G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

アーリントンカップ予想 2016

土曜日の阪神競馬場では、3歳重賞のアーリントンカップが行われます。
過去10年の勝ち馬の中から、ミッキーアイル、コパノリチャード、
ジャスタウェイと3頭のG1馬を輩出している出世レースでもあります。
 
今年の3歳のクラシック路線は粒ぞろいですが、
マイル路線に目を向けるとかなり小粒な印象を受けます。
今回のこのレースも難解なレースとなるでしょう。
 
それでは登録馬を見て行きます。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アーバンキッド56.0斎藤誠美浦
ウェーブヒーロー56.0平田修栗東
オデュッセウス56.0手塚貴久美浦
グランセブルス56.0森秀行栗東
ケンホファヴァルト56.0森秀行栗東
シゲルノコギリザメ56.0谷潔栗東
ダンツプリウス56.0山内研二栗東
パールフューチャー56.0中内田充栗東
ヒルノマゼラン56.0昆貢栗東
ビップライブリー56.0清水久詞栗東
ボールライトニング57.0宮本博栗東
マディディ56.0友道康夫栗東
メイショウカネサダ56.0藤沢則雄栗東
ユウチェンジ56.0森秀行栗東
レインボーライン56.0浅見秀一栗東
レオナルド56.0藤原英昭栗東
ロードブレイド56.0高橋義忠栗東
ロスカボス56.0高野友和栗東
ロワアブソリュー56.0須貝尚介栗東

 
 現段階で19頭の登録があります。
 
それでは、アーリントンカップをデータから見ていきます。
これは、アーリントンカップの過去10年のデータになります。
 
人気別成績
1番人気  (2-2-0-6)

2番人気  (2-1-0-7)

3番人気  (1-2-2-5)

4番人気  (1-0-1-8)

5番人気  (2-2-1-5)

6番人気  (1-0-3-6)

7番人気  (0-0-1-9)

8番人気以下(1-3-2-54)

1番人気が10年で4連対と絶対的な信頼は置けません。

逆に、5番人気の連対率が40%、
8番人気以下の連対率も40%と伏兵の台頭も目立つレースです。
 
所属別成績
関東(1-1-2-16)
関西(9-9-8-81)

所属別では、関西馬が圧倒しています。
2009年マイネルエルフ、2015年ヤングマンパワーと伏兵の関東馬の激走が過去に見られているので関東馬を狙うなら人気薄のほうがいいでしょう
2頭の共通点としてオープンのレースで3着に入っています。
 
前走クラス別成績
G1(0-2-1-9)

G2(1-0-0-1)

G3(2-4-4-18)

OP特別(3-1-0-15)

500万下(4-3-4-39)

未勝利(0-0-0-10)

新馬(0-0-1-3)

狙い目は、前走がG3、OP特別、500万下だった馬が狙い目になります。
G2以上のレースを走っていた馬は、見切ってもいいでしょう。
 
前走着順別成績
1着(5-2-3-38)

2着(1-1-1-9)

3着(1-3-0-3)

4着(1-1-1-9)

5着(1-0-3-10)

6着以下(1-3-2-31)

1着馬が5勝と安定感のある数字を残しています。

逆に掲示板外から巻き返し、連対した馬は20頭中4頭しかいませんので
素直に掲示板に入った馬を選んだ方が良さそうです。
 
それでは、注目馬と注目穴馬を発表します。
 
注目馬1
ヒルノマゼラン(栗東・昆厩舎)
【前走:こぶし賞(500万下)1着】

デビューから連対率100%と安定感のある走りを見せています。
前走は馬体重マイナス10㎏と絞って挑み、好位から抜け出し勝ちました。
今回は中1週と強行日程になりますが、マイル戦にも実績があるので面白い1頭でしょう。
 
