G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

エルムステークス予想 2016

今週の日曜日の札幌競馬場で行われるダートのG3・エルムステークスの予想をしていくわよ。

重賞実績馬や今後のダート戦線で飛躍を誓う馬たちが激突する
『夏のダート王決定戦』と言う位置づけのレースとなっているわ。
 
それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい!
 
競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
クリノスターオー56.0高橋義忠栗東
サイモントルナーレ56.0田中清隆美浦
ショウナンアポロン57.0古賀史生美浦
ジェベルムーサ57.0大竹正博美浦
ナムラビクター56.0福島信晴栗東
ナリタスーパーワン56.0松永昌博栗東
ヒラボクプリンス56.0加藤敬二栗東
ブライトライン56.0鮫島一歩栗東
マルカフリート56.0浜田多実栗東
モンドクラッセ56.0清水英克美浦
ロワジャルダン57.0戸田博文美浦
リッカルドセン56.0黒岩陽一美浦

 今年の登録馬は・・・えっ!?
 
“12頭!?”
 
少ないわねぇ・・・。
 
例年、出走頭数はこのくらいだけど登録の段階でこの頭数は寂しいわね。
 
じゃ、ここからはエルムステークスをデータを使って分析してくわ。

以下のデータは、新潟開催の2009年、函館開催の2013年を除く
過去8回分のデータになるわ。


最初は、前走クラス別成績。
前走クラス別成績
クラス


前走クラス別成績を見ると、前走オープン特別だった馬が多く好走しているようね。
 
オープン特別のレース名を見てみると、『マリーンステークス』『しらかばステークス(2012年で終了)』とこの2レースが多く直結していたんだけど、この2レースに共通するのは『1700m』の距離なの。
 
このエルムステークスは1700mと特殊な距離で行われるから、距離適性が問われるので同じ距離を経験できるこの2レースとの相性が良いのね。

 
しらかばステークスは2012年を最後に行われていないから、今ならマリーンステークスが1番の重要レースと言えるわ。
 
【前走:マリーンステークス】
・ショウナンアポロ
・ナリタスーパーワン
・ヒラボクプリンス

 

次は、前走着順別成績。
前走着順別成績
着順

前走着順に目を向けると、前走で1着だった馬は過去最多の3勝。

3着以内まで見ても、前走で掲示板を確保している馬が多くここで馬券に絡んでいるから中心は前走5着以内ね。

特に前走1着と2着合わせると【4-3-4-23】とほぼ半数で馬券に絡んでいるから、下手に人気薄から行くよりは素直に人気馬から入ったほうが良いわね。

 
【前走5着以内】
・ショウナンアポロ
・ナリタスーパーワン
・ヒラボクプリンス
・ブライトライン
・モンドグラッセ
・リッカルド

 
 
最後に前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気別成績

前走人気別成績では、勝ち馬全ては前走で4番人気以内に支持されていたのよ。

2着・3着に入った馬の前走人気は、上位人気から下位人気までと幅広く馬券に絡んでいるのよ。
馬券の中心は前走で上位人気に支持された馬が良いわよ!
 
 
それじゃ、私のオススメ馬を発表するわ!

