g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報

ステイヤーズステークス予想 2014

 中山が改修工事を終え今週から再開。そのトップを務めるのが最長距離のマラソン重賞であるステイヤーズステークス。3600mという距離を走るスタミナはもちろんだが中山内回りでコーナーを8つ回るため、器用さも求められる。そのためステップとなるレースではアルゼンチン共和国杯が最重要となっているが、求められるものが違い過ぎるため二桁着順からの巻き返しも多々あるのがこのレースの特徴の一つ。また、過去の好走馬の傾向としては長距離実績がある馬(菊花賞馬デルタブルース、春の天皇賞マイネルキッツ、フォゲッタブルやフローテーションの菊花賞2着馬)やリピーター(トウカイトリック、ネヴァブション、デスペラード)が目立つレースでもありその存在は軽視できない。

以上のことからデスペラード。昨年はアルゼンチン共和国杯6着からの巻き返し。今年のアルゼンチン共和国杯での自身の走破時計は昨年のそれから0,4秒遅いだけ。ならば昨年と同様に前走の敗戦を気にする必要はないだろう。追い切りでは明らかに前走の動きを上回っておりまさにここに照準を合わせてきたと見ていいだろう。普段なら昨年の覇者としてマークが厳しくなりそうだが、今年は恐らくホッコーブレーヴかクリールカイザーが一番人気でこの馬自身がビッシリとマークに合うという展開は考えづらい。鞍上の手腕が発揮されるコースでもありここはこの馬、横山典騎手を信頼したい。

対抗にはアルゼンチン共和国杯でも2着と好走し正に充実期といえる○クリールカイザー。新潟の内回り、東京と求められるものが全く異なるコースのGIIで立て続けに好走し、この秋一気にその素質が覚醒した一頭。思えば3歳春にクラシックに乗りかけた馬で強い5歳世代の一角。中山で4勝を挙げておりトリッキーな中山も器用にこなせるタイプ。今の勢いなら重賞制覇も時間の問題。

単穴には▲ファタモルガーナ。一昨年、準オープンの身でこのレースに参戦し2着。前走のアイルランドトロフィーでは4着だったが2着とはタイム差なし。ましてや1年4ヶ月ぶりの実戦だったことを考慮すれば上々の内容と言って良いだろう。上積みは確かで当時と変わらず斤量も56㎏なら食い込む可能性は十分にある。

あとは菊花賞2着馬で屈腱炎から復帰し一叩きされた☆スカイディグニティ、△には長距離戦でこその馬で3走前にはクリールカイザーに先着しているモビールまで。アルゼンチン共和国杯からの巻き返しが多いレースではあるが人気のホッコーブレーヴは今までの休み明けの成績や得意の東京だったことを加味すると前走が情けなさ過ぎる。状態面にも未だに不安が残り軽視したい。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る