g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

京成杯予想 2015

12月末に中山芝2000メートルで争われるホープフルS組が強いレースだが、昨年から2歳重賞路線が改革され、オープン特別からG2となったことにより、ステップレースとしては重要度が増していると言える。さらに、G1朝日杯フューチュリティSが中山から阪神に移設されたこともあり、今年は同レースからの参戦がたったの1頭。ホープフルS組の取捨がポイントとなることは間違いない。ただし、今年は最先着馬が9番人気で3着と好走したブラックバゴということもあり、ここでは重賞好走馬よりも、条件戦を使ってきた馬を上位に取りたい。

 ◎ベルーフは6頭立ての新馬戦でクビ差勝ち。続く百日草特別は2着だったが、エリカ賞を制しての重賞挑戦となる。父ハービンジャーは今年の3歳が初年度産駒。自身は4歳になってから本格化したが、産駒は意外にも2歳戦から勝ち馬を輩出。芝の小回りを得意とする傾向が出ている。さらに、G2ローズSを勝った母レクレドールは、オルフェーブルやゴールドシップの父であるステイゴールドの全妹。有馬記念3連覇の実績が示すように、ステイゴールド産駒は中山で強さを発揮している。両親の血統背景から、ベルーフにとってここは願ってもない舞台となりそうだ。

 ○タケルラムセスはデビューこそ遅れたが、新馬戦を快勝すると、昇級戦となった寒竹賞も制して2戦2勝。前走で中山の芝2000メートルを経験しているのはアドバンテージとなる。さらに、初戦から2秒8もタイムを詰めていることからも、1戦ごとに成長の跡が窺える。今回は中1週というローテーションにはなるが、ここで賞金を加算すれば春まで一息入れることもできるだけに、仕上げにも抜かりはないとみたい。

 ▲クラージュシチーは新馬戦で2着に敗れはしたものの、芝2000メートルの未勝利戦で10馬身差勝ちという圧巻のパフォーマンスを見せた。勢いに乗って臨んだG3東京スポーツ杯2歳Sでは5着と振るわなかったが、1800メートルから1ハロンの距離延長は好材料。前走の道中はやや力んで走っている場面もあっただけに、落ち着きがカギになる。

 ☆バルビエールはキャリア2戦で未勝利を勝ったばかりだが、グランプリ3連覇を含みG1を4勝したグラスワンダーの近親という良血馬。前走の勝ちタイム2分1秒9は、ホープフルSを勝ったシャイニングレイと同じ。時計だけ見れば、重賞ですぐに通用するだけの下地は十分にある。

 朝日杯フューチュリティSでは持ち味を発揮することができなかったコスモナインボールの先行力も魅力だが、やはりディープインパクト産駒は侮ることができない。△ソールインパクトはホープフルSで4着だったが、先着した3頭は馬場が良かった内を回ってのもの。4コーナーで外に出したことを考えれば、悪くない内容だった。これまで5戦して1勝ながら、2着2回、3着と4着が各1回の堅実派。相手なりに走るだけに、大崩れすることはない。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る