G3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

中山牝馬ステークス予想 2016

3月13日(日)に行われる中山牝馬ステークスは、5月15日(日)に行われる「ヴィクトリアマイル」の前哨戦となるレースです。

直近の3年では三連単で10万馬券が出ていませんが、過去10年で言えば、三連単で10万馬券が出たのは6回、その内2回は100万馬券と、ハンディキャップの醍醐味を堪能できるレースです。

今年も出走頭数はそれなりの頭数を見込めるため、今週のレースの中で、予想を楽しめると共にアドレナリン全開のレースとなるでしょう。

ルージュバックが人気の筆頭になると思いますが、中配当~高配当に狙いを定め、予想をしていきます。

それでは、中山牝馬ステークスの予想に入ります。
登録馬から見て行きましょう。

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アースライズ54.0矢作芳人栗東
アルマディヴァン54.0高橋文雅美浦
ウインリバティ53.0飯田雄三栗東
キャットコイン54.0二ノ宮敬美浦
クインズミラーグロ53.0和田正道美浦
シュンドルボン54.0矢野英一美浦
シングウィズジョイ55.0友道康夫栗東
ノボリディアーナ56.0松永昌博栗東
ハピネスダンサー53.0高野友和栗東
バウンスシャッセ56.5藤沢和雄美浦
フレイムコード53.0谷潔栗東
マイネグレヴィル51.0和田正道美浦
メイショウスザンナ55.0高橋義忠栗東
リーサルウェポン51.0荒川義之栗東
リメインサイレント53.0田中章博栗東
リラヴァティ53.0石坂正栗東
ルージュバック56.0大竹正博美浦
レイヌドネージュ53.0菊沢隆徳美浦
レッドオリヴィア51.0平田修栗東
ヴィルジニア50.0池添学栗東



前走着順別成績

前走1着 (0-2-1-19)

前走2着 (0-2-0-10)

前走3着 (2-0-2-7)

前走4着 (1-1-0-3)

前走5着以下 (7-6-5-91)
 
過去10年の結果から、
前走1着・2着馬が、中山牝馬ステークスでは1着になっていない。

馬単や三連単フォーメーションの予想をする人にはもってこいの情報だと思います。
(かと言って、ルージュバックも前走10着だったり・・・)

ただし、前走1着・2着馬は、当レース馬券圏内には過去10年で5頭入っているので、
前走1着・2着馬を無視した予想は禁物です。

特別登録馬の中で軸にするならば、

■エリザベス女王杯でマリアライトから0.2秒差の7着と好走をしたが、愛知杯では凡走したシュンドルボン。

■小倉大賞典で最軽量のハンディにも関わらず、無難な走りしかできなかったハピネスダンサー。

■愛知杯では2着でしたが、短距離の可能性を確認しようとして京都牝馬に挑み10着だったリーサルウェポン。

■オークス2着、エリ女4着を経て、有馬記念10着だったルージュバック。

■愛知杯12番人気から掲示板に入ったレイヌドネージュ。
 
この辺りが前走5着以下で、力がある馬ですね。
 

年齢別成績

4歳 (2-3-1-55)

5歳 (4-4-5-40)

6歳 (3-4-2-26)

7歳 (1-0-1-8)

※2014年は2着馬が同着

過去に行われた全33回の1着馬は、
4歳が15勝、5歳が10勝、6歳が6勝、7歳が2勝と、4歳・5歳に分があるレースです。

また、直近5年でも、4歳2勝、5歳3勝と、4歳・5歳を予想の軸にすべきですね。
※1着馬を悩んでいる方は、4歳・5歳の流しがオススメです。

馬連・馬単の軸にするならば、

■着々と力を付けて生きているアースライズ(4歳)
■休み明け一叩きしたクインズミラーグロ(4歳)
■田辺騎手と相性ばっちり2戦2勝のバウンスシャッセ(5歳)
 
いやー、絞りきるにはこれだけでは不十分ですね。


人気別成績
1番人気~3番人気 (3-3-2-22) 
8頭が馬券に絡んでいる

4番人気~6番人気 (4-2-1-23) 
7頭が馬券に絡んでいる

7番人気~9番人気 (2-2-2-24) 
6頭が馬券に絡んでいる

10番人気以下 (1-4-4-61)
9頭が馬券に絡んでいる

このデータから、人気は一切気にしないで予想した方が良い!
という事が分かりました!

あとは、どれだけ正確に馬を選ぶかだけですね。


現状の予想オッズだと、実績を評価されるルージュバックが頭2つほど出ていますね。
あとは愛知杯上位組が人気になっています。

ただし、ハンディが確定しないと判断が付かないので、現時点では何とも・・・。
(↑既に反省はしているので、なんでこのデータ出したのかは聞かないでください)

以上のデータから、
中荒れ~大荒れを予想の軸とし、中山牝馬ステークスの注目馬と注目穴馬を発表します。

注目馬1
クインズミラーグロ

恐らく軽ハンディとなりますが、軽ハンディでも差のない軽ハンディであれば、外すことも考える必要があります。

1800mが理想の距離で、スローペースを前目で走れることができれば、馬券圏内も有り得ると思います。
休み明け2走目も得意な馬なので、穴馬には外せません。

注目馬2
リラヴァティ

本調子とは言えない状況が続いていますが、過去4度出走しているG3では、3度馬券圏内に入着しています。
まだまだG1で戦える馬ではありませんが、エリ女でも9着とまずまずの結果を出しています。

人気薄になると思いますので、穴を狙う今回ではしっかり相手馬に入れておきたい馬です。

注目馬3
バウンスシャッセ

年齢別成績でも紹介しましたが、田辺騎手との相性ばっちり!

