g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

毎日杯予想 2015

2007年にそれまでの芝2000メートルから1ハロン短縮され、芝1800メートルへと施行条件が変更されたが、勝ち馬の中からはディープスカイ、ダノンシャンティ、キズナといったG1馬が誕生。春のクラシック及びG1NHKマイルCに向けて、目が離せない一戦となっている。

◎アンビシャスは新馬戦、500万下の千両賞を連勝して臨んだG3共同通信杯で3着と好走。勝ったリアルスティールは先週のG2スプリングSで2着となっており、本馬もクラシックに向かうだけの素質は秘めている。阪神コースは千両賞で上がり最速の34秒0をマークした舞台。鞍上もその時と同じ松山騎手ならば、いいイメージを持って騎乗することができるはず。好位で流れに乗りながら、鋭い末脚も発揮できるなど、競馬が上手なタイプで、まず大崩れすることはない。春のクラシックに参戦するためには、賞金加算は必須の状況。もちろん、中間の調整も順調にこなしてきており、仕上げに抜かりはないと見て良さそうだ。

○ナヴィオンはG1朝日杯フューチュリティSこそ11着と大敗を喫したが、G3シンザン記念で3着、G3アーリントンCでも4着と善戦。ともに勝ち馬とは同タイムで着差も僅差だったことからも、いつ重賞タイトルを手にしてもおかしくはない。一方で、後方から差してきて届かないレースが続いているのも事実。2歳時のききょうSのように、もう一列前で競馬をすることができれば、安定感も増してくるが、今回はマイル戦から1800メートル戦に1ハロン延長となる。追走が楽になれば、自慢の末脚に磨きがかかる可能性もありそうだ。

▲アッシュゴールドは、3冠馬でG1凱旋門賞でも2年連続2着となったオルフェーブルやG1有馬記念、G1宝塚記念などを勝ったドリームジャーニーの全弟。当然、今の時点で偉大な兄たちと比べるのは可哀そうかもしれないが、G3きさらぎ賞では負けたとはいえ直線では目立つ伸びを見せていた。オルフェーブルが春のこの時期に力をつけていったように、本馬も同じような成長曲線を描いていけば、重賞でも好勝負が期待できる。この中間は落ち着きも出てきており、課題の折り合いもクリアしそうだ。

☆ミュゼエイリアンは勝ち鞍こそ福島での新馬戦のみだが、G3札幌2歳Sと共同通信杯で4着。父スクリーンヒーローがやや奥手だったように、本馬もまだまだ成長段階にあることを考慮すれば、及第点の評価はしていい。デビューして2戦は後方からの競馬だったが、2走前は一転して先行策を選択。自在性があることも大きな武器と言えそうだ。

△ロードフェリーチェは1勝馬の身で臨んだシンザン記念で、9番人気の評価を覆してグァンチャーレの2着となり、ナヴィオンには先着を果たしている。ただし、マイル戦だった前走でも行きたがる場面があったことから、1ハロン延長で折り合いがカギとなりそうだ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る