G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

キーンランドカップ予想 2016

今週の日曜日の札幌競馬場で行われるダートのG3・キーンランドカップの予想をしていくわよ。

キーンランドカップは、サマースプリントシリーズ第5戦、

そして


『秋のスプリント王決定戦・スプリンターズステークスの前哨戦』と言う位置づけだから今後のスプリント戦線を見極めるためにも要注目のレースと言えるわね。

それじゃ、さっそく登録馬を見てちょうだい!


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクティブミノル58.0北出成人栗東
オデュッセウス53.0手塚貴久美浦
サトノルパン57.0村山明栗東
サドンストーム56.0西浦勝一栗東
シュウジ53.0須貝尚介栗東
セカンドテーブル56.0崎山博樹栗東
ソルヴェイグ52.0鮫島一歩栗東
ナックビーナス51.0杉浦宏昭美浦
ブランボヌール51.0中竹和也栗東
ホッコーサラスター54.0飯田祐史栗東
レッツゴードンキ55.0梅田智之栗東
エポワスセン56.0藤沢和雄美浦
オメガヴェンデッタセン56.0安田隆行栗東
ファントムロードセン56.0堀宣行美浦

今年の登録馬は14頭。

うーん、なにか一筋縄ではいかなそうなメンバーねぇ
 
キーンランドカップの傾向として
伏兵馬の台頭もたびたび見られるレースだから穴馬の見極めも大事なポイントよ!
 
じゃあ、ここからはキーンランドカップの過去データを使って分析してくわ。
 
以下のデータは、2013年の函館開催分を含む過去9回分のデータになるわ。


最初は、前走クラス別成績よ!

前走クラス別成績


G3を走った馬が多く好走しているようね。
 
レース名を見てみると、『函館SS』が最も多く『CBC賞』や『アイビスSD』からも直結しているようね。
 
1600万下のレースだと札幌日刊スポーツ杯も注目よ。
 
ここで言いたいのは、
洋芝適正が大事になってくるってことね。

【前走:函館SS】
・アクティブミノル
・シュウジ
・ソルヴェイグ
・ファントムロード
・レッツゴードンキ
 
【前走:函館日刊スポーツ杯】
・ホッコーサラスター


次は、前走着順別成績を見ていきましょう。

前走着順別成績


前走着順に目を向けると、前走で1着だった馬が圧倒的ね。

3着以内の好走馬の傾向を見ても、前走でも同じく3着以内を確保している馬が多くここで馬券に絡んでいるから中心は前走3着以内ね。

特に前走1着・2着を合わせると【5-5-6-31】とほぼ半数で馬券に絡んでいるから、人気馬が優勢なこともハッキリしているわ。

【前走3着以内】
・エポワス
・シュウジ
・セカンドテーブル
・ソルヴェイグ
・ナックビーナス
・ホッコーサラスター
・レッツゴードンキ


最後に前走人気別成績を確認するわよ!

前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績では、1番人気に支持された馬と意外にも6~9番人気の馬の好走が目立つわね。

馬券の中心は前走1番人気の馬と6~9番人気に支持された馬にも注目が必要みたいね!


それじゃ、私のオススメ馬を発表するわ!


注目馬1
ソルヴェイグ
【前走:函館SS 1着(12番人気)】
 
前走の函館SSではゴール前で一度差されたところを、もう一度差し返すという持ち前の勝負根性を発揮した会心の勝利だったわね。
 
これから成長してさらに強くなってきそうな予感がする馬だわ。

 
血統面から見ても札幌1200mは得意なダイワメジャー産駒だし、斤量も前走からプラス2キロになるけど問題はなさそうね。
 
陣営的にもキーンランドカップで優勝できればサマースプリントチャンピオンの座も見えてくるから是が非でも勝ちたいところでしょうし。
 
適正と勢いから見て有力だと思うわ。


注目馬2
シュウジ
【前走:函館SS 2着(2番人気)】
 
これまでマイルでも使ってきたけれど、この馬こそ
生粋のスプリンターだと思うわ。
 
前走の函館SSではソルヴェイグに不覚を取ってしまったけれど、
今回は
叩き2走目だけに上積みも期待できるわ。
 
さらに今回は、鞍上もモレイラ騎手に乗り替わるみたいだし、鞍上強化で1着が至上命題といった意気込みで臨んできてるんじゃないかしら。
 
この馬は今後のスプリント界で中心になってくる器だと思うからとにかく怪我だけはないように期待してるわ。


注目馬3
ホッコーサラスター
【前走:札幌日刊スポーツ杯1着(5番人気)】
 
STV杯、函館日刊スポーツ杯を勝ち上がってきた勢いは本物だと思うわ。


洋芝適正はかなり高いと見えるし、池添騎手とのコンビも相性が良いみたいね。
 
格上挑戦だけど軽視は禁物な一頭よ。

不気味な存在だけど、どこまでやれるか楽しみよ。



注目馬4
レッツゴードンキ
【前走:函館SS 3着(7番人気)】
 
昨年の桜花賞を勝った後から長い間、スランプに陥ってしまったけど、前走の函館SSでは久々に内容・結果ともに良いレースができたと思うわ。
 
どうやら岩田騎手とのコンビが復活するみたいだから、あの桜花賞で見せたような思い切った逃げ切り勝ちをもう一度再現してもらいたいわね!
 
