G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

セントウルステークス予想 2016

先週で今年の夏競馬が終わり、今週から秋競馬が始まるわ。

この時期になるといよいよ今年の競馬も終わりに近づいているなと感慨深くなるのよね。

関西圏では阪神開催が始まって、開幕週を飾る重賞はスプリント戦のセントウルステークス(G2)が行われるわ。

このレースはスプリンターズステークスの前哨戦となっていて、秋のスプリント王を目指す馬たちが出走してくるわ。
 
秋競馬の第一戦、先週に続いて今週も当てるわよ~

それじゃ登録馬を見ていくわ。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アースソニック56.0中竹和也栗東
アットウィル56.0高橋義忠栗東
エイシンブルズアイ56.0野中賢二栗東
スノードラゴン57.0高木登美浦
ダンスディレクター56.0笹田和秀栗東
ティーハーフ56.0西浦勝一栗東
ネロ56.0森秀行栗東
ビッグアーサー58.0藤岡健一栗東
マイネルエテルネル56.0西園正都栗東
メイショウライナー56.0高橋義忠栗東
レッドアリオン56.0橋口慎介栗東
ワキノブレイブ56.0清水久詞栗東
ウリウリ54.0藤原英昭栗東
ラヴァーズポイント54.0高橋康之栗東

フルゲート16頭に対して14頭の登録馬があるわ。

現状では、全馬出走できる状態となっているわね。
 
注目は何と言っても春のスプリント王 “ビッグアーサー”の参戦!

1番人気で勝った前走のレースを見れば、ここでは負けるわけにはいかないし大注目よ!!
 
じゃ、本当にビッグアーサーは鉄板なのか??

その疑問にお答えすべくデータを使ってセントウルステークスを分析していくわ。


以下のデータは、中京競馬場で行われた2006年を除いた過去9回分のデータになるわ。


最初は、前走クラス別成績。
前走クラス別成績
前走クラス

前走クラス別成績を見ると圧倒的にG3組が圧倒的な好成績を収めているわ。
 
G3をレースで見ると、北九州記念とアイビスサマーダッシュが相性良いのよ。

重賞組が中心なのは間違いないけど、中心に据えるのはG3で相手にG1という予想の立て方が良いわね。
 
【前走G1】
・ウリウリ
ビッグアーサー 

【前走G2】
該当馬なし 

【前走G3】
アットウィル
アースソニック
エイシンブルズアイ
スノードラゴン
ダンスディレクター
ティーハーフ
ネロ
マイネルエテルネル
メイショウライナー
ラヴァーズポイント
レッドアリオン
 
【前走オープン特別】
ワキノブレイブ


次は、前走着順別成績。

前走着順別成績
前走着順

高い信頼度という物では無いけれど、前走1着〜3着馬の率が若干高めね。

前走6着以下の掲示板外の馬の巻き返しも見受けられるから、馬券の相手には手広く押さえた方が良いわね。
 
【前走1着】
・ダンスディレクター
ビッグアーサー 

【前走2着】
ネロ
ワキノブレイブ 

【前走3着】
該当馬なし 

【前走4着】
アットウィル 

【前走5着】
該当馬なし 

【前走6着〜9着】
アースソニック
エイシンブルズアイ
スノードラゴン
マイネルエテルネル
メイショウライナー 

【前走10着以下】
ウリウリ
ティーハーフ
ラヴァーズポイントレッドアリオン


最後は年齢別成績。

年齢別成績
年齢

過去9回の勝ち馬の年齢は3歳〜5歳馬までと偏っているわね。

ただ、今年の登録馬を見ると3歳馬と4歳馬が不在と異例のメンバー構成となっていて、こんなメンバー構成となれば中心は5歳馬ね。

とは言え、14頭の登録馬のうち9頭が6歳馬だからここも無視するわけにはいかないね。
 
【5歳】
・エイシンブルズアイ
ネロ
ビッグアーサー 

【6歳】
アットウィル
ウリウリ
ダンスディレクター
ティーハーフ
マイネルエテルネル
メイショウライナー
ラヴァーズポイント
レッドアリオン
ワキノブレイブ
 
【7歳以上】
アースソニック(7歳)
スノードラゴン(8歳)


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。


■前走クラス別成績 
G3組が圧倒的な好成績を挙げている
 
■前走着順別成績 
前走1着〜3着が割と好走しているが、掲示板外も無下には出来ない
 
■年齢別成績 
5歳馬が中心になる


それじゃ私のオススメ馬を発表するわ。

注目馬1
ビッグアーサー(5歳)
【前走:高松宮記念1着(1番人気)】
 
重賞制覇の届きそうながら叶わなかった馬が前走の高松宮記念であっさりG1制覇。

サクラバクシンオーの最高傑作にして父を超えるスプリンターを目指すべくこのレースから始動ね。

 
目標はこのレースじゃなくてスプリンターズステークスだし、もし参戦するなら12月の香港スプリントが見えるから状態的には7分〜8分での出走が濃厚。
 
高松宮記念から約半年の休み明けと万全の状態じゃない中でしっかりと結果を残せるか注目ね。



注目馬2
エイシンブルズアイ(5歳)
【前走:CBC賞9着(1番人気)】
 
1番人気に押された前走のCBC賞は、過去最高馬体重(480キロ)の影響といつもより前の位置でレースした事で、持ち前の切れ味を生かせず9着と結果は残せなかったのよね。
 
