G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

スワンステークス予想 2016

土曜日に京都競馬場で行われる短距離重賞・スワンステークスの予想をしていくわ。

このレースの1着馬にマイルチャンピオンシップへの優先出走権が与えられるレースとなっているわ。

ここ2年は落ち着いた配当になっているけど、過去の払い戻しを見ると結構荒れているから天皇賞の資金稼ぎにはもってこいのレースね。
 
まず、登録馬を見てちょうだい。
 
競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エイシンスパルタン56.0藤岡健一栗東
エイシンブルズアイ56.0野中賢二栗東
サトノアラジン57.0池江泰寿栗東
サトノルパン56.0村山明栗東
サンライズメジャー56.0浜田多実栗東
ダンスディレクター56.0笹田和秀栗東
ダンツプリウス55.0山内研二栗東
ティーハーフ56.0西浦勝一栗東
テイエムタイホー56.0鈴木孝志栗東
バクシンテイオー56.0堀宣行美浦
フィエロ56.0藤原英昭栗東
ブラヴィッシモ56.0須貝尚介栗東
ミッキーラブソング56.0橋口慎介栗東
ムーンクレスト56.0本田優栗東
アルビアーノ55.0木村哲也美浦
ペイシャフェリス54.0高市圭二美浦
ラインハート54.0須貝尚介栗東
ランドクイーン54.0和田正一美浦
メイショウナルトセン56.0本田優栗東

フルゲート18頭に対して19頭の登録があるわ。

去年の勝ち馬のアルビアーノは、このレース初の連覇に挑むわ。
 
それじゃ、データを使ってスワンステークスを分析していくわ。

以下のデータは、過去10年分のものになるわ。

 
まずは、前走クラス別成績
前走クラス別成績
前走クラス別
 
前走クラス別成績を見ると、重賞組は良いんだけど最多の勝ち馬を出しているのはオープン特別から出走した馬たち。
 
前走G1組の次に狙うのはオープンから出走した馬になるわ。

オープンからの参戦だと極端に人気になることも少ないから配当の妙味もあって狙い目としては良いと思うわよ。
 
【前走G1】
・アルビアーノ(高松宮記念)
・サトノアラジン(安田記念)
・サトノルパン(スプリンターズステークス)
・ダンスディレクター(スプリンターズステークス)
・ダンツプリウス(NHKマイルカップ)
・ティーハーフ(スプリンターズステークス)
・フィエロ(安田記念) 

【前走G2】
・エイシンスパルタン(京王杯スプリングカップ)
・エイシンブルズアイ(セントウルステークス)
・サンライズメジャー(京王杯スプリングカップ) 

【前走G3】
・テイエムタイホー(京成杯オータムハンデ)
・バクシンテイオー(北九州記念)
・メイショウナルト(新潟記念) 

【前走オープン】
・ペイシャフェリス(信越ステークス)
・ミッキーラブソング(パラダイスステークス)
・ラインハート(オパールステークス) 

ここに名前のない馬は1600万以下に出走した馬だから省かせてもらったわ。
 
 
次は前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順別成績
 
前走掲示板内で1番成績が良いのは4着だった馬ね。
 
全体的に見て目立つのは、前走で6着以下だった馬の激走が多く見受けられるわ。
 
狙い目としては極端で、1着・4着・掲示板外の馬と言うことになるわね。
 
【前走1着】
・バクシンテイオー
・ブラヴィッシモ
・ムーンクレスト

【前走4着】
・サトノアラジン
・ダンツプリウス 
 
【前走掲示板外】
・エイシンスパルタン(7着)
・エイシンブルズアイ(8着)
・サトノルパン(7着)
・ダンスディレクター(15着)
・ティーハーフ(8着)
・テイエムタイホー(15着)
・ペイシャフェリス(8着)
・ミッキーラブソング(8着)
・メイショウナルト(12着)
・ラインハート(11着)
・ランドクイーン(16着) 
 