 
注目馬1
ショウナンアポロン
【前走:マリーンステークス1着(2番人気)】
 
前走のマリーンステークスでは、8枠スタートにも関わらず積極的に2番手からレースを進めて行って、終始引っ張り切れないような手応え。
 
4コーナーでは他馬の手が動く中、ショウナンアポロン騎乗の松岡騎手の手は動くことなく馬なりで直線へ向いて追い出しを開始。
 
そのまま押し切る形になり終わって見れば2着馬に1馬身3/4差を付けて勝利。


スンナリと前に付けられて押し切るレースが出来たのは評価出来るわ。
 
 
注目馬2
モンドグラッセ
【前走:大沼ステークス1着(1番人気)】
 
3走前の東海ステークスでは積極的に逃げてレースを作っていき、最後はアスカノロマンに差されたものの、G1・3着馬を最後まで追い詰めた走りは高く評価出来るわ。

 
前走の大沼ステークスは、2番手からあっさり抜け出し2着に1馬身3/4差を付けての勝利は、着差以上の強さを感じたわね。
 
重賞勝利もそう遠くないところまで来ているわよ。
 

注目馬3
リッカルド
【前走:安達太良ステークス1着(1番人気)】
 
これまで23戦して掲示板を外したのが4回と堅実な走りを見せているフサイチリシャール産駒。
 
1600万に昇級後は、2・3着が続いて勝てなかったけど前走の安達太良ステークスで念願のオープン入り。
 
スタートから先行して最後はハナ差まで迫られたけどそれを凌ぎきった勝負根性はなかなかのものがあるし、このメンバーなら決して勝負にならないとは思わないわ。


休み明け2戦目で状態は上向いてくるはずだし、オープンクラス初挑戦が重賞だけどどんな走りが出来るか注目ね。
 

注目馬4
クリノスターオー
【前走:平安ステークス2着(3番人気)】
 
メンバーで唯一の重賞3勝馬。

去年の平安ステークス(2着)後は、着順を落として不調だったけど、今年に入って重賞でも好走しているし徐々に調子を取り戻しつつあるわね。
 
前走の平安ステークスは、逃げたアスカノロマンを捉える事は出来なかったけど、2番手追走から後続の追撃を振り切り粘れたのは調子が上向いてきている証と言って良いわね。

 
このエルムステークスは、一昨年が2着、去年が4着と掲示板を外していないから、今年も好走が期待できるわ。


伏兵の台頭が目立つエルムステークス
上位に食い込む穴馬をエビコは見つけた!
果たしてその馬とは・・・。

 
注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

エルムステークス

【質問】ダート1700メートルは札幌、函館、福島、小倉の4競馬場にありますけど、重賞レースとして行なわれているのは珍しくないですか?
そうなんだ。
オープン特別は各競馬場にあるけど、重賞として開催されているのは札幌のエルムSだけなんだ。
【質問】そどの競馬場も平坦小回りという共通点がありますね。
だからこそ、エルムSで好走するためには、
せめて1000万下以上のクラスでダート1700メートルを勝っていることが望ましいんだ。
直線が長かったり、坂がある東京のダート1600メートルや、
中山、京都、阪神、中京、新潟のダート1800メートルとは、明らかに乗り方なども違ってくるからね。
【質問】夏の北海道で行なわれる重賞だけに、滞在組が強いんですか?
3着に入った馬の前走を見てみると、以前は地方交流競走や他の競馬場からの転戦組が多かったけれど、
最近はしらかばHを使ってエルムSに挑戦してくる組が活躍する傾向にある。
【質問】あれ、昨年は違う路線の馬が3着までを独占していたような気が……。
痛いところを突いてきたね。
でも、勝ったのは4連勝と勢いに乗っていたローマンレジェンド、
2着には実績馬のエスポワールシチーだから参考外としよう。
3着のグランドシチーだって前々走は
函館のダート1700メートルで行なわれている大沼Sで2着となっているよ。
【質問】昨年は、実績よりも勢いが勝った感じでしたね。
それが、このレースの傾向にもなってきてるね。
2007年以前は地方交流も含めて重賞勝ちのある馬が1着となるケースが多かったけど、
最近はこのレースで重賞初制覇を飾る馬が増えているんだ。
【質問】ローマンレジェンドも昨年は東京大賞典を制しているけど、重賞初制覇はエルムSでしたものね。ところで、人気馬は信用できるレースなんですか?
実は1番人気馬の成績があまり芳しくないんだ。
ここ2年はランフォルセ、ローマンレジェンドが人気に応えているけど、
それ以前は2003年のアドマイヤドンまで勝ち馬が出ていなかった。
一方で、荒れるレースかと言えば、そうでもない。
この10年で二桁人気の馬が馬券の対象になったのは二度だけだからね。
2番人気は複勝圏内を維持しているデータが残っているから、
狙うなら2番人気から上位人気の馬に流す3連馬券かな。
【質問】位置取りなどはどうでしょうか?
まぁ、平坦の小回りだからね。
先行馬が有利と見ていいと思うよ。
ただ、最近は後方からひとマクリして先頭でゴールというパターンが増えているんだ。
このあたりも、ダート1700メートルでの経験が活かされていると考えていいんじゃないかな。
【質問】先行馬が有利ということは、やっぱり内枠が好走してるんですか?
極端に内枠がいいというわけではないけれど、5枠以内の複勝率が高いことは確かだね。
【質問】夏競馬の終盤に行なわれる重賞だけに、3歳馬も出走してきますよね。
それはそうなんだけど、あまり多いとは言えないね。
そんな中、2009年にはあのトランセンドが参戦したものの、1番人気で4着に敗れているんだ。
このレースに強いのは、明らかに4歳馬か5歳馬。
ダートでは高齢馬が息の長い活躍をしているけど、
7歳馬以上は昨年のエスポワールシチーが2着した程度で好走例が少ないんだ。
【質問】平坦小回りのダートというと、アメリカ競馬に近いと思いますが、血統的にはどうですか?
君の言う通り、アメリカ血統に向いているレースと言えるだろうね。
特に、ブライアンズタイム、シンボリクリスエス、ゴールドアリュール、
ワイルドラッシュといったダート向き種牡馬の産駒が強いレースなんだ。
これらの馬に、ミスタープロスペクター系が組み合わさっていたら、鬼に金棒だと思っていいよ。
【質問】結論としては、コテコテのダート血統で、4歳や5歳のイキがいい馬たちが函館や札幌のダート1700メートルで揉まれて、重賞をゲットするレースってことでどうでしょうか?
もう一つだけ付け加えておこうか。
昨年は1分42秒2という速いタイムで決着したけれど、
おおむね良馬場なら1分43秒前後で決まることが多いんだ。
良馬場で行なわれたダート1700メートルの持ち時計から上位馬を探るのも
一つの手段として持っていてもいいと思うよ。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る