G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

CBC賞予想 2016

夏の中京の開幕を飾る重賞は日曜日に行われるCBC賞(芝・1200m)よ。

このCBC賞はサマースプリントシリーズで、函館スプリントステークスに続く第2戦として位置づけられていて、秋のスプリンターズステークスを目指す馬にとっては重要なレースになるわ。

とりあえず登録馬を見てちょうだい。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エイシンブルズアイ57.0野中賢二栗東
サクラアドニス53.0村山明栗東
サドンストーム56.0西浦勝一栗東
シンデレラボーイ54.0矢作芳人栗東
スノードラゴン58.5高木登美浦
メイショウライナー54.0高橋義忠栗東
ラインスピリット55.0松永昌博栗東
レッドファルクス56.0尾関知人美浦
ワキノブレイブ56.0清水久詞栗東
ジョディーズロマン48.0飯田雄三栗東
ベルカント55.5角田晃一栗東
ベルルミエール53.0高橋亮栗東
ラヴァーズポイント50.0高橋康之栗東

何!?これ・・・。

例年、G1やG2とレベルの高いレースを走った馬が参戦してくるレースなんだけど、今年は障害帰りや1000万を大敗した馬とかレベルが相当低いメンバーね。

実績のある馬が中心の結果になりそうな気配がするわね。
 
それでは、データを使ってCBC賞を分析していくわ!

前走クラス別成績

前走レース別成績
前走クラス

G1やG2とハイレベルのレースを戦って来た馬が強いのよねぇ。

と言いたいとこだけど、G1から出走して来たのはエイシンブルズアイとベルカントの2頭だけで、G2からの出走はゼロ・・・って。

となると、
G1からの2頭を中心にOP特別から参戦してきた馬になるわね。

【前走G1】
・エイシンブルズアイ
・ベルカント

【前走OP特別】
・サドンストーム
・シンデレラボーイ
・ベルルミエール
・メイショウライナー
・ラインスピリット
・レッドファルクス
・ワキノブレイブ

次に、前走着順別成績

前走着順別成績
着順

前走着順で私が注目したのが、前走3着馬と前走4着馬の複勝率の高さ

出走頭数が多くないのにこれだけの複勝率を出しているんだから、3連複の軸としてはオススメのデータね。

【前走1着】
・レッドファルクス
 
【前走2着】
・該当なし
 
【前走3着】
・スノードラゴン
・メイショウライナー
・サドンストーム
 
【前走4着】
・シンデレラボーイ
 
【前走5着】
・エイシンブルズアイ
・ラインスピリット

次は牡牝別成績ね。


性別

勝率で見ると牝馬の方に分があるレースね。

函館スプリントステークスの予想でも書いたけど“夏は牝馬”とこの言葉がこのレースにも当てはまりそう。
出走している牝馬の実績も重視して予想しなくちゃいけないわね。

【牝馬】
・ジョディーズロマン
・ベルカント
・ベルルミエール
・ラヴァーズポイント

それじゃ、総合的に私の注目馬を発表するわ!


注目馬1
ベルカント
【前走:アルクオーツスプリント(ドバイG1)12着(10番人気)】
 
去年はアイビスサマーダッシュ(G3)と北九州記念(G3)を連勝して挑んだスプリンターズステークス(G1)では13着と負けてしまったけど私が思うに中山の様な急坂はスタミナ的に厳しい気がするわ。
中京も坂があるけど緩やかな坂だから中山ほどの影響はないと思うわ。

 
去年の北九州記念のような3番手位から抜け出せる競馬が理想ね。

牝馬では実績No.1だから注目1番手ね。


注目馬2
エイシンブルズアイ
【前走:高松宮記念(G1)5着(5番人気)】
 
2走前のオーシャンステークスで重賞初制覇を飾って、初めて挑んだ前走の高松宮記念では直線14番手から猛追して5着。
 
スタート後の位置取りが少し後ろ過ぎたのが誤算だったけど、最後は良く伸びて来ているし力は出しているわ。

 
G1でも差の無い競馬をしているからここでは間違いなく上位争をするわ。


注目馬3
スノードラゴン
【前走:かきつばた記念(名古屋G3)3着(3番人気)】
 
一昨年のスプリンターズステークスを勝っている馬なんだけど、その後は脚部不安を発症して1年以上の休み。


その長期休養明けで挑んだ今年3月のオーシャンステークスでは、休み明けを感じさせないほどの伸びを見せて3着でG1馬の力を見せたわね。
 
父アドマイヤコジーンも引退まで息の長い活躍をした血統だから、その血を引いているスノードラゴン、ここで勝ってもおかしくないわよ!


