースで逃げたにも拘わらずダイワスカーレットの勢いは衰えない。
牡牝のダービー馬同士の叩き合いはウオッカが残り200mを過ぎた時点で前に出た。

全てを考慮すれば、ダイワスカーレットがバテウオッカがあっさり差し切ってもおかしくない状況であったが ダイワスカーレットの粘りは凄まじいものがあった。
まるで、『私はウオッカには負けない』
そう言わんばかりの粘り。
と言うよりもはや意地でしかなかっただろう。
逆にウオッカも『ダイワスカーレットだけには負けたくない』思いで迫っていた。

2頭の時代を彩った牝馬による叩き合いは鼻面を合わせてのゴールとなった。
それは、もはや意地とプライド。
これを兼ね備えた女性は強い。
それを体現したゴールの瞬間であった。

写真判定は時間がかかった。
もはや、人の目では判断が不可能な着差であった。
そして十数分後、場内の電光掲示板には…

“1着:14”

と記された。

その差僅か2cmというものだった。

ファンは「同着でもいいんじゃないか」の声を上がったが、 それは、ウオッカとダイワスカーレットが許さなかったのだろう。

白黒を付けなけらばならない。
そんな思いで2頭とも走っていたのではないだろうか。

2000年代が生んだ名勝負の一つに数えられるこの天皇賞。

2頭ともひまわりになった瞬間であった。

第138回天皇賞(秋)
1着:ウオッカ(武豊)
2着:ダイワスカーレット(安藤勝己)
3着:ディープスカイ(四位洋文)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る