復活を待ち侘びるファンのためにも、クラシックホースの巻き返しに期待ね!


伏兵の台頭も目立つキーンランドカップ
上位に食い込む穴馬をエビコは見つけた!
果たしてその馬とは・・・。


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

キーンランドカップ

【質問】キーンランドCって、まだ歴史がそれほどないですよね?
そうだね。
2006年に短距離重賞の整備が行なわれて、重賞に格上げされたから、
まだ7年しか経ってないことになるね。
それでも、スプリンターズSに向けて、重要なステップレースであることは間違いないよ。
【質問】札幌の芝1200メートルってどんなコースですか?
福島や小倉と同じ平坦小回りコースではあるけれど、
決定的に違うのは洋芝で力がいる馬場ってことかな。
それもあって、3着以内に入った馬はこのレースまでに重賞で馬券に絡んだことがある実績馬が
圧倒的に多いんだ。
【質問】いわゆる夏の上がり馬が条件戦を勝ち上がって、重賞も制覇するというパターンは少ないということですね。
うん。
秋の大一番を見据えたレースでもあるし、「サマースプリントシリーズ」にも組み込まれているから、
それなりの実力馬が好走するケースが目立つんだ。
【質問】確かに、近年はビービーガルダン、ワンカラット、カレンチャン、パドトロワといった錚々たるメンバーが勝利を飾っていますものね。ということは、やはり堅い決着が多いということですか?
1番人気か2番人気が必ず馬券に絡んでいるという意味では、
堅いレースということが言えるかもしれないね。
だけど、2008年には16番人気のタニノマティーニが優勝。
翌年も13番人気のドラゴンウェルズが2着に入って、波乱を起こしているんだよ。
この2頭に共通しているのは、UHB杯で掲示板を確保したものの、人気を落としていたことだね。
【質問】函館開催から北海道に滞在している馬が好走しているわけですか?
3着以内に入った馬の前走を見てみると、最も多いのが函館スプリントS。
このレースの勝ち馬は、昨年のドリームバレンチノこそ7着に敗れてしまったけど、それ以外は全馬、
馬券の対象となっているんだ。
函館スプリントSに勝った馬が出走してきたら、迷わず買っておいた方がいいだろうね。
【質問】逃げ馬と差し馬なら、どちらを選べばいいですか?
そうだね。
昨年は1~3番手にいた馬がそのままなだれ込むようなレースだったし、
比較的、先行馬が残りやすいという傾向があるかな。
2008年と昨年は1分7秒台と時計の速い決着になったけど、それ以外は1分8秒4~6の走破タイムになっているんだ。
函館や札幌でこの時計をマークしている馬がいれば、上位争いできるはず。
これも頭に入れておいて損はないかもしれないね。
【質問】スプリント戦ということもあって、血統的にはやっぱりミスタープロスペクター系が強い気がするんですが、どうでしょうか?
系統で言えば、ノーザンダンサー系が活躍するレースなんだよ。
ミスタープロスペクター系もスウェプトオーヴァーボード産駒のパドトロワが2011年に3着、
2012年には優勝しているから相性がいいんだろうね。
サンデーサイレンス系は2006年に直仔のチアフルスマイルが勝っているものの、
それ以降はフジキセキ産駒のキンシャサノキセキが1番人気で3着に入っているだけ。
ちなみに、パドトロワの母の父はフジキセキ。
サンデーサイレンス系ならば、フジキセキを持っている馬を狙い撃ちすべきだろうね。
【質問】枠の有利不利はありますか?
それほど気にする必要はないけれども、真ん中より外枠に好走例が目立つね。
1枠は包まれることもあってか、苦戦しているようだから気をつけておきたいね。
おっと、大事なことを言い忘れるところだったよ。
【質問】他に傾向はありますか?
夏は牝馬が活躍すると言うけれど、このレースはそれが典型的に表れているんだ。
7年の歴史の中で、牝馬が4勝。
2006年の第1回は3着まで牝馬が独占しているんだよ。
出走頭数では圧倒的に牡馬、セン馬が多い中で、この数字を残しているわけだから、
牝馬を侮っていると痛い目にあうよ。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る