G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

中日新聞杯予想 2016

2016年3月12日(土)に行われる中日新聞杯の予想をしていきたいと思います。

重賞連覇がかかるディープインパクト産駒のアルバートドックやG2クラスで勝ち負けになる能力を持ったサトノノブレス、昨年クラシックで好走したブライトエンブレム等が人気になりそうですね。

ですが、データ分析を行って過去の実績を紐解いたところ、

実は意外な穴馬で高配当を狙える!と考えています

では早速中日新聞杯の登録馬を見ていきましょう。

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤフライト56.0橋田満栗東
アルバートドック57.0須貝尚介栗東
アングライフェン55.0安田隆行栗東
クルーガー55.0高野友和栗東
ケツァルテナンゴ56.0笹田和秀栗東
サトノノブレス58.0池江泰寿栗東
ショウナンバッハ55.0上原博之美浦
ヒストリカル57.0音無秀孝栗東
ファントムライト55.0藤原英昭栗東
ブライトエンブレム57.0小島茂之美浦
メイショウカンパク52.0荒川義之栗東
メドウラーク55.0橋田満栗東
ライズトゥフェイム56.0加藤征弘美浦
レコンダイト55.0音無秀孝栗東
ロンギングダンサー53.0勢司和浩美浦
バウンスシャッセ55.5藤沢和雄美浦
リメインサイレント52.0田中章博栗東
サトノアポロセン56.0国枝栄美浦
デウスウルトセン55.0平田修栗東
ヤマニンボワラクテセン55.0松永幹夫栗東


この中にいる、大きな配当が狙える穴馬はどれなのか?
順を追って説明していきます。
まずは、過去10年分のデータから中日新聞杯の傾向を掴みましょう。


前走何着の馬が好成績を残しているのか、前走着順別成績を見てみましょう。

前走クラス別成績
1着 (3-0-2-18)
勝率13.0% 連対率 13.0% 複勝率 21.7%

2着 (2-1-1-8)
勝率16.7% 連対率 25.0% 複勝率 33.3%


3着 (0-1-2-5)
勝率 0.0% 連対率 12.5% 複勝率 37.5%

4着 (1-5-1-9)
勝率 6.3% 連対率 37.5% 複勝率 43.8%

5着 (1-0-1-13)
勝率 6.7% 連対率 6.7% 複勝率 13.3%

6~9着 (2-1-1-37)
勝率 4.9% 連対率 7.3% 複勝率 9.6%

10着以下(1-2-2-47)
勝率 1.9% 連対率 5.8% 複勝率 9.6%

やはり前走1着、2着の馬が強いという自然なデータが出ていますが、注目して頂きたいのは4着馬の連対率(37.5%)&複勝率(43.8%)

他の着順に比べ圧倒的な好成績となっている為、勝率は特筆するほどでは無いですが、前走1着2着馬の対抗馬として押さえたい所です。

さらに前走どのクラスで走っていた馬が好成績を収めているか確認しましょう。
前走距離別成績
1600万下 (1-0-1-19)
勝率4.8% 連対率4.8% 複勝率9.5%


OP特別 (1-2-1-34)
勝率2.6% 連対率7.9% 複勝率10.5%

G3 (2-5-1-49)
勝率3.5% 連対率12.3% 複勝率14.0%

G2 (3-1-3-21)
勝率10.7% 連対率14.3% 複勝率25.0%

G1 (2-2-3-10)
勝率11.8% 連対率23.5% 複勝率 41.2%


ご覧いただくと、基本的にはG2、G1などの格が高いレースを経て出走した馬が好成績を残していますが・・・

勝率で見ると1600万下(4.8%)はOP特別(2.6%)やG3(3.5%)よりも高く、穴馬狙いの場合は絶好の狙い目。

1600万下を経由して出走してきている馬はアングライフェンと、クルーガーですが、着順はどちらも1着。
先ほどの着順別成績と合わせて考えると、かなり期待が持てるのではないでしょうか。

それでは実際に私が注目した馬を挙げていきます。
注目馬1
アングライフェン
前走 アメジストS(1600万下)1着

データ的に相性の良い1600万下を勝利して、中日新聞杯に進んできました。
ステイゴールド産駒として期待の1頭であり、初重賞挑戦ながらも期待が高まります。
ここを勝って一気に出世街道を駆け上がって欲しいところ。
注目馬2
サトノノブレス
前走 日経新春杯(G2) 3着

2015年の日経新春杯勝ち馬で、その後も常にG2で好走を続けており、普通に考えればG3のここは勝ち負けです。
前走3着馬の勝ちは過去にありませんが、3着以内の複勝率37.5%、馬の実力的に考えても3着以内に入る可能性は高く、押さえておくべきでしょう。
注目馬3
ヒストリカル
前走 京都記念(G2)4着

