g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

新潟大賞典予想 2014

ハンデ戦で毎年フルゲートになるため荒れることが多い。過去5年間に10番人気以下が3頭連対している一方、1番人気馬は一度も連に絡んでいない。昨年は6番人気が1着、3番人気が2着、4番人気が3着という結果で、1、2番人気は馬券圏外に飛んでいる。今年も堅い決着にはなりそうもない。過去10年間、前走が重賞だった馬の連対率は11.3%。しかし、オープン特別は14.3%、準OPは16.7%と、むしろ下のクラスから上がってきた馬の成績がいい。要するにハンデ戦であるため、実力馬は重い斤量を背負わされ、格下馬の斤量は軽くなる。こうした操作の結果、斤量面の恩恵を受けた人気薄の格下馬が台頭する、というのが当レースにおける波乱の要因だ。また、脚質的に見ると、差し馬が優勢。新潟芝外回りは直線が659mと日本一長い。特殊なコースなので適性面の見極めは重要だ。同コースにおける過去の好走実績、似た形態の東京コースの好走実績のある馬は評価を上げたい。08年の優勝馬オースミグラスワンの上がり3ハロンが31秒9だったように、年によってはべらぼうに上がりが速くなるので、末脚のしっかりしている馬を狙いたいところ。過去10年、逃げ馬は1頭も連対していない。要するに下の条件から上がってきた差し馬を選べばよい。斤量は55キロと56キロの成績がいい。

これらのファクターを総合して浮かび上がってくるのは◎マジェスティハーツ。休み明けの前走はオープン特別の大阪城Sでプラス18キロの馬体重ながら2着と健闘しており、昨秋の神戸新聞杯で2着に食い込んだときは上がり最速の33秒6を記録している。そのときは4コーナー18番手からの追い込みで、前走は5番手からの好位差しだった。脚質に幅が出てきているのは成長の証し。新潟とよく似たコース形態の東京では一度しか走ったことがないが、オープン特別で3着と健闘している。今回の斤量は55キロとちょうどいい重さ。休み明け2戦目で前走から大きな上積みがあるのは好ましい。馬体もキッチリ絞れているだろう。引き続き手の合う森一馬騎手とのコンビで重賞初制覇を達成する可能性が高い

ケイアイチョウサンは前走がオープン特別で、小回りコースで位置取りが後ろすぎたために差し遅れての3着。今回、新潟に舞台が移ることは歓迎だろう。55キロの斤量で、末脚の鋭さは折り紙付き。5走前の菊花賞で5着となった際はメンバー中最速上がりだった。過去東京コースで2勝しているように、基本的に直線の長いコースは合う。

レッドレイヴンは前走、オープン特別の福島民報杯を3馬身半差の圧勝。しかし、勝ち方が強すぎたばかりに今回は0.5キロ余計に背負わされた感がある。56.5キロは歓迎材料とはいえない。

このほか、セントライト記念を勝った実績がありながら56キロで出られる☆ユールシンギング、このコースに強いディープインパクト産駒の△サクラアルディートが狙い。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る