G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

小倉記念予想 2016

今週、日曜日に小倉競馬場で行われるG3・小倉記念の事前予想をして行くわ。

過去の勝ち馬にはドリームジャーニーやラブリーデイなどがいるように、夏の中距離レースとして無視できないレースとなっているわ。
 
この小倉記念は、サマー2000シリーズの第3戦になっていて、サマー2000のチャンピオンを目指す馬にとってはとても大事なレースになるわ!
 
それじゃ、登録馬を見てちょうだい。
 
競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アングライフェン55.0安田隆行栗東
エキストラエンド57.0角居勝彦栗東
クランモンタナ54.0音無秀孝栗東
サトノラーゼン57.0池江泰寿栗東
ダコール58.0中竹和也栗東
テイエムイナズマ56.0福島信晴栗東
プランスペスカ53.0松永昌博栗東
ベルーフ56.0池江泰寿栗東
マーティンボロ57.0友道康夫栗東
リヤンドファミユ54.0池江泰寿栗東
ウインリバティ52.0飯田雄三栗東
メイショウナルトセン56.0本田優栗東

登録の時点で12頭と少ないわね。
このまま12頭立てだと、2012年以来となるわ。

この時は『3番人気 → 1番人気 → 9番人気』の順に決まっていたわ。
 
では、小倉記念をデータで分析して行くわ。

以下のデータは、小倉記念の過去10年分のデータになるわ。
 
前走クラス別成績
クラス
 

 前走G3に走った馬が、小倉記念で最多の15頭も馬券に絡んでいるわ。
 
この15頭中、8頭が七夕賞組なの。
出走頭数は多くないけどG1組もかなり良い数字を残しているのね・・・
 って今年はG1から参戦する馬がいないじゃない!!
 
と言う事は、中心はG3組で…特に七夕賞を走った馬には注目ね。
 
【前走G3】
・ウインリバティ
・エキストラエンド
・クランモンタナ
・サトノラーゼン
・ダコール
・プランスペスカ
・ベルーフ
・マーティンボロ
・メイショウナルト
 

前走着順別成績
着順


前走2着馬が最多の3勝を挙げているのね。

前走1着馬や2着馬はここでも人気になって、馬券的妙味は少なくなるわよね。

だったら、前走掲示板外だった馬を相手にとって少しでも高配当を狙う方が良いと思うわよ!
私はそういう予想をして行くけど!!!

 
 
前走人気別成績。
人気

前走の人気を見ると6番人気から9番人気と伏兵扱いだった馬が多く好走しているようね。

前走上位人気に支持された馬は、出走頭数は多くないけどそれなりに馬券に絡んでいるようね。

とにかく、ここでの注目は前走で伏兵扱いされた馬ね!
 
それじゃ、小倉記念の私の注目馬を発表するわ!


 
注目馬1
ダコール
【前走:七夕賞(G3)2着(5番人気)】

8歳馬ながら未だにG3で上位争いをしているディープインパクト産駒。


このダコールは、小回りコースを得意としていて特に小倉競馬場の成績は【2-3-1-2】と複勝率は75%と驚異的な数字なのよ。

前走の七夕賞も、勝ったアルバートドックをマークしながらも半馬身及ばず2着。

得意の舞台で久々の重賞制覇のチャンスは大いにあるわ!

 

注目馬2
ベルーフ
【前走:新潟大賞典(G3)9着(6番人気)】

3歳時には京成杯を制し、小倉記念で3着に入った実績のある馬なの。

ここ1年半くらい勝利から見放されているけど毎レース大きく負けてはいないのよ。


後方から行く馬だから展開の助けが必要になるのはこの馬の弱点ではあるけど、力的には間違いなく通用するわ。
 

プランスペスカ
プランスペスカ
【前走:鳴尾記念(G3)3着(13番人気)】

前走の鳴尾記念は、ブービー人気ながらも直線では鋭い伸びを見せて3着に入り波乱を演出。

内をロスなく回れたのが良かったけど、直線の脚はサトノノブレスに迫る脚だったし正直驚いたわ。


今回は、前走より3㎏斤量が軽くなるし一発は十分に考えられるわ。
 

注目馬4
アングライフェン
【前走:マレーシアカップ1着(1番人気)】

初勝利まで8戦と時間が掛かったけど、そこから7戦連続3着以内と堅実な走りを見せていたの。
オープン昇格後は自分の走りが出来ずに1600万に降格するも前走のマレーシアカップをしっかりと勝ってオープンに再昇格。

前走は、ここ数戦とは違い前の方でレースが出来たことが良かったわね。


今回は小回りだから前走で前に行けたのは大きな収穫だし、斤量が2㎏軽くなる今回なら馬券圏内争いも可能よ!


