G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

エプソムカップ予想 2016

今週の日曜日に東京競馬場で行われるエプソムカップG3の事前予想をしていくわ。

安田記念が終わって、春の残るG1は6月26日の宝塚記念のみね。
寂しいような気もするけど、この先の重賞は面白いレースがたくさんあるし、夏競馬は荒れるレースが多いから、ロマンとは違った意味でこの先ワクワクが増えるわね。

では、エプソムカップの予想をしていくわ。
フルゲート18頭に対して19頭の登録があるから、まずは見てみるわよ。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルバートドック56.0須貝尚介栗東
エキストラエンド58.0角居勝彦栗東
エックスマーク56.0角居勝彦栗東
サトノギャラント56.0藤沢和雄美浦
ショウナンバッハ56.0上原博之美浦
ステラウインド56.0尾関知人美浦
ダービーフィズ56.0小島太美浦
ナカヤマナイト59.0二ノ宮敬美浦
ヒストリカル57.0音無秀孝栗東
フルーキー58.0角居勝彦栗東
マイネルホウオウ56.0畠山吉宏美浦
マイネルミラノ56.0相沢郁美浦
メイショウヤタロウ56.0高橋亮栗東
ラングレー56.0矢作芳人栗東
レコンダイト56.0音無秀孝栗東
ロジチャリス56.0国枝栄美浦
アルマディヴァン54.0高橋文雅美浦
ルージュバック54.0大竹正博美浦
オリオンザジャパンセン56.0小西一男美浦


なんと!!
あのルージュバックがここに参戦してきたわよ。
これはビックリね。

牝馬限定のマーメイドステークスの選択もあったはずだけど、54㎏で出走できるのと輸送が無いからこっちを選んだんでしょうね。
メンバーの力的に見て人気になりそうだけど、どんな結果が待っているのかしらね?

それじゃデータを使ってエプソムカップの事前予想を行って行くわよ!

以下のデータはエプソムカップの過去10年のデータになるわ。

最初に前走クラス別成績。

前走クラス別成績
前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 0 0 0 9 0% 0% 0%
OP特別 4 2 3 52 6.6% 9.8% 14.8%
1600万下 0 2 0 10 0% 20.0% 20.0%

過去10年の勝ち馬全は、G2・G3・OP特別から出走して来た馬ってことね。

それじゃ、1着馬を中心に詳しくレース別成績を見ていくわよ。
前走レース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
都大路S 3 0 2 9 21.4% 21.4% 35.7%
オーストラリアT 1 0 1 4 14.3% 14.3% 28.6%
大阪杯 1 0 0 1 50.0% 50.0% 50.0%
メイS 0 1 0 7 0% 12.5% 12.5%
目黒記念 0 0 0 8 0% 0% 0%




※都大路ステークスは、2006年の1600m時代のレースを含む

勝ち馬は、マイラーズカップ、都大路ステークス、新潟大賞典に集まっているわ。

特にマイラーズカップと都大路ステークスは頭数が少ない中でもこの成績を残しているというのはこのレースと相性が良いと考えてよさそうね。
ただ、産経大阪杯は2頭出走中、1頭が1着!
あっ、大阪杯組がいない…


<マイラーズカップ>
・アルバートドック
・エキストラエンド

<都大路ステークス>
・ラングレー

次は、前走着順成績よ。

前走着順別成績
前走着順

前走1着と2着を合わせても5勝と頭に据えるためには絶対的な信頼とはならないわ。
でも、
馬券的な軸としては前走で連に絡んだ馬を軸にして良さそうね。

高配当を狙うのなら、前走6着~9着の馬に目を付けると良さそうね。

この着順で1秒以内の差で負けているならここでも巻き返しは可能よ。

過去3頭いる勝ち馬全て、前走での勝ち馬との差が1秒以内に収まっているから着差にも注意して見てみるといいわ。

それじゃ、私の月曜段階のオススメ馬を発表するわ。



注目馬1
ラングレー
【前走:都大路ステークス3着(1番人気)】
 
2年連続で勝ち馬を出している都大路ステークスからの出走となるラングレー。
弟のリアルスティールもそうだけど、この血統って適性距離が掴めないわね。


私は1800m~2000mが良いと思うから、この舞台は合っていると思うのよ。
 
前走は前残りの展開だったから、3着とは言え悲観する内容ではないわ。
ローテーションに好感を持てるし、叩き2戦目の今回なら期待は持てるわ。



注目馬2
フルーキー
【前走:新潟大賞典2着(1番人気)】
 
今年に入って重賞で3着・4着・2着と安定した走りを見せているわ。


去年のチャレンジカップを勝ったときは鋭い決め手で勝てたし、このエプソムカップは決め手が優れた馬が上位に来やすいからチャンスは十分にあるわよ。
 
去年のこのレースでは4着だったけど、エイシンヒカリとサトノアラジンと接戦を演じているから、メンバーレベルが落ちる今回は期待が持てるわ。


注目馬3
ルージュバック
【前走:ヴィクトリアマイル5着(4番人気)】
 
2走前の中山牝馬ステークスで2着、前走のヴィクトリアマイルで5着。
前走に関しては1600mが短いのは分かったけど、G1ではワンパンチ足りない印象を受けたわ。
 
この馬にどういうレースが向いているのかイマイチ掴みにくいけど、
私は、新馬と百日草特別で見せた中団~後方に控えて直戦で末脚を爆発させる競馬があっているのかなと思うわ。