注目穴馬2
ダンツプリウス(栗東・山内厩舎)
【前走:ジュニアカップ(OP特別)1着】

前走のジュニアカップでは、直線向いて4番手から抜け出しハナ差の勝利。

これまでキャリア8戦と経験豊富なので、
今回みたいな力差のないレースではこれまでの経験が生きてくるはずです。
 
注目馬3
レオナルド(栗東・藤原厩舎)
【前走:シンザン記念(G3)5着】

前走はスタートで後手を踏み後方からの競馬になってしまいましたが、
直線では内を突き5着と掲示板は確保し、初めてのマイルにも十分対応できたと思います。

前でも後ろでも競馬が出来るので、
開幕週の馬場に対応が出来れば好勝負は出来ます。

 
注目馬4
オデュッセウス(美浦・手塚厩舎)
【前走:クロッカスステークス(OP)1着】

オープンで1着1回、2着1回と一定の力は見せています。
但し、距離が1200mと1400mなのでマイルに対応出来るかどうかが課題です。
 

それでは注目穴馬を発表します。

注目穴馬1

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

アーリントンカップ

【質問】アーリントンカップはどんなレースですか?
阪神競馬場の芝外回り1600メートルで施行する重賞競走(G3)。
施行時期は2月下旬・3月上旬(原則1回阪神1日目)で、出走条件は3歳(国際)。

阪神競馬場とアーリントン国際競馬場が、姉妹競馬場の提携を結んだことで、
それまで行われていたペガサスSに代わって、1992年に新設された重賞です。
2006年に阪神競馬場の外回りコースが新設された事により、
2007年以降は外回りコースに変更されました。

クラシック競走やNHKマイルカップを目指す3歳馬にとって、
関西圏におけるステップレースの1つとして位置づけられており、過去10年の勝ち馬はやや小粒ですが、
2008年の3着馬ディープスカイはNHKマイルカップ、日本ダービーを制覇。
それ以前の優勝馬では、2000年エイシンプレストンが国際G13勝、
2001年ダンツフレームが宝塚記念、2002年タニノギムレットが日本ダービー、
2003年ウインクリューガーがNHKマイルカップと4年連続でG1馬を輩出した出世レースです。
【質問】外回りに変わったことで、どうなりましたか?
外回りで行われた2007年以降、過去7年の傾向を探っていこうと思いますが、
まずは阪神外回り1600メートルのコース形態を説明します。

長い直線が2本にコーナーが2回、最後の直線距離は473.6メートルで、
残り1F付近に急坂が設けられています。
直線が長いので差し、追い込み有利の舞台設定ですが、
マイル戦にしてはペースが緩みやすく逃げ、先行が残ることも多いです。

実際、アーリントンCは1回阪神の開幕週に行われることもあって、
脚質別の連対数をみれば逃げ2、先行8、差し3、追込1と逃げ、先行馬に優位の傾向が出ています。
4角で4番手以内にいることが目安になり、また逃げ切った2008年ダンツキッスイ、
2010年コスモセンサーは順に単勝1970円、1760円。
2着に粘った2009年マイネルエルフ、2011年のキョウエイバサラは順に12、11番人気。
伏兵の前残りには警戒が必要と言えます。
【質問】他に重視するポイントはありますか?
3着以内馬21頭中19頭が3戦以上のキャリアを持っていました。
キャリア2戦以下で1番人気に推された4頭は8、4、2、7着なので、ひとつの目安になりそうです。
また新馬、未勝利を勝ってここに挑んだ12頭はすべて着外。
勝った内容が良くても、割り引く必要があります。
あとは距離実績が重要です。
3着以内馬21頭のうち、1600メートル以上の距離に出走経験がなかったのは、
2011年のキョウエイバサラのみ。
また、1600メートル以上の芝で1~3着の成績がなかったのは3頭だけ。
小細工の利かないコースだけに、この条件は重視すべきファクターと言えます。
【質問】では、具体的な馬券戦術を教えてください。
3歳クラシック皐月賞を目指す馬は同時期の弥生賞、スプリングSが前哨戦になり、
アーリントンCは一線級が選ぶローテーションとは言いづらく、
近年のように低調なメンバー構成になることは否めません。
このことが高配当を生む要因のひとつで、2007年と2013年は堅い決着で収まりましたが、
3回の万馬券を含む過去7年の馬連平均配当は12006円。
1番人気、2番人気はともに3連対と信頼できる数字を残しているとは言い難く、
荒れることを前提にした予想の組み立てで良さそうです。

これまでのポイントを整理すれば、キャリア3戦以上で距離経験を重視。
その年の展開を加味する必要はありますが、持久力のある逃げ、先行馬が狙い目になります。
波乱含みなので、相手はあまり絞らず手広く流すことがお勧めです。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る