得意の舞台で巻き返す。
小倉の鬼が再び穴を開ける!!
エビコが見つけた伏兵馬は・・・。

 

注目穴馬
 無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

小倉記念

【質問】小倉記念は端的にどんなレースなんでしょう?
ひと言で言えば、夏の小倉競馬を代表する名物重賞、ということになるね。
長らく8月中旬の開催で固定されていたけど、2006年にサマー2000シリーズの対象レースに指定され、
サマースプリントシリーズ対象レースとして1800mから1200mに距離短縮された
北九州記念と施行時期が入れ替えられた。
2006年以降は、7月下旬から8月上旬に定着している。
荒れるハンデ重賞としても有名で、サマー2000シリーズが始まってから波乱傾向に拍車がかかっているね。
穴党ファンの大好物だ(笑)。
【質問】荒れる傾向にあるレースは、なかなか攻略するのが難しいですよね~。
確かにそうだけど、まったく太刀打ちできないわけではない。
荒れることは荒れる。
でも、波乱を演出するタイプに共通点はある。
【質問】どんなタイプですか?
ズバリ、差し馬だ。
小倉芝2000mは基本的に先行有利ながら、
向正面でレースが動いてまくりが決まるシーンもしょっちゅう見られる。
とくにこのレースは、そんな決着パターンになることが多い。
最後の直線が短いこともあって、ジョッキーの頭の中で
「なるべく早く、前へ、前へ」という意識がはたらくんだろう。
途中から一気にピッチが上がって激流が生まれ、後方一気の馬が届くこともしばしばあるんだ。
ここに穴馬が潜んでいるとにらんだほうがいい。
ナリタクリスタル(2012年9番人気3着・4角10番手)、
ダンスアジョイ(2009年16番人気1着・4角11番手)、
ケンブリッジレーザ(2008年11番人気3着・4角11番手)など、
4コーナーをふたケタ順位で通過した馬もバンバン絡んでいるからね。
中団から後方でじっと我慢できる、度胸の据わった騎手が跨っていればなお良しだ。
もちろん、上位人気に関しても、差し・追込馬は活躍しているよ。
【質問】脚質以外で重視すべきポイントはなんでしょう?
前走内容を見れば、だいたいの取捨が判断できるね。
まず、前走条件戦出走馬は1着であることが必須の条件。
オープン特別の場合は3着以内。
これが前提になる。
前走4着以下から巻き返せるのは重賞組だけと認識して構わない。
あと、サマー2000シリーズが始まってからは、七夕賞組と新潟大賞典組がやたらと強い。
ほぼ毎年のようにどちらかが連対、もしくはワンツーを決めていて、
惨敗から巻き返して穴をあけるケースも多いんだ。
エクスペディション(2012年七夕賞8着→小倉記念8番人気1着)、
キタサンアミーゴ(2011年新潟大賞典8着→小倉記念15番人気2着)、
ニホンピロレガーロ(2010年新潟大賞典3着→小倉記念9番人気1着)、
ニホンピロキース(2007年七夕賞5着→小倉記念7番人気2着)、
ヴィータローザ(2006年新潟大賞典12着→小倉記念7番人気2着)など、
激走例をあげ出したらキリがないほどだよ。
しかも、差し馬ばかり。
【質問】これはすごいデータですね。穴馬を探す際に、おおいに参考になります。
騎手で注目したいのは武豊騎手だ。
ここ最近は全盛期の勢いがないと言われているけど、
このレースでは健在ぶりをアピールしているね。
小倉マイスターとして鳴らしたメイショウカイドウとのコンビだけでなく、
ホッコーパドゥシャ(2009年2着)、スマートギア(2010年3着)、
ナリタクリスタル(2012年3着)というように、その後もコンスタントに活躍している。
もともと小倉は得意にしている競馬場だからね。
さすがと言ったところだろう。
【質問】血統面ではいかがですか?
実は血統に関しては面白い特徴があって、
「現役時代にダービーか菊花賞を勝ったことのある種牡馬の産駒」が毎年のように激走しているんだ。
トーセンラー(2012年1着・父ディープインパクト)、
イタリアンレッド(2011年1着・父ネオユニヴァース)、
ニホンピロレガーロ(2010年1着・父アドマイヤベガ)、
バトルバニヤン(2010年2着・父ジャングルポケット)、
ダンスアジョイ(2009年1着・父ダンスインザダーク)、
ホッコーパドゥシャ(2009年2着・父マヤノトップガン)、
ダイシングロウ(2008年2着・父ダンスインザダーク)というように、
近年の連対馬だけを見てもこれだけの数に上る。
3着にまで対象を広げたらさらに該当馬が増えるからね。
しかも、サンデー系は多いものの、それだけというわけではない点も強調できる。
理由は定かではないけど、この傾向は無視できないだろう。
【質問】へ~、これは面白いですね~。
でしょ?
荒れるレースだけど、比較的特徴はつかみやすいレースであることがわかったと思う。
条件にピッタリとハマる穴馬を見付け出し、ビッグな配当をゲットしたいね。
【質問】それ以外になにかありますか?
武豊騎手がこのレースと好相性で、ロングプライド(2007年1番人気1着)、
カネヒキリ(2005年1番人気1着)というように、人気馬をしっかり勝たせている点を評価したい。
タイセイシュバリエ(2012年8番人気3着)のような穴馬を持ってくることもある。
一時の不振を脱しつつある天才は、ここでも頼れる存在になってくれそうだ。
あと、血統面で強調しておきたいのが、ストームキャット系。
この血を父系か母系のいずれかに持つ馬が活躍しているね。
オールラウンダーのサンデー系と併せて注目したいところだ。
【質問】堅いレースなので、人気サイドを中心に点数を絞って勝負、ですね?
その通り。
完璧に近い戦績の馬じゃないと勝負にならないからね。
未来のダート王になれる逸材を探しつつ、馬券もしっかり当てていこう。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る