G3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

ラジオNIKKEI賞予想 2016

夏の福島開催の最初の重賞は3歳馬限定のラジオNIKKEI賞。
このレースの予想をして行くわよ。
 
ラジオNIKKEI賞の位置づけとしては、ダービーに出走できなかった馬たちの競走で
「残念ダービー」なんて言われている時代もあったのよ。

でも今は秋への飛躍を誓う馬たちが集まるレースとなっているの。
去年の勝ち馬のアンビシャスは、先週の宝塚記念では惨敗したけど、このラジオNIKKEI賞で勝って飛躍したわね。
 
それじゃ、今年の登録馬を見てみるわよ。
 
成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アーバンキッド56.0斎藤誠美浦
アップクォーク53.0中川公成美浦
カープストリーマー53.0清水久詞栗東
カネノイロ52.0佐藤吉勝美浦
キャプテンペリー54.0岩戸孝樹美浦
キングハート52.0星野忍美浦
ジョルジュサンク56.0鮫島一歩栗東
ストーミーシー56.0斎藤誠美浦
ゼーヴィント54.0木村哲也美浦
ツーエムレジェンド53.0池添兼雄栗東
ナイトオブナイツ54.0池添兼雄栗東
ピックミータッチ53.0藤沢和雄美浦
ブラックスピネル57.0音無秀孝栗東
プールアンレーヴ51.0鹿戸雄一美浦
ミエノドリーマー53.0国枝栄美浦
ミライヘノツバサ53.0伊藤大士美浦
ロードヴァンドール53.0昆貢栗東
ダイワドレッサー53.0鹿戸雄一美浦
トモトモリバー50.0本間忍美浦

フルゲート16頭対し19頭の登録があるのね。
G1などのハイレベルなレースと戦って来た実績馬を取るのか?
着実に勝って来た上り馬を取るのか?

どちらを取るかで予想も変わってくるレースなのよね。

その辺りをデータで分析していくわ!!

以下のデータはラジオNIKKEI賞の過去10年分のデータになるわ。
 
前走クラス別成績

 class

500万下の太線以下の表は、オープンクラスと条件クラスの合算を出したものなんだけど、
均衡しているわね!ハイレベルなレースに出てきたからと言って圧倒的な結果を出していると言うわけでは無いわ。

過去10年の複勝率で1番安定しているのはオープン特別から参戦して来た馬。

前走G2も勝ち馬は3頭出ているけど、3頭全てが青葉賞から参戦して来た馬だから、青葉賞以外のG2組は割り引いてしまっていいわ。

穴党エビコの考えをまとめると
より馬券が美味しくなるように条件戦の馬を馬券の軸にするってことね!


前走着順別成績
着順
 
前走着順別成績を見ると、クラスに関係なく勝ってきている馬が好走している一方で、6着9着と負けて来ている馬の巻き返しも見受けられるわ。

6着から9着に負けていると言ってもタイム差で言えば1秒以内が理想ね。

このデータに当てはまる着順でも1秒以上負けている馬は
1頭を除いて』割り引き!
10
着以下の馬は・・・私とは縁が無かったようね!!
 
あらっ!?

1頭を除いて』が気になるわねぇ。
それは、後のお楽しみよ!!


前走人気別成績
人気
 

前走人気別成績に見ると、前走で1番人気に支持されていた馬はかなりの確率で好走するようね。

まず、前走で1番人気に支持されていた馬は条件に関わらず抑える必要がありそうね。
あと目立つのは、前走で6番人気以下の伏兵扱いをされていた馬もこのレースでは好走するってこと。

この伏兵扱いを受けていた馬の13頭中11頭はオープン以上のレースに出走していたいの。
だから、条件戦で6番人気以下の馬は割り引き!
 
それじゃ、私の注目馬を紹介するわ!
 
注目馬1
ブラックスピネル
【前走:白百合ステークス(OP)1着(3番人気)】
 

去年の萩ステークスではダービーにも出走したスマートオーディンに勝ったり、
今年の若駒ステークスでは勝ったマカヒキ相手に善戦した実力馬。

 
萩ステークス後は、重賞やオープンで良いレースはするんだけど勝ちにつながる事は無かったの。
前走の白百合ステークスでは中団からレースを進めて行き上がり3ハロン33.5で差しきり勝ち。
 
これまでの惜敗の鬱憤を晴らすような勝ち方だったわね。
実力的には上位だから重賞初制覇も期待できるわ。
 
 
注目馬2
ピックミータッチ
【前走:500万下1着(1番人気)】

前走は条件戦と言っても、1番人気で1着と着順別成績・人気別成績データで該当する馬ね。
福島は小回りコースになるけど5走前に中山で小回りを経験しているし大丈夫だと思うわ。
 

 この馬の叔母さんは、1992年のラジオNIKKEI賞を勝ったシンコウラブリイがいる血統だから福島コースも合うはず!! 
叔母さんの名に懸けてここは好勝負を期待するわ!
 

