g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

アンタレスステークス予想 2014

それまで京都競馬場で行われていたレースが12年から阪神競馬場に移った。今回と同じ条件で行われるのはわずか3回目。一昨年と昨年の共通点は1番人気が勝っていること。このレースは別定戦であり、馬の能力はある程度周知のものとなっているので、基本的にはそう大きく荒れるレースではない。一昨年の2着馬アイファーソングは11番人気だったが、人気薄がマイペースで逃げて残ってしまう、という展開面の利に乗じたもので、しょっちゅう起こることではない。

今年は衆目の一致する実力馬◎ニホンピロアワーズが出走してきた。一昨年のジャパンCダートの勝ち馬で、今年に入ってからも東海S、ダイオライト記念を制しているので、力の衰えはない。昨年もこのレースに出走し、2着に敗れているものの、4ヵ月ぶりの実戦で、しかも59キロを背負って57キロのホッコータルマエと4分の3馬身差の接戦だった。今回は3月のダイオライト記念を勝って臨むレースであり、体調面の不安はまったくない。しかも斤量は58キロ。メンバー中最も重いとはいえ、昨年よりはだいぶ楽になった。他馬とはクラスが2つぐらい違うので、ここは相手探しの一戦だろう。

今回のメンバーのなかで、過去1年以内にダート重賞を勝っている馬は、ソロル、クリソライト、ゴールスキーの3頭。クリソライトは成績不振で、ゴールスキーは距離不安となれば、残る馬は○ソロルしかいない。母ラバヤデールはダート王ゴールドアリュールの全妹。この優れたダート血統が高い能力の源泉となっている。昨年の秋以降、フェブラリーSで12着と敗れた以外はすべて馬券圏内に入るという安定ぶり。まだまだ上昇しそうな気配がうかがえるだけに、ここでも馬券圏内を確保するだろう。

トウショウフリークは近3走、ダート交流重賞ばかり走って2、3、2着。すでに7歳を迎えているものの、間違いなくデビュー以来最高といえる水準に達している。武豊騎手が逃げの意思を見せれば他の騎手は控えざるを得ず、マイペースの逃げを打てることはほぼ確実。そうなれば少々ペースがきつくとも容易にバテない。

ナムラビクターの前走は4馬身差の圧勝。芝スタートの長距離戦が向いているとはいえ、ひとつふたつクラスが違うというレースぶりだった。1800m通過1分50秒5なら今回のレースでも十分勝負になる内容。

グランドシチーの前走はトップハンデの58.5キロを背負って9着。2走前のフェブラリーSはG1級のメンバー相手に11着。2戦連続で大敗を喫しているとはいえ、内容を見れば決して悪くない。今回は56キロ。しかも岩田騎手に乗り替わり。勝負気配が漂う。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る