g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

来週月曜日にここで、
シルクロードステークス 2017 の予想
をするから楽しみにしていなさい!

事前にメールアドレス登録をしておけば、
隠されている激熱穴馬含め、すべての予想が見られるわよ。
当日になって慌てないように登録しておくと
いいんじゃないかしら?

シルクロードステークス予想 2015

年明けから2開催目となる京都の芝コースだが、先週の結果を見る限りでは、まだまだ先行馬に有利な馬場状態となっている。また、直線が平坦であり、内回りコースを使用することからも、経済コースを通ることがメリットとなることは間違いない。

◎アンバルブライベンは昨秋の福島民友Cでオープン初勝利を飾ると、続くG3京阪杯でも逃げ切って重賞初制覇。前走の淀短距離Sでは2着に敗れはしたものの、牡馬を相手に牝馬としては酷量と言っても過言ではない57キロを背負ってのものだけに、価値がある内容だった。今度はハンデ戦ながら、1.5キロも軽くなることから、逃げ脚は加速することが予想される。元来、淀短距離S組が強いレース。京都の芝コースでは京阪杯勝ちを含めて2勝、2着1回、3着1回と崩れたこともなく、持ち前のスピードが発揮できる馬場状態ならば、今回も好レースが期待できる。

○エイシンブルズアイは昨夏にスプリント路線を歩み始めたことが奏功。G3キーンランドCで掲示板を確保すると、オープン特別を2戦して2、4着と好走し、淀短距離Sでアンバルブライベン以下に1馬身差をつけて快勝した。その前走が2ヵ月ぶりの競馬だったこともあり、使った上積みも見込める。ただし、前回は57キロのアンバルブライベンに対し、55キロで出走できたことも勝因の一つ。今度はハンデが逆転し、アンバルブライベンよりも0.5キロ重くなることが課題となってくる。

▲ベルカントはG3ファンタジーSとG2フィリーズレビューに勝ち、3歳牝馬の身で挑戦したG1スプリンターズSでも5着と力があることを示した。スプリント戦の勝ち鞍は新馬戦のみとはいえ、スピードでは全くヒケを取らない。レースを使われるごとに、控える競馬を覚えてきていることも強調材料となる。さらに、1週前の追い切りでは、栗東の坂路で50秒9をマーク。最後の1ハロンも12秒3でまとめた内容は、充実ぶりをうかがわせるもので、侮れない存在と言えそうだ。

☆サドンストームは京阪杯でアンバルブライベンの2着の追い込んだ競馬の再現を狙う。その時の人気が11番人気だったが、G3CBC賞で3着があるように、決してフロックではない。中間の雨や雪によって馬場が渋るようなら、先行勢のスピードも鈍る可能性があり、台頭の余地はある。

△ホウライアキコは2歳の夏以来のスプリント戦となる。G2デイリー杯2歳Sを勝ち、G1NHKマイルCで5着に入るなど、マイル戦でも好勝負をしてきたが、デビュー2戦のパフォーマンスを見る限り、1200メートルへの距離短縮はマイナスにはならない。4歳牝馬で53キロのハンデで出走することができるのも、実績からすれば恵まれたと考えて良さそうだ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る