g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

福島牝馬ステークス予想 2014

震災の影響で新潟開催だった11年を除く過去6年で中山牝馬ステークス組が全5勝をマークしている。その内4年はワンツーで1~3着独占も2回。とにかく、中山牝馬ステークス組が強いのが福島牝馬ステークス。 元々、福島は「ミニ中山」と言われることもある様にそのコース形態が中山に類似している。その結果、中山巧者と呼ばれる馬が福島でも好走することが多い。さらに今年は中山の馬場を意識してか、福島も時計が掛かる仕様に。これなら、今年も今までの傾向と変わらない可能性が高い。 軸としては今年も中山牝馬ステークス組から選ぶのがベター。

◎はキャトルフィーユ。前走では少し反応の悪さがあったが、それでも渋太く末脚を伸ばし2着を確保。中京、中山と異なる競馬場で連続で好走できたのは力をつけている証拠で、負けたのが共に同じフーラブライトなら致し方なし。元来、小回りは得意なタイプで初の福島も全く問題ない。今回は斤量が2㎏増の54㎏となるが、昨夏のクイーンステークスでは55㎏を背負い5着に健闘、成長を加味すると、斤量増はさほどマイナス要素にはならない。また、ここは先行馬が揃っており、それを見ながら運べる位置で競馬が出来るのは好材料。角居厩舎の当レース3連覇の可能性は十分にある

対抗には○アロマティコ。昨年の当レースはコンマ1秒差の4着。G1で3着2回と実績的は光るが、器用なタイプではなく、小回りはこれまでマイナス要素ばかりが目立っていた。ただ、前走では出遅れこそしたものの、今までの小回りコースでの内容を考えると格段にレースぶりが良くなっていたのは見逃せない。今度は有力な他馬との斤量差もなく、今ならチャンスもあるハズだ。

▲はレイカーラ。中山牝馬ステークス組ではないが、中山ではオープン勝ちを含めて1,2,1,1着の中山巧者だ。福島は初めてながらも、中山実績から福島で好走できてもなんら不思議はない一頭。前走の東京新聞杯では強力馬相手に前が詰まりながらもコンマ3秒差と健闘。重賞でも牝馬限定戦なら一発があって良い存在。

☆にケイアイエレガント。前走はキャトルフィーユと2着同着。福島コースも相性が良くここでも、と思いがちだが、前走は展開にかなり恵まれたのもまた事実。揉まれると良くないタイプで、先行勢が揃っている中での6番枠と今回は危険な要素も併せもっている。充実度や勢いは買いたいが、今回はここまで。ここが今後に向けての試金石だろう。

穴っぽいところでは、△トーセンアルニカ。昨年、中山牝馬ステークス組の2年連続1、2,3フィニッシュを阻止したのがピュアブリーゼ。同馬はG12着の実績はあったが、格上挑戦という存在だった。今年では相手なりで勝ち味に遅い面はあるが、G14着の実績があるトーセンアルニカがこの馬と被る。実績が示す様に実力は確かで上位に割って入る資格はある一頭。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る