 
最後は前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気別成績
 
このデータを見ると、前走5番人気以内の馬で7勝と前走の人気ではある程度人気になった馬を信頼した方が良さそうね。
 
とは言え、3着まで広げると前走6〜9番人気と伏兵扱いだった馬にもチャンスは十分にあるわ。
 
【前走5番人気以内】
・アルビアーノ(3番人気)
・エイシンスパルタン(1番人気)
・エイシンブルズアイ(5番人気)
・サトノアラジン(3番人気)
・ダンスディレクター(4番人気)
・ブラヴィッシモ(1番人気)
・ペイシャフェリス(5番人気)
・ミッキーラブソング(1番人気)
・ムーンクレスト(2番人気) 

【前走6〜9番人気】
・サンライズメジャー(7番人気)
・ダンツプリウス(7番人気)
・バクシンテイオー(8番人気)
・フィエロ(6番人気)
・ラインハート(9番人気) 

ここに名前のない馬は全て2桁人気だから省いたわ。
 

ここまでのデータをまとめるわよ!
 
【前走クラス別成績】
前走オープンだった馬が狙い目
 
【前走着順別成績】
1着・4着・掲示板外の馬がデータ上は良い
 
【前走人気別成績】
勝ち馬は前走5番人気以内で、3着には前走6〜9番人気が突っ込んでくる
 
 
これらのデータを各馬のレース内容から現段階での私の注目馬を発表するわ。
 
注目馬1
ミッキーラブソング
【前走:パラダイスステークス(OP)8着(1番人気)】
 
母は、2007年にヴィクトリアマイルを制したコイウタ。
 
母同様に徐々に力を付けて来ていて、今年に入って重賞でも差のないレースが出来るようになってきたし、1200mでは短く1600mでは長いことを考えれば現状では1400mがベストの距離と言えるわ。
 
出遅れて負けた前走は度外視出来るし、得意な京都で巻き返しに期待ね。
 

注目馬2
サトノアラジン
【前走:安田記念(G1)4着(3番人気)】
 
春の京王杯スプリングカップで重賞初制覇を飾ったサトノアラジン。
 
2歳時から評判は高かったのになかなか重賞に手が届かずやっと掴んだのが2走前。

初めての距離にも戸惑うこともなく追走出来ていたし、ラスト3ハロンの32.4は圧巻だったわ。
 
今回は、不安の残る右回りでのレースになるけど、充実著しい今なら克服可能ね。
 
マイルチャンピオンシップに向けて格好の付けたいレースだわ。
 

注目馬3
アルビアーノ
【前走:高松宮記念(G1)3着(3番人気)】
 
去年のこのレースの覇者であるアルビアーノ。
 
前走の高松宮記念では、差し馬で最先着の3着と短い距離で力があるところは見せることが出来たわね。
 
去年このレースを制した時は、京成杯オータムハンデを叩いてこのレースに臨んだけど、今年は高松宮記念以来7ヶ月の休み明けとなるの。
 
この馬自身、間隔が空くと力を発揮しづらい馬だから今回も多少の割引が必要になってくると思うわ。
 
とは言え、連覇がかかる以上注目しないわけにはいかないわね。
 

注目馬4
フィエロ
【前走:安田記念(G1)3着(6番人気)】
 
安田記念から出走するのは、好走した去年と同じパターン。
 
前走はメンバー最速の上がりをマークしたりと年齢的な衰えはなさそうね。

フィエロの京都での成績は複勝率が89%と高い複勝率を誇っていて、今回も軽視するのは難しそうね。
 
去年の安田記念以来のコンビとなる戸崎圭太騎手の手綱捌きにも期待ね。
 

主役不在のスワンステークス
一筋縄ではいかないこのレース
エビコが見つけた穴馬は底を見せていないあの馬だ!!

