G3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

レパードステークス予想 2016

日曜日に新潟競馬場で行われるレパードステークスの事前予想をして行くわよ。

レパードステークスは、3歳ダート路線の充実を図って2009年に創設された重賞なんだけど、過去の勝ち馬にはドバイワールドカップ2着のトランセンド(2009年)やG1レース10勝のホッコータルマエ(2012年)などがいる、3歳馬にとっては重要なレースとなっているわ。

まずは、今年の登録馬を見てみるわよ。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エネスク56.0和田雄二美浦
オーシャンビュー56.0伊藤伸一美浦
グランセブルス56.0森秀行栗東
グレンツェント56.0加藤征弘美浦
ケイティブレイブ56.0目野哲也栗東
コパノリスボン56.0村山明栗東
ネクストムーブ56.0清水久詞栗東
ピットボス56.0清水久詞栗東
フォースリッチ56.0加藤征弘美浦
マイネルバサラ56.0松山将樹美浦
マインシャッツ56.0西浦勝一栗東
ヨシオ56.0森秀行栗東
ラテールプロミーズ56.0田村康仁美浦
レガーロ56.0大久保龍栗東
ロンドンタウン56.0牧田和弥栗東

フルゲート15頭に対して15頭の登録と全馬出走が出来る状態となっているわ!

いつも通り、データを使ってレパードステークスを分析していくわ。

以下のデータは、レパードステークス過去7年分のデータよ。


前走クラス別成績
前走クラス

レパードステークスの前走クラス別成績をみると、前走でG1を走った馬の好走が目立つわ。

G1は大井競馬場のジャパンダートダービーに出走していた馬になるわ。

後は、重賞を走った馬より1000万下を走った馬も好成績を挙げているわ。

中心はG1を走った馬で、そこから条件戦上がりの馬に流すのが良いわね。

【前走G1】
・ケイティブレイブ
 
【前走1000万下】
・エネスク
・オーシャンビュー
・マインシャッツ
・ヨシオ
・ロンドンタウン


次は、前走着順別成績。

前走着順別成績
着順

前走着順別成績では、1着か2着に入った馬が多く馬券に絡んでいるわ。

3着以下は特に横ばいの成績だから、前走着順で注目するのは1着か2着の馬ね。

【前走1着】
・コパノリスボン
・ネクストムーブ
 
【前走2着】
・ケイティブレイブ


次は、前走人気別成績。

人気別成績
前走人気

前走1番人気に支持された馬の複勝率は41%と高い数字を残しているの。

前走のクラス問わず1番人気に支持された馬は、ここでも通用する力を持っていると言う事なのね。

特に500万で1番人気だった馬は、勝ってもここで人気にならないから伏兵馬として押えておいて損はないわよ!

【前走1番人気】
・ネクストムーブ
・マインシャッツ

それじゃ、私の注目馬を発表するわ!


注目馬
ケイティブレイブ
【前走:ジャパンダートダービー(G1)2着(3番人気)】

2レース前に園田の兵庫チャンピオンシップで、ユニコーンステークスを勝ったゴールドドリームを破り重賞初制覇。


前走のジャパンダートダービーは、積極的な逃げを打ったんだけどキョウエイギアに差されて2着。

過去5
年間で1番のハイペースにも関わらず2着に粘ったのは力がある証。
実績的にはNo.1だからここは大注目ね。



注目馬2
マインシャッツ
【前走:濃尾特別5着(1番人気)】

ここ2戦は1番人気に支持されながらも思うような結果が残せていないのよ・・・。

未勝利・500万と連勝した後は足踏みが続いてしまっているのよね。

2走前の鳳雛ステークスは外から先行するも直線で伸びきれず5着。

それでも、
ジャパンダートダービーの覇者キョウエイギアを相手に0.3差と大きく負けていないわ。

素質は通用するから力を出せる状態で出られるかがカギね!


注目馬3
グレンツェント
【前走:ユニコーンステークス(G3)3着(3番人気)】

デビューから3着以内を外していないネオユニヴァース産駒。


ネオユニヴァースは、芝よりもダートの方が成績はいいのよ。

前走のユニコーンステークスは、先行馬が残りやすいペースを唯一後方から追い込んでの3着。

ゴールドドリーム、ストロングバローズがいない今回は勝てるチャンスよ!