前走4着、しかもG2ということで、データ的に好条件が揃いました。
その前のチャレンジC(G3)では2着と実力も十分あり、2012年毎日杯以来の重賞制覇に期待が高まります。
注目馬4
アルバートドッグ
前走 小倉大賞典(G3)1着

前走で小倉大賞典を制し、重賞ウィナーとなったアルバートドッグは、今回の中日新聞杯でも人気を集めるでしょう。
重賞連覇となれば一気にG1戦線でも主役に躍り出ますが、57kgというハンデと、川田騎手から乗り替わる可能性があるとささやかれているため、その部分が不安要素です。

さて、それではここで高配当が狙え、かつ高い期待を持って予想の軸に据えられる注目穴馬を紹介したいと思います。
注目穴馬1
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

中日新聞杯

【質問】父内国産馬限定戦として行なわれていた印象が強いレースですね。
君も古いことをよく知っているね。
以前は父内国産馬限定の重賞も数々あったけど、サンデーサイレンスが登場して、
その後継種牡馬が活躍するようになったことから、父内国産馬を優遇する措置が解除されるようになって、
混合戦として生まれ変わったんだ。
さらに、中京が新装されたことによって、暮れの重賞から3月に移行。
現在は芝2000メートルのハンデ重賞として行なわれているんだ。
【質問】中京が改装される前と、改装後ではどのような違いが起きているのですか?
このレースに限定した話にはなるけど、
まず、以前はアーネストリーなどの先行馬がよく馬券に絡んでいたんだ。
やっぱり、小回りコースということもあって、
4コーナーでは先団に取り付いていないと間に合わないからね。
あと、ハンデ戦だから人気薄の馬が3着以内に入ることも度々あったけれど、
意外と1、2番人気が連対しているレースでもあったんだ。
まぁ、昨年は1番人気のダノンバラードが3着。
今年もアドマイヤタイシが2着を死守しているから、
そのあたりは傾向を引き継いでいると考えていいかもしれないね。
【質問】トップハンデの馬が苦戦しているのも、変わらないところですか?
うん。
昨年は57.5キロのコスモファントムが大敗。
今年も2番人気に推されたジャスタウェイを含む57キロの3頭が馬券に絡むことはできなかったね。
最近では、57キロ以上を背負わされると厳しいレースになることが多いようだよ。
【質問】血統的には、違いが出てきているのでしょうか?
かつては、サンデーサイレンス系の切れ味がモノを言ったレースだったんだ。
それが、直線に坂ができたことで、タフさを要求されるようになった。
昨年もサンデーサイレンス系の種牡馬が上位を独占しているけど、勝ったスマ-トギアと
2着のダンツホウテイは、それぞれマーベラスサンデーとマンハッタンカフェの産駒。
ディープインパクトの仔であるだダノンバラードに先着しているんだ。
今年も優勝したサトノアポロの父はシンボリクリスエス、
2着に入ったアドマイヤタイシはシングスピール産駒だからね。
切れ味オンリーよりも、タフな重厚さを併せ持った血統がオススメ。
ただ、新装中京の芝2000メートルだけの成績で見ると、
ディープインパクトが他の種牡馬を圧倒していることも付け加えておくよ。
【質問】昨年は中3週の小倉大賞典組がワンツーフィニッシュを決めましたが、今年は間隔を開けた馬が上位に入りましたね。
う~ん。
ここは判断が難しいところだけど、いくらローカル開催といえども、
以前のように左回りと右回りは違ったとはいえ、平坦小回りで同じようなコースが取れた小倉と比べ、
今の中京は中山や阪神の好走歴を参考にすべきなんじゃないだろうか。
G2のAJCCで4着だったサトノアポロが勝ち、
中山金杯で好走したアドマイヤタイシが2着となったことも納得できるよね。
【質問】中京は裏開催で行なわれることが多いですが、どんなジョッキーが活躍しているんですか?
新装中京芝2000メートルでは、川須栄彦騎手と北村友一騎手の安定感が光るよね。
もちろん、武豊騎手などの一流ジョッキーが乗ってきたら、それなりの成績は収めているよ。
ただ、それよりも注目したいのは、藤懸貴志騎手。
平均人気が9番人気前後の馬に騎乗していて、複勝率は4割近い数字を挙げているんだ。
なかなか重賞への騎乗機会には恵まれないかもしれないけど、ハンデ戦ということも加味して、
出馬表で名前を見つけたら要チェックだね。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る