とは言え、
高松宮記念ではビッグアーサーと0.5差のレースが出来ているし、馬体重がしっかりと絞れてくれば、地力はあるから巻き返しも可能ね。


注目馬3
ネロ(5歳)
【前走:アイビスサマーダッシュ2着(2番人気)】

 
ここ2走は1000mの直線競馬で結果を残していて、3走ぶりの1200mと初めて走る阪神コースへの対応が鍵になってくるね。
 
前走クラス別成績で示したようにアイビスサマーダッシュ組も好成績を残しているし、先行できるスピードも備えているから今後に向けて大事なレースになるわね。


注目馬4
ダンスディレクター(6歳)
【前走:シルクロードステークス1着(2番人気)】
 
前走のシルクロードステークスで待望の重賞初制覇。

その勢いで高松宮記念での走りに注目していたけど、脚部不安で長い休養に入ってここが7ヶ月半ぶりの復帰戦。


久々のレースで持ち味の末脚をどこまで発揮できるかがポイントになるわ。
 
間違いなく持っている能力はG1級だしスプリンターズステークスに出走するためにも、良いレースを期待したいわ。


ビッグアーサー以外が混戦のセントウルステークス。
力が横一線の2番手以下から抜け出して王者に迫る馬をエビコは見つけた!!

その馬とは一体・・・。



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

セントウルステークス

【質問】セントウルSは国際レースなんですね。過去に外国馬の好走例もありますし。
そう。
もともとは秋最初の阪神開催最終日に芝1400mのG3重賞として行なわれていたんだけど、2000年の
スプリンターズSの施行時期移行に伴い、このセントウルSも開幕週に移って距離は1200mに改められた。
2005年に国際レースになり、2006年にはG2に格上げされ、
同時にサマースプリントシリーズの最終戦に組み込まれるようになった。
90年代後半から、その姿を年々変えてきているレースと言えるね。
【質問】じゃあ、好走馬のタイプもバラエティ豊かということですよね。
そうなるね。
スプリンターズSの叩き台として使う一線級。
サマースプリントチャンピオンを目指す夏競馬連戦組。
そして外国馬。
こういった勢力が相まみえる構図になっている。
ただ、馬券の傾向はハッキリしているよ。
比較的攻略しやすい部類に入ると思う。
【質問】それは頼もしい!
阪神芝1200mはハイペースになると最後の急坂で先行勢が止まり、一気の形勢逆転が見られるコース
だけど、このレースは開幕週に行なわれることもあって、逃げ・先行馬が好成績を収めている。
テンに速く、時計勝負に強いタイプは絶対に軽視できないね。
差し・追込タイプを狙うのなら、
中山や阪神など直線に急坂のあるコースに実績のある馬に絞ったほうがいいだろう。
ちなみに、枠順の内外の有利不利はほとんどない。
【質問】臨戦過程はどうですか?
勝ち馬に限って言えば、休み明けは厳しい。
夏場を休養に充て、スプリンターズSの前にひと叩き、という馬よりも、
夏競馬を使われてきた馬のほうが圧倒的に優勢なんだ。
休み明けで2着に来ている馬は何頭かいるんだけど、
これらは近2走以内にG13着以内歴を持つという共通点がある。
G1実績のない休養明けの馬は、ハナから無視しても大丈夫だろう。
この傾向は外国馬にも見られ、過去に好走した外国馬はみんな近2走以内にG13着以内歴を持っている。
夏競馬を使われていない馬は、近2走以内にG13着以内歴があるか否かをチェックすれば、
簡単に取捨を判断できるということになるね。
【質問】1着が獲れるタイプ、2着までのタイプ、圏外濃厚のタイプがわかるのは助かりますね。
3連単フォーメーションなんかを買う場合はとくに参考になるね。
あと臨戦過程でもう2点ほど付け加えておこう。
ひとつは、北九州記念からの連続好走が望めないということ。
前走北九州記念連対馬で、このレースで馬券になったのは、
メリッサ(2011年北九州記念1着→セントウルS3着)くらいしかいない。
それ以外は人気の有無にかかわらずコロコロ負けているんだ。
もうひとつは、穴馬は2走前にアイビスサマーダッシュを使っている馬に潜んでいるということ。
過去にふたケタ人気で馬券になっている日本馬は、アイビスSD→芝1200m重賞→セントウルSという
ローテで、近2走はいずれもひとケタ着順という条件におおむね該当している。
コスモベル(2009年アイビスSD6着→北九州記念6着→セントウルS11番人気3着)がその典型例だね。
この傾向は覚えておいて損はない。
【質問】確かに、このレースは攻略しやすいかもしれませんね~。
まだまだあるよ。
時期的に夏競馬の延長のようなレースなので、「夏は牝馬」の格言通り牝馬が強い。
そして、サクラバクシンオー産駒がやたらと強い。
それから、大型馬が強い傾向で、460キロを切る馬の好走例はほとんどない。
日本馬で好走可能なのは6歳まで。
7歳以上は期待薄。
日本馬は58キロ以上が苦戦傾向で、サニングデール(2004年3着・59キロ)、
ダッシャーゴーゴー(2011年3着・58キロ)くらいしか好走例がない。
逆に外国馬は59キロでも勝負になる。
だいたいこんなところかな。
【質問】十分すぎると思います。
これだけ傾向がハッキリしているレースだから、しっかりと的中に結び付けたいよね。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る