G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

ダービー卿チャレンジトロフィー予想 2016

過去に10万以上の馬券が7回出ているように、まぁ荒れるのよ。
内2回は100万馬券よ!
夢があるわね~。


という事は、金の匂いが充満してるってことなのよねぇ。
金が嫌いな人なんていないじゃない。

だったら、この金になるレース私が予想して良い馬教えてあげるから少しは参考にしなさいよ!!
 
まず、金になりそうな登録馬から見るわ。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルマワイオリ55.0西浦勝一栗東
インパルスヒーロー56.0国枝栄美浦
エキストラエンド57.0角居勝彦栗東
キャンベルジュニア54.0堀宣行美浦
クラレント58.0橋口慎介栗東
サトノアラジン57.0池江泰寿栗東
サンライズメジャー56.0浜田多実栗東
シベリアンスパーブ54.0手塚貴久美浦
シャイニープリンス56.0栗田博憲美浦
ショウナンアチーヴ56.0国枝栄美浦
タガノブルグ54.0鮫島一歩栗東
ダイワマッジョーレ57.0矢作芳人栗東
ダイワリベラル56.0菊沢隆徳美浦
ダッシングブレイズ56.0吉村圭司栗東
テイエムタイホー57.0鈴木孝志栗東
ニシノビークイック52.0竹内正洋美浦
フラアンジェリコ55.0斎藤誠美浦
マテンロウボス55.0昆貢栗東
ミュゼゴースト55.0大江原哲美浦
メイショウヤタロウ55.0高橋亮栗東
ヤングマンパワー55.0手塚貴久美浦
ロゴタイプ58.0田中剛美浦
アイライン52.0高橋裕美浦
ココロノアイ54.0尾関知人美浦
ノットフォーマル52.0中野栄治美浦
マジックタイム53.0中川公成美浦

 
26頭ですって!?

そこそこの賞金を貰いにずいぶん集まったわね。
貧乏じゃ牝馬にモテない訳だし。

やっぱり、人も馬も金を持ってるのが絶対条件ね!!
 
じゃ、集めたデータを使ってダービー卿チャレンジトロフィーを丸裸にするわ。
 
前走クラス別成績
G1(0-1-0-5)
勝率:0%
連対率:16.7%
複勝率:16.7%
 
G2(0-0-4-17)
勝率:0%
連対率:0%
複勝率:19.0%
 
G3(3-3-0-40)
勝率:6.5%
連対率:13.0%
複勝率:13.0%
 
OP(3-5-5-55)
勝率:4.4%
連対率:11.8%
複勝率:19.1%
 
1600万下(4-1-1-11
勝率:23.5%
連対率:29.4%
複勝率:35.3%

 
なんと!!
前走1600万下だった馬の数字が重賞から来た馬を凌いでるわ。

これは、重賞を戦って来た馬よりも軽い斤量でレースに出られるからこんな良い数字が残ってるのね。
その次に狙うなら、オープンクラスからの出走ね。
重賞からの参戦よりは下に見られがちだから、馬券に絡めばいい配当が出るわよ!
 
前走着順別成績
1着(4-2-1-22)
勝率:13.8%
連対率:20.7%
複勝率:24.1%
 
2着(1-3-1-7
勝率:8.3%
連対率:33.3%
複勝率:41.7%
 
3着(2-0-1-4
勝率:28.6%
連対率:28.6%
複勝率:42.9%

 
4着(0-2-0-15)
勝率:0%
連対率:11.8%
複勝率:11.8%
 
5着(1-0-2-5)
勝率:12.5%
連対率:12.5%
複勝率:37.5%
 
6~9着(1-2-2-35)
勝率:2.5%
連対率:7.5%
複勝率:12.5%
 
10着以下(1-1-3-42)
勝率:2.1%
連対率:4.3%
複勝率:10.6%

着順別では2着・3着の成績は抜きん出て良いのが分かるわね。

ただし、掲示板外でもここで巻き返してくる馬もいるわ。
その基準になるのが当日の斤量ね。
斤量別データに関しては金曜日に出してあげるから、楽しみにしてなさい!!
 
