G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

クイーンステークス予想 2016

今週から夏の北海道開催は函館から札幌に舞台を移して9月4日まで行われるの。

その札幌開催の開幕を飾る重賞は牝馬たちによって争われるクイーンステークス。

前走重賞組が有利だけれど、条件戦組も馬券に絡んでくる面白いレースよ!
 
まず登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ウインプリメーラ55.0大久保龍栗東
カトルラポール51.0浅野洋一美浦
キャットコイン55.0二ノ宮敬美浦
シャルール55.0松永幹夫栗東
ダンツキャンサー55.0谷潔栗東
チェッキーノ52.0藤沢和雄美浦
テルメディカラカラ55.0石橋守栗東
ナムラアン55.0福島信晴栗東
ノットフォーマル55.0中野栄治美浦
ビービーバーレル51.0中舘英二美浦
ペルフィカ55.0岡田稲男栗東
マイネグレヴィル55.0和田正道美浦
マコトブリジャール55.0鮫島一歩栗東
メイショウスザンナ55.0高橋義忠栗東
リラヴァティ55.0石坂正栗東
レッドリヴェール55.0須貝尚介栗東
ロッテンマイヤー51.0池添学栗東

 フルゲート14頭に対して17頭の登録があるようね。

今年の出走馬の中で最も注目なのはオークス2着のチェッキーノ!
3歳馬VS古馬!どんなレースを見せるか注目よね!
 
それじゃ、クイーンステークスを紐解いていくわよ。

以下のデータはクイーンステークスの過去10年分のデータになるわ。
 
前走クラス別成績
class


過去10年で馬券に絡んだ30頭の内22頭が前走重賞から挑戦した馬なの。

当然と言えば当然だけど、重賞でもG1組が群を抜いているわ!
でも1600万下が馬券に絡まないと旨みが出ないのよね。

もちろんエビコは重賞好走馬だけで馬券を組み立てるんじゃなく、1600万下も馬券にしっかり仕込むわ!
 
ただし、1600万下が馬券に絡むのには条件があって、札幌か函館での成績が特に良い馬たちだけ!

ここは重要だから忘れないようにね!!
 
【前走G1】
・ウインプリメーラ
・シャルール
・チェッキーノ
・レッドリヴェール
・ロッテンマイヤー
 
【前走1600万】
・テルメディカラカラ
・ノットフォーマル

 
 
前走着順別成績
着順別成

過去10年のクイーンステークス出走馬の前走着順に目を向けると、4着以下の馬券圏外だった馬が好走するパターンが見て取れるわ。

勝ち馬は前走9着以内からほぼ出ているけど、2着馬・3着馬は前走10着以下の馬からもたくさん出ているから、馬券的には手広くいきたい所!

 
年齢別成績
年齢

年齢別に見ると3歳馬の数字が若干良いわね。

この大きな要因は“斤量差”でしょうね。

3歳馬はクラシックで好走しても背負う斤量は“52㎏”、逆に古馬は一律“55㎏”と3㎏の差があるの。

これは、3歳馬にとっては大きなアドバンテージよ。

6歳上の高齢馬で好走するのは、過去に重賞で掲示板に入っていたり、札幌競馬場や函館競馬場での成績が良い場合よ!

ここも高配当を得るためには重要なポイントよ。
 
【3歳】
・カトラルポール
・チェッキーノ
・ビービーバーレル
・ロッテンマイヤー
 
【4歳】
・キャットコイン
・シャルール
・テルメディカラカラ
・ナムラアン
・ノットフォーマル
・ペルフィカ
 
【5歳】
・ダンツキャンサー
・マイネグレヴィル
・リラヴァティ
・レッドリヴェール
 
【6歳】
・ウインプリメーラ
・マコトブリジャール
 
【7歳】
メイショウスザンナ
 
それじゃ、ここまでのデータを使って私のオススメ馬を発表するわ!

 

注目馬1
チェッキーノ(3歳)
【前走:オークス2着(2番人気)】
 
前走のオークスこそシンハライトの切れ味に屈した形になったけど、この馬の強さを発揮したのは2走前のフローラステークスよ。
 
東京2000mの大外枠という圧倒的なビハインドを物ともせず3馬身差の圧勝。
3歳牝馬ではトップクラスに力があるし、52㎏で出走出来る今回は絶対的な本命で間違いないわ。

 
チェッキーノ自身、札幌競馬場は初めての出走だけど、父キングカメハメハの産駒は札幌や函館の芝を得意としていて、チェッキーノの兄姉たちもこの芝を得意としていることから、チェッキーノ自身も適性が高いのは間違いないわ。
 
秋華賞に向けて絶対に負けられないレースと言って良いわ!!
 

注目馬2
ノットフォーマル(4歳)
【前走:阿武隈ステークス11着(9番人気)】
 
1600万からの馬は芝適性が求められるってデータの所で言ったけど、この
ノットフォーマルの札幌成績は【1-1-0-1】と連対率は66.7%とかなりの適性を持った馬よ。
 
去年のクイーンステークスにも出走して逃げたんだけど、後続馬にマークをされて息を抜くことが出来ない厳しいレースにも関わらず勝ち馬から0.3差の小差。
 
今年は人気も無くてマークを薄くなるのが予想されるから去年以上の結果に期待ね。

 

注目馬3
シャルール(4歳)
【前走:ヴィクトリアマイル18着(9番人気)】
 
2走前の福島牝馬ステークス2着から挑んだ前走のヴィクトリアマイルは、先行したけどハイペースの煽りを受けて直線では手応えなく失速・・・結果はシンガリ負け。
G1では力が足りないけど、1600mと言う距離もこの馬には向いていないわね。

 
父ゼンノロブロイは札幌の1800m以上では勝率は12.2%と好成績を上げているから芝適性は問題ないし、牝馬限定のG3なら上位争いは十分に可能ね!
 

