g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

フェアリーステークス予想 2015

スプリント戦からマイル戦での施行となって今年で7年目。過去6年の勝ち馬を見ていくと特徴的な一つの傾向として阪神ジュベナイルフィリーズからの臨戦馬が3勝というものがあり、残念ダービーならぬ、残念阪神ジュベナイルフィリーズといった感じになっている。今年はそこからの参戦は3頭。過去の3勝とも阪神ジュベナイルフィリーズで6,9,10着からの巻き返しでここを勝った馬であり、この組には注意が必要だろう。

残りの3勝は新馬戦からが2頭、未勝利からが1頭となっている。500万やオープン特別からの臨戦馬には嫌なデータとなっているが、もちろん過去6年でも500万組は2着2回、3着3回があり全く軽視すべきところではない。そして今年のキーポイントは実に7頭もここに出走する赤松賞組。赤松賞自体も9着だったアドマイヤピンクが暮れの中山の牡馬混合戦のひいらぎ賞で2着するなど評価できるレベルにあると考えて良いもので今年はこの組には注目すべき。

また、今年の未勝利や新馬からの臨戦馬をみてみるとトラストレイカは今回が初芝、ローデットは右回りや輸送に不安を抱え、エヴァンジルは初戦で先着を許したトゥルッリがひいらぎ賞では7着に敗れており、裏づけに疑問が残る。さらに他の500万組も距離や芝に疑問が残るものがあり、今年は阪神ジュベナイルフィリーズ組と赤松賞組から入るのがベター。

本命は前走を含め過去2戦とも上がり最速で強さを示している◎カービングパス。前走はここに参戦するテンダリーヴォイスに先着を許したが、前走は一頓挫明けでの出走だった。レースでも直線入り口で外に持ち出すため大きくポジショニングを悪くしたのに加えて、直線でも内にモタれていたためそれを修正しながらの追い込みだったのが原因。むしろ、そんな中で上がり最速で3着まで迫れたのはポテンシャルがあるからこそ。また、前走も最速の末脚こそ繰り出せたが本質的には極端な上がり勝負より中山の様な多少上がりを要する馬場の方が合うタイプ。中山は初となるが札幌の内容からプラス面の方が大きいだろう。コース替わりと順調さで今度は逆転できる。軸はこの馬。

対抗には○オーミアリス。阪神ジュベナイルフィリーズでは右回りで致命的となる右トモの落鉄。完全に度外視できる一戦だった。注目すべきは小倉2歳ステークス。例年、他の2歳ステークスに比べレベルが落ちるが、今年は出走したクールホタルビがファンタジーステークスを、セカンドテーブルが京王杯2歳ステークスを後に制しており例年に比べ軽視できないものとなっている。折合いに不安が無く距離の心配もなくここでも警戒すべき一頭。

単穴に▲テンダリーヴォイス、☆には前走は終始不利を受け不完全燃焼だったトーセンラーク、後は出走馬で唯一中山マイルの経験がある△アドマイヤピンクまで押さえる。

もう一頭の阪神ジュベナイルフィリーズ組のコートシャルマンは前走のレースぶりや血統から距離に多少の不安が残る。ここは切ってみるのも一つの手だろう。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る