g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

アイビスサマーダッシュ予想 2014

今年は5月に行なわれた韋駄天Sの再戦といった感じのメンバー構成。

これなら、その韋駄天Sで千直競馬への適性の高さを見せつけた◎セイコーライコウで大丈夫だろう。

当時は最終日の開催で内枠がかなり不利だった馬場状態。そのなかで、内枠から軽く仕掛けられただけでごぼう抜きしていった◎セイコーライコウの力は抜けている。

それも、昨年のアイビスサマーダッシュで2着だったフォーエバーマークがいながら、あれだけの勝ちっぷりを見せるのだから大したもの。フォーエバーマークを基準に考えれば、昨年このレースを勝ったハクサンムーンよりも強いということになる。

唯一のポイントは状態だが、サマースプリントシリーズのポイント稼ぎのために挑んだ函館スプリントS後も、すぐに美浦に戻って順調に乗り込まれており、速い時計は先週のみでも、その乗り込み量は十分。今の時計の掛かる美浦の坂路なら、坂路2本追いを行った今週の追い切りも軽すぎる内容とはならない。

まさにこの大目標レースへ向けて、きっちり仕上げてきたとみている。

6歳牝馬の○フォーエバーマークは昨年に比べて能力に陰りが見えてきた印象もあるが、昨年2着の実績に加え、夏に強い点は大きな強調材料。今回は韋駄天Sのときより斤量が軽くなってセイコーライコウとの比較では1.5キロ有利になっており、同型ハクサンムーンがいた昨年より展開面でも楽になりそうで、粘り込む公算が高い。

他は連下の穴候補の域を出ないが、▲アースソニックは韋駄天Sでフォーエバーマークとクビ差の3着。当時は外枠がかなり有利な状況だったとはいえ、追い比べに強い豪腕・岩田Jに乗り替わった期待感は大きく、再度外枠を引いただけに2強に食い込む可能性も。

△アンバルブライベン×フクノドリームは千直が初めてだが、そのダッシュ力から適性が見込めるタイプ。同型だけに互いの出方がカギになるだろうが、どちらかがすんなり運べるようなら粘り込みがあるかも知れない。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る