注目馬4
ピットボス
【前走:ユニコーンステークス(G3)4着(6番人気)】

今年に入り【1-1-1-1】と全てで掲示板を確保して安定した走りを見せているの。

前走のユニコーンステークスは、勝ち馬をマーク出来る絶好の展開だったけど、最後は思ったより伸びなかったのよね。


1800mで2勝しているように距離は今回の方が向いているわ。


素質は間違いなく重賞級。
その将来性ある走りにエビコはピンと来た!
大物を予感させるその馬とは・・・。



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

レパードステークス

【質問】レパードSといえば、2009年に3歳馬限定のダートレースとして新潟に新設されましたね。
そう、だからまだ歴史は浅いんだ。
だけど、第1回の勝ち馬は後に日本のダートG1を総ナメにして、
ドバイワールドCでもヴィクトワールピサの2着に好走したトランセンド、
第2回の覇者はJBCレディースクラシックを連覇したミラクルレジェンドだった。
ここをステップにダート重賞で活躍する馬を輩出しているレースと言っても過言ではないね。
【質問】新潟のダート1800メートルで行なわれていますが、何か特徴はあるのですか?
まず、新潟のダートは直線が長いにもかかわらず、平坦ということもあって、先行馬が有利なんだ。
このレースでも、逃げ馬は苦戦しているものの、
4コーナーでは3番手以内にいる馬が必ず馬券の対象になっている。
追い込みが利かないわけではないけれど、
手堅くいくなら2、3番手を追走できる先行脚質の馬を中心に据えるべきだろうね。
【質問】それでなんですかね、何となく、配当的には堅いイメージがあるんですけど……。
そうなんだ。
2011年に12番人気のタナトスが3着に入って少し荒れたけれど、過去4年のデータを見ると、
必ず1~3番人気のうち2頭が馬券に絡んでいるんだ。
2012年は3番人気までの3頭で決着。
穴党は出番がなしだった。
【質問】ということは、実績馬が強いレースということですか?
う~ん、そうとも言い切れないんだ。
もちろん、夏のダートの祭典でもあるジャパンダートダービー組が活躍しているけれど、
1000万下特別を勝ち上がったばかりの馬も好走している。
やはり、3歳の夏ということもあって、確実に力をつけている馬、勢いのある馬に人気も集まるし、
結果も出していると言えるね。
【質問】枠によって紛れがあったりはしないんですか?
新潟のダート1800メートルは1コーナーまで直線が長いから、枠順はそれほど気にする必要がないんだ。
それよりも、もっと面白いデータがあるんだよ。
【質問】えっ、何ですか?
それはね、新潟で行なわれる重賞だけれど、関西馬が圧倒的に強いんだ。
これまでの4回で、馬券に絡んだ関東馬は2012年に3着となったイジゲンだけ。
ちなみに、同馬は1番人気だったから、3着でもどちらかと言えば期待を裏切ったことになるよね。
2011年は関西馬が1~6着までズラリ。
まずは、関西の人気馬から入るのが常套手段。
人気の関東馬は疑った方がいいかもしれないね。
【質問】それならば、騎手も関西から遠征してきたジョッキーが狙い目でしょうか?
残念。
実は、それは違うんだ。
関西馬と関東所属のジョッキーという組み合わせが結構、多いんだ。
関西のジョッキーも新潟に参戦する機会は増えているものの、
関東のジョッキーに地の利があることは間違いないようだね。
【質問】血統で探るとしたら、どんな点に注意すればいいでしょうか?
3歳のダート重賞だから、仕上がり早のアメリカ血統が強いことは間違いないよね。
特に、デピュティミニスター系は侮れない存在。
それと、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系という組み合わせは
一つのヒントになるかもしれない。
2011年はこの組み合わせが1、2着。
芝で活躍馬を輩出していたディープインパクト産駒のボレアスが、ダート重賞を勝ったということで、
ちょっと話題になったりもしたよね。
【質問】そんなこともありましたね。
あと、これも重要だから覚えていて欲しいんだ。
新潟に限らず、ダート1800メートルで3勝以上している馬は要注意。
特に、1000万下特別のダート1800メートルで好結果を残して重賞に挑戦してくる馬は警戒しておきたいね。
距離適性が顕著に表れるから、最初にも言ったように、
古馬となってもダートの中距離路線で活躍する馬が出ているレース。
そういう意味では、ダート馬にとっては将来を占ううえでの登竜門的なレースと考えていいと思うよ。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る