g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

京都牝馬ステークス予想 2015

もはや京都の1600mはディープインパクト産駒というのが定説となってきている。昨年は京都のマイル重賞で5戦で4勝。今年の金杯では勝利こそならなかったものの2着には同産駒のエキストラエンドが入線。今回、同産駒は昨年の覇者であるウリウリとキャトルフィーユの人気馬2頭が参戦。ならばこの2頭で磐石か、と思えるかもしれないが、そうとも言い切れない側面があるのも事実。キャトルフィーユはディープインパクト産駒にしてはキレというよりはパワーと持続力で勝負する特異な存在。昨年の覇者ウリウリは連覇の壁が立ちはだかる。このレースの連覇となると1989-1990年のリキアイノーザンまで遡らなければならず、連覇を達成している馬も2頭のみ。そこにはもちろん斤量増が絡んでいるのは間違いない。昨年は52㎏で出走したウリウリの今年の斤量は54㎏。恵まれているのは確か(キャトルフィーユとケイアイエレガントが56㎏)だが、それでも過去にヒカルアマランサス(52→54㎏)、ショウリュウムーン(53→54㎏)と連覇を逃してる馬がいることは見逃せない。そしてことごとく連覇を阻んできたのが4歳馬勢。このレースで狙うべきは現在6連勝中の4歳馬だ。

4歳馬は基本負担重量が5歳以上に比べて1㎏軽く設定されており必然的に斤量面での恩恵を受けることになる。こと牝馬戦は能力差が接近していることが多くこの1㎏は大きい。それは秋に行われるエリザベス女王杯の結果からも見て取れる。今年このレースに出走する4歳馬はダンスアミーガ、レーヴデトワール、ベルルミエール、リアルヴィーナス、フォーエバーモア、シャイニーガールの6頭。

そこで今一度このレースの傾向に立ち返ってみると、勝ち馬の枠順の過去10年をみてみると14,4,3,5,8,6,3,4,12,6番と圧倒的に8枠より内が多い。昨年のウリウリは14番枠だったが、その昨年にしてもインに潜り込んだ浜中騎手の好騎乗があってのもので基本的に内枠が有利と見るべきだろう。そしてもう一つ、目を向けたいのがマイル実績。とりわけ直近4年の勝ち馬のうち2頭は既にマイル重賞を勝っており、残り2頭もマイルでの勝ち鞍があった。

本命は◎レーヴデトワールマイル戦は久々になるが2歳時に2勝、桜花賞では0,3秒差の5着の実績があり、マイルに替わるのはむしろプラスの可能性が大。出遅れた前走や秋華賞は不本意な結果に終わってしまったが3走前には後の秋華賞馬を負かしている実力の持ち主でポテンシャルはメンバーでも上位の存在。近走に比べて調教での鋭さも増しており一変を期待できる一頭

対抗には○ウリウリ。そして単穴にメキメキと力をつけている▲ダンスアミーガ。2走前に下した2着馬は今年の京都金杯で3着と重賞でも通用する公算は十分。あとは☆キャトルフィーユ△ベルルミエールまで押さえる。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る