前走人気別成績
1番人気(1-2-0-13) 
勝率:6.3% 
連対率:18.8% 
複勝率:18.8%
 
2番人気(1-3-1-10) 
勝率:6.7% 
連対率:26.7% 
複勝率:33.3%
 
3番人気(4-1-1-12) 
勝率:22.2% 
連対率:27.8% 
複勝率:33.3%
 
4番人気(2-0-1-10) 
勝率:15.4% 
連対率:15.4% 
複勝率:23.1%

 
5番人気(1-3-0-10) 
勝率:7.1% 
連対率:28.6% 
複勝率:28.6%
 
6~9番人気(1-0-3-40) 
勝率:2.3% 
連対率:2.3% 
複勝率:9.1%
 
10番人気以下(0-1-4-35) 
勝率:0% 
連対率:2.5% 
複勝率:12.5%

人気別に見ると3番人気・4番人気とそこそこ人気になった馬がいいみたいね。
6番人気以下は苦戦傾向にあるわね。

大敗している馬は切ってもいいけど、上のデータに当てはまる馬がいたら残しなさい。
そういう馬が高配当をもたらしてくれるのよ!!
 
データをまとめるとこうよ!!

■1600万下を勝った馬が強い。次はオープン組み。
 
■前走2着・3着の馬が良い成績を出している。
 
3番人気・4番人気とそこそこ人気になった馬が良い。
 
■大敗した6番人気以下は切り!

 
じゃ、注目馬を挙げていくわ!
 
注目馬1
 キャンベルジュニア(牡4)
【前走:関門橋ステークス1着(1番人気)】

データ上最も相性の良い1600万下のレースを勝って来たのよ。

デビューしてまだ6戦しかしていなけど、5連対と堅実な走りをみせているわ。
昨年の12月に復帰し1000万下、1600万下と着実に階段を上がって今回は2回目の重賞挑戦。

データにもあったように1600万から挑んだ馬は斤量が重くなることはないから、ここでも十分戦えるわ。
復帰後は、前に行く競馬がすっかり板についてきたから極端な枠さえ引かなきゃ大丈夫ね。
 
 注目馬2
マジックタイム(牝5)
【前走:京都牝馬ステークス2着(6番人気)】

2歳時にはハープスターと差の無い競馬をしていたし、オークストライアルでは1番人気に推された馬だったの。
でも、なかなか結果が付いてこなかったけど3回目の重賞挑戦となった前走の京都牝馬ステークスでは、後ろから良い伸びを見せて2着に食い込んだの。

重馬場にも関わらず見せたあの伸びはG3なら十分に通用するように見えたわ。

前走の人気では少し分が悪いけど、クラスや着順別では相性の良いデータが出ているからこの評価よ!
 
注目馬3
ダッシングブレイズ(牡4)
【前走:東京新聞杯 競走中止(1番人気)】

昨年の秋からマイルの条件戦を連勝して、挑んだ前走の東京新聞杯。

いや~前走は驚いたわ。

鞍上の浜中騎手が狭い内を突いてそのまま投げられて落馬だもん。
騎手って本当に怖い職業よね・・・。

競走中止だから着順データでは当てはまらないけど、クラス別・人気別では当てはまるわ。

この馬にとっては仕切り直しの一戦ね。
 
 注目馬4
ミュゼゴースト(牡4)
【前走:東風ステークス3着(5番人気)】

前走の東風ステークスは、終始3番手からの強気な競馬を見せたんだけれど、最後は差されてしまったわね。

新馬戦以来のマイル戦にも関わらず流れに戸惑うことなくすんなり先行できたのは収穫だったし、休み明け3戦目の今回は状態も一番いいはずよ。

同じオープン組でも、勝ったインパルスヒーローを狙うならこっちの方が当日の配当も期待できそうだわ。
前走3着は飛び抜けて数字がいいから、オイシイ配当を持ってくるわよ!!
 
 
この荒れるレースで、とびっきりの穴馬を教えるわ。
この馬からなら人気馬に流してもそこそこの配当が期待できるわ!!
知りたいんでしょ!?

 
だったら、下の登録フォームから登録しなさい。
タダで教えてあげるんだから損なんてないわよ!!