注目馬3
アップクォーク
【前走:早苗賞(500万)1着(1番人気)】
 
新潟の500万を勝ってラジオNIKKEI賞に参戦してきたの。
 
前走は3ヶ月の休み明けで馬体重がプラス18キロと大きく増えていたけど、太目残りと言うより馬体がたくましくなった印象を受けたわ。
 

 前走勝ったけど、叩き2戦目で状態はより上がってくるだろうし、楽しみな1頭よ。 
 

注目馬4
ロードヴァンドール
【前走:メルボルントロフィー(500万下)1着(2番人気)】
 
デビューから逃げに徹しているスタイルがぶれない馬ね。

去年の暮れに未勝利を脱してから前走のメルボルントロフィーまで3着以内を外していなくて、堅実な走りをするようになってきたわ。


福島の開幕週と言う事で芝の状態も良いでしょうから逃げ残りも十分にあるわ!
 

データから見つけた超穴馬!!
エビコが見つけたデータから『1頭除いた』馬とは。
波乱を演出する馬はこの馬よ!!

 
注目穴馬

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

ラジオNIKKEI賞

【質問】ラジオNIKKEI賞は3歳限定のハンデ戦ですね。条件的に珍しいような気が……。
おっしゃる通り、珍しい。
というか、3歳限定のハンデ重賞はこのレースしかないからね。
もともとはラジオたんぱ賞の名称で別定戦として施行され、ダービーで結果を出せなかった馬や
ダービーに間に合わなかった馬の出走が多いことから「残念ダービー」とも呼ばれていたんだけど、
2006年からラジオNIKKEI賞にレース名が変更され、斤量規定もハンデ戦になった。
まったく別物のレースになったと考えていい。
【質問】ということは、2006年以降の傾向を探っていけばいいということですね?
そうなるね。
真っ先に注目すべきは、やはりハンデだろうな。
なにしろトップハンデが苦戦しているからね。
過去に馬券になったのはノットアローン(2008年6番人気2着・57キロ)くらいのもので、
サンレイレーザー(2012年3番人気11着・56キロ)、イコピコ(2009年3番人気4着・57キロ)、
トウショウシロッコ(2006年1番人気4着・56キロ)など、上位人気もけっこう飛んでいる。
ハンデを背負わされるということは、それまでにある程度の実績を積み上げてきたということだけど、
重いハンデを背負って重賞を勝てるような能力の高い馬は、そもそも出走してこない。
だから不振にあえいでいるんだ。
【質問】じゃあ、レースとしては荒れ傾向にあるということですか?
2011年は3連単の配当が1万円を切ったけど、それ以外は軒並み高配当が飛び出しているからねぇ。
荒れるレースと言ってもいいだろう。
トップハンデばかりでなく、1番人気がまったく頼りないのもその一因になっている。
ハンデ戦になってからまったく勝てず、よくて2・3着という状況が続いているからね。
1番人気も、基本的には疑ってかかったほうがいい。
【質問】では逆に、どういうタイプの馬は「買い」ですか?
トップハンデが弱いという話にもつながってくるんだけど、このレースは実績馬の走りが物足りない。
重賞勝ち馬や前走G1出走馬が凡走傾向にあるんだ。
買うのなら、前走オープン特別もしくは条件戦出走組を中心にしたほうがいい。
なかでもとりわけ信頼できるのが、2戦2勝でこのレースに臨み、上位人気に支持されている馬だね。
フレールジャック(2011年2番人気1着)、ロックドゥカンブ(2007年2番人気1着)、
ダイバーシティ(2006年1番人気3着)と、馬券を外していない。
実績よりも素質と勢い。
そんなレースになっているんだ。
【質問】枠順や脚質はどうですか?
まず、枠順による有利不利はない。
コース形態的には、1コーナーまでの先行争いが激しくなりやすいので、内枠有利の印象もあるけど、
結果を見る限り偏りはないよ。
脚質は、逃げ・先行馬が圧倒的に有利。
福島はどのコースも逃げが決まりやすいからね。
それを鞍上もわかっていて、先行争いが激化するレースも多いけど、
変に控えるよりは行ききってしまったほうが好結果につながっている。
4コーナーで5番手以内につけられるか? ここが取捨を判断する、ひとつの大きな目安になるだろう。
【質問】血統はいかがでしょう?
面白みには欠けてしまうけど、このレースでもサンデー系が強いね。
父がサンデー系の種牡馬の産駒。
もしくは母父にサンデーサイレンスの血が入っている馬。
いずれかに該当する馬が毎年好走する傾向にある。
サンデー系以外をあえて取り上げるとしたら、ロベルト、デインヒル、
トニービンあたりの名前をあげておこう。
これらの血を持った馬の適性は疑いようがないよ。
あとはキングカメハメハ産駒も期待できる。
【質問】だいぶ見えてきた感がありますね。
最後に一点付け加えるとしたら、「堀厩舎は買っておけ!」ということ。
出れば上位人気になっちゃう馬が多いので馬券妙味には欠けるけど、
ロックドゥカンブが勝った2007年以降、ストロングリターン、クォークスター、ファイナルフォームなど、
コンスタントに走っているからね。
堀厩舎の馬が上位人気に支持されていたら、素直に信頼していいと思うよ。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る