4走前のエリザベス女王杯でものレースを見ても後方からの競馬が合っていると思うのよね。今回どんなレースをするのか注目ね。


注目馬4
ロジチャリス
【前走:メイステークス1着(2番人気)】
 
1600万下、オープン特別と2連勝中のダイワメジャー産駒ね。
2歳時からオープンで連対をするなど期待されていたけど、長期休養でクラシックを棒に振る羽目になったのよね。
 
4歳になって馬体も大きく成長してきて本格化の兆しが見えるわね。


ここ2戦も前に行ったり控えたりと幅拾い位置で競馬が出来るし、馬群を伸びてくる勝負根性や最後の脚はしっかりしているから、今の状態なら上位争いが期待できるわ。


あの足は忘れたことにやってくる!
おそらく今年もあの馬が穴を開ける!
エビコが注目するこの時期に外せない伏兵とは?!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

エプソムカップ

【質問】エプソムCのエプソムってなんですか?
イギリスにあるエプソム競馬場のエプソムだよ。
東京競馬場と姉妹競馬場提携が結ばれたのを機に創設されたレースなんだ。
ただし、名前にイギリスの競馬場名が入っているだけで、
国際レースではあるもののイギリスの馬がこのレースに参戦するようなことは現状ではないね。
春の東京開催最終週に組まれている、おなじみの芝1800m重賞として長らく定着しているレースだ。
【質問】どういった特徴のレースですか?
マイルG1の安田記念と、中距離G1の宝塚記念の間に行なわれることもあって、
超一流馬の参戦はほとんどない。
いわゆる“G3の常連”的な顔ぶれになることが多いね。
ならば実力伯仲の大混戦、難解な一戦と思いたくもなるけど、実はこのレース、
好走する馬のタイプがかなりハッキリしているんだ。
なんでもあり状態で荒れまくっているレースとは、対極に位置すると考えて構わない。
【質問】それはけっこう意外ですね~。レース条件的に、難易度が高くなってもおかしくない気もしますが……。
そこが競馬の面白いところだよね。
レースによって「ならでは」の特徴が出るし、常識に当てはまらないこともしばしば発生する。
このレースはイメージとは裏腹に1番人気が堅調で、
近年で馬券圏内を外したのはサイレントディール(2005年1番人気4着)くらいしかいない。
馬券圏外と言っても4着だからねぇ。
1番人気の大崩れはまずあり得ないとみていいんじゃないかな。
【質問】有力候補をピックアップするに際し、具体的になにをチェックすればいいですか?
前走内容をレース条件別に見ていくと、好走の期待できる馬が明確に見えてくる。
前走条件戦出走馬は、前走で1600万クラスを3番人気以内で勝利し、
なおかつ近2走とも連対していることが条件。
調子にムラがあったり、「たまたま勝ってしまった」感があったりする馬は期待薄だ。
前走オープン特別出走馬は、前走は人気を問わず3着以内かつ、
2走前に1着もしくは重賞5着以内という成績を残している馬しかこのレースで活躍していない。
こちらも条件戦組同様、好調をキープしているタイプが走る傾向にあるんだ。
【質問】こうやって、クラス別、条件別に見ていくとわかりやすいですね。
G3組は、これと言った基準はないんだけど、新潟大賞典で5番人気以内の支持を受けていた馬が、
けっこう活躍している。
軸馬を選ぶ際に活用したいデータと言えるだろう。
そして、G2以上のレースからここに参戦し、連対を果たした馬は、
当レースで3番人気以内だったという点で共通する。
たとえ前走で負けていても、G3なら十分に勝負になる判断された馬は、
その評価通りに走っているということだね。
【質問】そもそも力が足りないと思われている馬は、人気になりませんもんね。
そうだね。
このレースはまさに人気が鍵を握っていて、
前走重賞で3番人気以内かつ今回4番人気以内という条件を満たす馬が非常に強い。
前走着順は問わず、安定して走る傾向にあるんだ。
いわゆる人気先行タイプではなく、
的確な評価をされている馬が多く出走しているということだろう。
ただし、前走着順は問わずと言っても、
ふたケタ着順からの巻き返しはほとんどないので注意したいところだ。
【質問】それ以外になにか特徴はありますか?
福永騎手の好成績が目立つ。
ダノンシャーク(2012年2番人気2着)、ダークシャドウ(2011年1番人気1着)、
セイウンワンダー(2010年1番人気1着)、ブライトトゥモロー(2007年2番人気2着)というように、
上位人気時に確実に期待に応えているんだ。
関西のトップジョッキーが関東のG3に乗りに来ている時点で勝負がかり―――そう認識しておこう。
【質問】堅軸を見付ける際に重宝できそうなデータですね。
うん。
あとは血統かな。
サンデー系種牡馬×母父トニービンという構成の馬が毎年のように馬券になっている。
このコースと相当相性がいいようだね。
最後に、牝馬と7歳以上の高齢馬が振るわないということを補足しておきたい。
出走数そのものが少ないということもあるけど、牝馬は壊滅状態。
7歳以上の高齢馬はあって3着まで。
これが現実だ。
以上、ここで紹介した情報をフル活用して、納得の買い目を導いてほしい。
とにかく、獲りやすいレースであることに間違いはないからね。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る