注目馬4
リラヴァティ(5歳)
【前走:マーメイドステークス1着(6番人気)】
 
前走のマーメイドステークスで初重賞制覇を飾った5歳の牝馬。
持ち味は前に付けて粘り込むことなんだけど、とにかく並んだら抜かせない勝負根性は素晴らしいわよ!

 
札幌のコース形態上、前に行った馬に有利な競馬場であるのは間違いないから脚質的には有利よ。
 
あとは、55㎏の斤量を克服出来るかどうかね。

 
忘れ去られたあの馬!(エビコも今思い出したわ!!!)
今回の絶対的伏兵馬であり、誰もが見落としがちの馬!
あのレースの勝ち馬がチェッキーノに黒星を付ける!?

 
注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

クイーンステークス

【質問】牝馬限定の重賞ですよね。これも夏の札幌恒例、みたいなイメージのレースですか?
オールドファンにとってはそうではないだろうね。
というのも、このクイーンSはもともと牝馬三冠最終戦(エリザベス女王杯→秋華賞)のトライアルとして、
9月に中山競馬場で開催されていたんだ。
それが、2000年に8月の札幌開催に移り、古馬に門戸が開放された。
現行の条件になって10年以上が経過したので、古馬混合の重賞として定着したけど、
いまだに「秋華賞トライアル」を意識してしまうファンもいると思う(笑)。
【質問】でも、レースは別物になってしまったわけですよね?
もちろん。
傾向を探るにあたっては、2000年以降の結果を見ていく作業が必要になる。
3歳限定戦時代の結果は無視して構わない。
【質問】では、古馬混合重賞になってからの最大の特徴を教えてください。
3歳馬は調子よりも格。
古馬は格よりも斤量。
これが最大の特徴かな。
3歳と古馬とでは、好走する馬のタイプがちょっと違うんだ。
【質問】具体的に、どんな条件が求められますか?
まず、3歳馬が好走するためには、人気の有無にかかわらず重賞連対実績が必要。
アイムユアーズ(2012年1番人気1着・フィリーズレビュー1着歴他)、
アヴェンチュラ(2011年1番人気1着・札幌2歳S2着歴)、
アプリコットフィズ(2010年2番人気1着・クイーンC1着歴)、
レジネッタ(2008年1番人気2着・桜花賞1着歴他)、
イクスキューズ(2007年6番人気2着・クイーンC1着歴他)、
オースミハルカ(2003年7番人気1着・チューリップ賞1着歴)など、
過去の連対馬はみなこの条件を満たしている。
牝馬限定戦だし、夏競馬だし、春のクラシックに間に合わなかった上がり馬の活躍も
見込めそうな印象を受けるけど、重賞実績のない3歳馬に多くの期待は寄せられない。
【質問】では、古馬はいかがでしょう?
古馬は逆にね、実績馬がポロポロ負けているんだよ。
重賞勝ち馬だからといって、その実績を素直に信用できない。
G1馬もけっこう負けている。
【質問】先ほど「古馬は格よりも斤量」ということでしたけど、どのあたりが基準になりますか?
56キロ以上を背負った馬は、疑ってかかったほうがいいね。
フミノイマージン(2012年5番人気8着・56キロ)、
ブラボーデイジー(2010年4番人気7着・56キロ)、
ヤマニンメルベイユ(2009年5番人気7着・56キロ)、
デアリングハート(2007年4番人気7着・56キロ)、
ダンスインザムード(2005年2番人気8着・57キロ)、
オースミコスモ(2004年1番人気7着・57キロ)、
チアズメッセージ(2004年2番人気6着・56キロ)、
ファインモーション(2003年1番人気2着・58キロ)、
テイエムオーシャン(2003年2番人気3着・59キロ)、
ダイヤモンドビコー(2003年3番人気4着・58キロ)というように、
着順が人気を上回った例はひとつもないでしょ? この事例を見れば、すべて納得してもらえると思う。
56キロ以上を背負った馬は、消去が正解なんだ。
【質問】つまり、古馬は55キロ以下に狙いを定めろということですよね。じゃあ、どんな馬が「買い」になるんでしょう?
休み明けの馬が毎年堅実に走る傾向にある。
とくにヴィクトリアマイルからのローテで臨む馬の信頼度は高いよ。
コスモネモシン(2011年10番人気2着)、プロヴィナージュ(2010年3番人気2着)、
ヤマニンメルベイユ(2008年2番人気1着)、
アサヒライジング(2007年2番人気1着)といったところが近年の該当馬になるけど、
さっきと打って変わってどれも着順が人気を上回っているよね? このパターンにハマる馬はとにかく期待できる。
重賞連対実績のある3歳馬と組み合わせれば、軸馬選びには困らないと思うな。
【質問】それ以外に意識しておきたいポイントは?
やっぱり血統かな。
洋芝なので、パワータイプの好走が目立つことは言うまでもない。
ニジンスキーやサドラーズウェルズなど、重厚な欧州血統が入っている馬がいたら、
それも道悪になったらとくに、狙ってみる価値はあるだろうね。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る