注目馬4
レッドファルクス
【前走:欅ステークス(OP)1着(5番人気)】
 
この馬は、主にダートを主戦場としてきている馬なんだけど、
血統を見ると叔母さんに芝のG1を勝っているスティンガーがいる血統だから、決して芝が不得意という訳ではないと私は思っているわ。
 
過去に、1600万下(芝1200m)でも勝っているしダート馬と決め込んでいると痛い目をみる可能性もあるわ。
叔母さん譲りの切れ味に期待ね。



データが推奨する穴馬。
夏競馬の開幕戦で波乱を起こすのは
この馬よ!!!



注目穴馬

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

CBC賞

【質問】なんかテレビ局のようなレース名ですね(笑)。
だってその通りだもん(笑)。
CBC賞が行なわれる中京競馬場の地元テレビ局、
中部日本放送の略称であるCBCにちなんでいるからね。
まぁ、このレースに限らずレース名にアルファベットが付いている場合は、
たいてい地元のテレビ局というパターン。
競馬との直接の関係はないよ。
【質問】ではこのCBC賞はひと言でどんなレースなんでしょう?
レース条件が変更されてきたレースは多くあるけど、数ある重賞のなかでも屈指の存在と言える。
施行時期、トラック、距離、斤量規定、グレードなど、CBC賞は目まぐるしく条件が変わってきた。
レースそのものの歴史は長いんだけど、同じ条件で行なわれてきたわけではないので、こういうレース!
ということが言いづらい面はあるね。
【質問】現状はどのような条件ですか?
2006年から、夏の中京開催にて芝1200mのG3ハンデ戦で行なわれるようになり、それが定着しつつある。
とはいえ、中京競馬場が改修されたことにより、2012年からコースが別物になってしまったからね。
相変わらず、レース条件は変わりまくっている(苦笑)。
【質問】なんだか、難解なムードが(苦笑)。
ハッキリ言って難しい。
2010年は京都、2011年は阪神で代替開催されているし、
コースをベースに分析するのは無意味に等しいかもしれないね。
前走内容、実績、それからハンデ。
これらの要素から手掛かりを探っていくしかないだろうな。
【質問】難しいながらも、傾向のようなものは見いだせますか?
まずあげられるのは、トップハンデの不振だね。
トウショウカレッジ(2008年1番人気9着・57キロ)、
ペールギュント(2007年1番人気6着・58キロ)のように、1番人気を裏切った馬もいるから、
原則的には疑ってかかるべき。
トップハンデを克服して馬券になっている馬に共通する点は、
同年の高松宮記念でひとケタ着順(2011年のダッシャーゴーゴーは4位入線11着降着なので4着扱い)かつ
今回5番人気以内という条件を満たしていること。
G1でそれなりに結果を出し、ここで勝負圏内という評価を下された馬であれば、
好勝負は可能ということだ。
【質問】つまり、実績面での裏打ちのない人気のトップハンデ馬は……。
かなり危険ということになるね。
【質問】臨戦過程でなにか特徴はありますか?
1400m以上のレースから距離短縮で参戦してきた馬の前走着順は不問だけど、
1200m以下だった組は前走掲示板確保が最低条件になる。
過去の連対馬はみなこれをクリアしているからね。
スプリント路線大敗組の巻き返しは厳しいと認識しておいたほうがいい。
というか、このレースは“千二一本”というタイプがあまり活躍しておらず、
1400m以上のレースを使われている馬の好走が目立つんだ。
着順問わず来ちゃうから絞りづらいけど、距離短縮組にはとりわけ注意が必要になる。
3歳馬ながらに連対を果たした
ダッシャーゴーゴー(2010年マーガレットS1番人気8着・芝1400m→CBC賞7番人気2着)、
エイシンタイガー(2009年葵S2番人気1着・芝1400m→CBC賞5番人気2着)は、
ともに距離短縮組だしね。
新装中京芝1200mコースは、直線に急坂ができるなど、以前よりはるかにタフなコースになったから、
距離短縮組の好走は今後も続くと思う。
とくに同じ左回りの東京芝1400mに実績のある馬には注意を払いたい。
【質問】それ以外でなにか強調しておきたいことはありますか?
左回りと坂という共通点があることが大きいのか、
コースが新しくなってからは東京向きの血統の馬が活躍している印象を受ける。
データがまだ少ないので、これは予測ということになるんだけど、
先ほども触れた東京芝1400mに実績を残している血統の馬は、マークしておいたほうがいいと思うな。
東京は芝1200mコースがないからね。
ディープインパクト、ロージズインメイ、ファルブラヴといった、
本来スプリンター色の強くない種牡馬の産駒が台頭してくる可能性は十分にあるだろう。
あとは短距離戦線では問答無用で強いサクラバクシンオーとクロフネあたりは、
しっかり押さえておきたいね。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る