 
注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

ダービー卿チャレンジトロフィー

【質問】レース名に「ダービー」が入っていますが、日本ダービーとの関連性は……。
ないことはないよ。
日本ダービーはイギリスのダービーに倣ってつくられたレースであり、
イギリスのダービーを創設したうちの1人が第12代ダービー伯爵。
そして、このダービー卿CTは、第18代ダービー伯爵にちなんで名付けられたレースだからね。
ただし、レースの位置付け、性格、役割なんかは似て非なるものだよ。
日本競馬の頂点に立つ日本ダービーに対し、こちらは単なる古馬G3のハンデ重賞だもん(笑)。
【質問】じゃあ、レース名はいっさい無視して、レースの特徴と傾向について語っていただきたいと思います(笑)。
ダービー卿CTは、東京開催だったり中山開催だったり、距離も千八だったり千六だったり千二だったり、
別定戦だったりハンデ戦だったりと、条件がコロコロ変わってきたレースなんだけど、
2002年に現行の条件になってようやく落ち着いた。
4月1週目に中山芝1600mで行なわれるハンデG3。
これが現在の姿だ。
【質問】となると2002年以降の結果をもとに攻略のヒントを探っていけばいいわけですね?
そうだね。
しかし! ダービー卿CTは難しい! まさに「常識が通用しないレース」なんだ。
【質問】どういうことでしょう?
例えば、中山芝1600mは内枠先行有利と言われ、全体を通して見れば実際にそういう傾向があるんだけど、
このレースは外枠も関係なく活躍していて、なおかつ差し馬もバンバン馬券に絡んでいる。
さらに、近走着順のいい馬よりも、安定性がなかったり、
勢いを感じられなかったりする馬のほうがよく走る。
例外的に好走続きで馬券になるのは高齢馬ばかりで、フレッシュな4~5歳馬はイマイチだったり……。
ね? わけがわからないでしょ? このレースは、セオリーがまったく当てはまらないんだよねぇ。
だから、なんとも無責任なアドバイスになっちゃうんだけど、
「ふだん買わないような馬を買うこと」が的中への近道になると考えたほうがいい。
【質問】それはなんとも、特殊なレースですねぇ(苦笑)。
人気よりも着順のほうが下回っている馬。
あんまり好感が持てないでしょ? 近走欄にそんな成績が並んでいたら、嫌いたくなってしまう。
でも、そういう馬がよく走るから困ってしまう。
【質問】しかし、それだけでは攻略しようがないので、なにか予想の糸口になるような方針がほしいのですが……。
好走馬のステップはさまざまだけど、同じ中山芝1600mを舞台に行なわれる東風S組が頑張っている。
ここで凡走した馬を買いたい(笑)。
あと、中山マイル実績のない1番人気は軽視。
これは鉄則だね。
ハンデ戦になってから1番人気は大不振で、そもそも信頼度は低い。
わずかな好走例を見ると、中山マイル実績を持っている馬か、マイル戦1戦1勝と、
この距離で底を見せていない馬だった。
この条件に合致するかどうかが、取捨を判断する際の目安になるだろう。
【質問】もうちょっとヒントをください!
牝馬はやや苦戦傾向。
たまに連対する馬がいるけど、これらには重賞連対歴を持っていたという共通点がある。
牝馬を買うかどうか迷った際は、重賞連対実績の有無をチェックするようにしたい。
それから、柴田善騎手の奮闘が目立つ。
タカミカヅチ(2009年1番人気1着)のように、人気馬をしっかり勝たせることもあれば、
ダンスフォーウィン(2008年16番人気3着)のように、超人気薄を持ってきて大穴をあけたこともある。
柴田善騎手はG1でバリバリ活躍するジョッキーではないけど、そこは関東の大ベテラン、
地味なレースではちゃんと存在感を示しているんだ。
【質問】最後になにかもうひと声!
このレースならではの特徴というわけじゃないけど、やはり舞台巧者を多く送り出している血統には
注目したほうがいいだろうね。
ディープインパクト、ダイワメジャーあたりの産駒や、ニジンスキー、ロベルト、
ミスタープロスペクター、ノーザンテーストらの血を持った馬は、評価を一枚上げてもいい。
血統に関しては、セオリーを無視せずに、直球勝負で攻めることをオススメしたいね。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る