また中山競馬場での成績が良く、4戦3勝です。
前走の愛知杯でG3を3勝目となり注目が集まる馬ですが、相手には是非入れたい馬です。

ただし、ルージュバックと併せて馬券に絡むと配当が中荒れとはならないため、
中荒れ以上と絞り込むならば、どちらかを外す決断をしなければなりませんね・・・。
詳しくはハンディと枠順が決まった週末の更新で、明らかにします!!

注目馬4
ルージュバック

力では抜け出ているのは間違いありません。
ハンディ次第で見解が変わる事になるかもしれませんが、大穴狙いであれば外しますが、
中穴決着となった場合には、相手にいても問題ありませんのでしっかり抑えておきたい馬です。
おそらく手綱は新馬戦からずっと変わらずの「戸崎 圭太」騎手になると思います。

3月7日までの結果で複勝率が4割越え!
昨年以上の状態なので、更に外しにくくなりますね・・・。

注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます
 
登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

中山牝馬ステークス

【質問】中山牝馬ステークスはどんなレースですか?
中山競馬場の芝1800メートルで施行する重賞競走(G3)。
施行時期は3月中旬(原則2回中山6日目)で、出走資格は4歳以上牝馬(国際)。
負担重量はハンデキャップ。
中山競馬場と友好関係にあるアメリカのローレルパーク競馬場との交換競走で、
正式名称はローレル競馬場賞中山牝馬ステークスと表記されます。
2006年に新設された古馬牝馬限定のG1競走ヴィクトリアマイルの
ステップレースに位置づけられており、2012年の5着馬ホエールキャプチャは、
このレースのあとヴィクトリアマイルを制覇しています。
ハンデキャップ競走のため、上位クラスの牝馬は出走しづらいが、
このレースを経由してヴィクトリアマイルで連対した馬は、前出のホエールキャプチャを含めて4頭。
ステップレースの役割は十分果たしていると言えます。
【質問】中山1800メートルはどんなコースですか?
スタートから最初の1コーナーまでの距離が約205メートルと短く、
1周1667メートルの小回りコース。
最後の直線は310メートルと中央4場の中では最短で、基本的には逃げ、
先行馬に有利なコース形態と言えます。
しかし、中山牝馬Sはその傾向に当てはまらず、
阪神競馬場で行われた2011年を除いた過去10年の連対馬の脚質を調べれば
逃げ2、先行4、差し7、追込5と差し、追い込み優位の結果が出ています。
これは1コーナーまでのポジション取りでペースが上がり、向正面でもラップが落ちず、
前がかりの展開になりやすいことが要因。
後半3ハロンのかかる決着が多く、これが差し、追い込み馬の台頭を後押ししています。
【質問】中山牝馬Sはどのような傾向がありますか?
まず上位人気は不振です。
1番人気は2005年ウイングレッド、2006年ヤマニンシェクルが人気に応えて勝っていますが、
阪神競馬場で行われた2011年を除いた過去9回で(2007)。
2番人気は(0207)で、3番人気は(0108)なら、上位人気馬は疑ってかかった方が良さそうです。
次にハンデ頭の成績を見ると2006年ヤマニンシェクル、
2009年キストゥベヴンンの2勝のみで(20213)。
また52キロ以下の軽量馬は、2008年の2着マイネカンナ51キロだけなので、
割り引く必要がありそうです。
馬券の傾向をみれば、単勝平均配当は1263円。
馬連は3ケタ配当が一度もなく、3度の万馬券を含み、馬連平均配当8832円。
穴狙いのスタンスで正解と言えます。
【質問】重視するポイントはありますか?
2008年のヤマニンメルベイユを除けば、
1着馬に共通しているのが芝1600~2000メートルで重賞連対歴。
そのヤマニンメルベイユも重賞で3着があることから、1着候補には重賞実績を重視したい。
前走2ケタからの巻き返しもあり、前走着順はあまり気にする必要はなさそうです。
ローテーションは京都牝馬S組が4勝2着3回の好成績を収めています。
連対馬でいえば2010年のニシノブルームーン、
2013年マイネイザベル以外は年明けに1走以上しており、休み明けは減点材料です。
年齢別成績を見れば3着以内率で6歳馬が若干リードし、それに次いで5歳世代が続きます。
最多出走数の4歳馬はやや分が悪く、上位人気に推されても過信禁物です。
【質問】では、具体的な馬券戦術を教えてください。
中山牝馬Sはハンデキャップ競走でもあり、上位人気は信頼できず、波乱含みです。
流れが落ち着けば逃げ、先行馬優位に傾きますが、例年の傾向をみればペースは速くなりやすく、
差し、追い込み馬の活躍が顕著です。
1着馬を狙うなら、実績を重視し、馬券は人気薄まで手広く流すことをお勧めします。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る