g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

シリウスステークス予想 2014

近年のシリウスステークスの面白い一つ傾向として前年の優勝馬が再度好走すると言うものがある。10年キングスエンブレム(11年2着)、11年ヤマニンキングリー(12年2着)、12年ナイスミーチュー(13年2着)。ならば昨年の優勝馬で今年も出走しているケイアイレオーネはマークが必要だろう。ただし全て優勝の翌年の着順は2着と連覇は達成できていない。もちろんそこはハンデ戦ということに因るところが大きい。キングスエンブレム56→57㎏、ヤマニンキングリー56→57㎏、ナイスミーチュー54→57,5㎏とそれぞれ負担重量は増えているからだ。ケイアイレオーネに目を移すと53→56㎏と今年は3㎏増。超大型馬で馬格があるタイプでカンカン泣きはしなさそうだが、過去の傾向から無視は出来ないものの、過信もまた禁物。ここでは▲までとしたい。

 では軸候補は?となるがこの条件で施行されるようになった過去7年の勝ち馬を見ていくと8~9月に準オープンを勝ち上がってきた馬が目立つ。実際、勝ち馬の前走は7年中5年が準オープンからの臨戦馬。このタイプは初の重賞であったり、形の上で昇級戦となるのでハンデも背負わされ難い。勝ち馬の斤量も53~56㎏と定量からマイナスの馬で全て占められている。ハンデを背負わされている有力どころより、こちらから狙ってみるのも一つの手。

 前走がオープンのためデータとは少しズレるかもしれないが、本命は夏に準オープンを勝ち上がりここに参戦してきた◎トウシンイーグル。とにかく圧巻だったのが2走前。準オープン程になると未勝利や500万でのダート戦と違い、初ダートでいきなり勝ち切るには適性の高さと能力の高さ、この2つが必要不可欠でどちらかが欠けるようでは勝負にすらならないことも多々ある。しかし、トウシンイーグルの2走前の内容はそれが備わっていることを証明するには十分過ぎる内容だった。前走は敗れはしたものの何ともチグハグな競馬で仕掛けも遅れに遅れたためと敗因は明確。その点、今回は2走前の鞍上である和田騎手に乗り替わるので心配はない。台風の接近による空模様が気にはなるが、2走前(稍重)や芝で勝ち上がってきた実績を考えるとこの馬にとって決してマイナス要因になることはない。狙ってみる価値ある一頭だ。

 対抗に○ナムラビクター。前走は平坦の京都コースあった上、展開も勝ち馬に向いたなら仕方なしといった内容だった。阪神2000mは2戦2勝、その内容も秀逸でメンバー随一の適性を持っており、このコースでは人気で前回後塵を拝したクリノスターオーやソロルにも先着済み。58㎏は多少見込まれた感も侮れない存在。

 あとは55㎏のサトノプリンシパルも気になるところだが、過去7年全てで逃げ馬が馬券に絡めていない現状をみると、それよりも☆ソロルや番手でも競馬のできる△クリノスターオーを押さえておくべきだろう。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る