 

注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます
 

実績
 

  登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

スワンステークス

【質問】白鳥、ですね。レース名に動物の名前が入る重賞レースって珍しくないですか?
言われてみれば確かに(笑)。
考えたこともなかったよ。
京都競馬場の馬場内の池には白鳥が放されているからね。
レース名はそれに由来しているんだ。
でも、実際のレースはそんなに優雅なものではなく、毎年熱戦が展開されている。
【質問】どんな位置付けのレースですか?
10月最終週に組まれている、京都ではおなじみの1400m重賞で、
3週間後に行なわれるマイルチャンピオンシップの前哨戦に位置付けられるレースだ。
かつてはこのレースを使った組が本番でも活躍する傾向にあったけど、近年、直結度は弱くなっている。
マイラータイプではなく、スピードに勝ったスプリンタータイプの馬が速いタイムで快勝するケースも多いね。
【質問】過去のレースの勝ちタイムを見ると、軒並み速いですね。1分20秒台、21秒台は当たり前で、20秒を切ることも珍しくない。
そうなんだよ。
なにより必要なのはスピード。
1200mでも一線級と戦えるような馬がいたら、注目して損はない。
その証拠に、スプリンターズSからこのレースに臨んでくる馬の成績はいいんだ。
なかでも、掲示板に載れなかった馬が活躍する傾向にある。
マルカフェニックス(2010年スプリンターズS9着→スワンS3番人気1着)、
キンシャサノキセキ(2009年スプリンターズS12着→スワンS4番人気1着)、
タマモホットプレイ(2004年スプリンターズS8着→スワンS10番人気1着)なんかが好例だね。
前走で完全に力を出し切っておらず、余力を残して負けたことが、
このレースでの好走につながっているのかもしれない。
ただ一点注意したいのは、過去の連対馬はほぼ例外なく重賞連対実績と1400~1600m戦の連対実績を
持っていたということ。
単なるスプリンターではなく、重賞で勝ち負けできる能力と、
千四以上もこなせるスタミナを持っていることを証明している馬でないと厳しいと覚えておこう。
【質問】スプリンターズS以外で、なにか注目できる臨戦過程はありますか?
けっこうバラバラだね。
過去の連対馬を見ていくと、休み明けの馬もいれば、毎日王冠組もいれば、セントウルS組もいる。
2009年に16番人気で2着に激走したアーリーロブスト(前走白山大賞典)のように、
前走が地方交流重賞という馬もいる。
スプリンターズS以外の強力ローテというのは、とくに見当たらない。
その代わり、前走着順をチェックすると、一定の好走パターンが見えてくるよ。
【質問】具体的になにをチェックすればいいでしょう?
前走がオープン特別の場合は1着、G3の場合は3着以内、G1・G2の場合は着順問わず。
これが取捨のひとつの目安になる。
G1・G2は好走組よりも、4着以下に負けている組のほうが活躍傾向にある。
ひと言でまとめてしまえば、格下レースの好走組と同格・格上レースの凡走組の争いの構図、
ということになるね。
前走条件戦組はあっても3着まで。
それも、1600万クラスを1番人気で勝っていることが最低条件になる。
【質問】これはけっこうわかりやすい傾向ですね。
ただ、ちょっとやっかいな面もある。
上位人気が全滅という極端な決着になることはないんだけど、ほぼ毎年のように、
ふたケタ人気のとんでもない穴馬が3着以内に突っ込んでくるんだよ。
これを決め打ちするのは容易ではない。
荒れてくれるのはうれしいんだけど、馬券は手広く買う必要があるだろうなぁ。
とくに3連系はね。
【質問】穴馬の好走を見抜く手段はありますか?
そうだねぇ。
鍵になりそうなのは、3歳馬の扱いかな。
このレースは菊花賞や天皇賞(秋)の中長距離路線ではなく、
マイル路線やスプリント路線に矛先を定めてきた3歳馬が近年多く出走するようになったんだけど、
アーリーロブスト(2009年16番人気2着)、タマモホットプレイ(2004年10番人気1着)、
ギャラントアロー(2003年11番人気1着)というように、連対しているのはみんな2ケタ人気なんだ。
超人気薄の一本釣りは容易ではないけどね。
3歳馬に賭けてみるというのは、ひとつの手かもしれないなぁ。
【質問】ほかに「これは買っておけ!」という条件はありますか?
福永騎手騎乗馬だね。
メイショウボーラーで3着に来た2004年以降、毎年のように3着以内に入っているから。
単なる「得意」や「好相性」では片付けられない。
間違いなく「福永は買っておけ!」だね。
人気薄に騎乗していたら、チャンスだと思おう!
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る