G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

ローズステークス予想 2016

今週の日曜日に阪神競馬場では、秋華賞トライアルのローズステークスが行われるわ。

先日、中山競馬場で行われた紫苑ステークス同様に、ローズステークスでも3着までの馬に秋華賞への優先出走権が与えられるわ。
 
阪神の外回りコースは
力通りに決まることが比較的に多いけど、ローズステークスに限れば有力馬は休み明けが多いため、夏に力を付けた馬が馬券に絡むことがあるの。

3年前は3連単で26万馬券、2年前は75万馬券と大荒れする事もあるから予想し甲斐のあるレースよ。
 
とは言っても今年はねぇ・・・。
まず、今年の登録馬を見てちょうだい。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アットザシーサイド54.0浅見秀一栗東
アドマイヤリード54.0須貝尚介栗東
カイザーバル54.0角居勝彦栗東
クィーンズベスト54.0大久保龍栗東
クリノサンスーシ54.0大根田裕栗東
クリノラホール54.0谷潔栗東
クロコスミア54.0西浦勝一栗東
シンハライト54.0石坂正栗東
ジュエラー54.0藤岡健一栗東
テラノヴァ54.0須貝尚介栗東
デンコウアンジュ54.0荒川義之栗東
バレエダンサー54.0尾関知人美浦
フォールインラブ54.0音無秀孝栗東
フライングレディ54.0須貝尚介栗東
フロムマイハート54.0宮本博栗東
ヘイハチハピネス54.0作田誠二栗東
ラベンダーヴァレイ54.0藤原英昭栗東
レッドアヴァンセ54.0音無秀孝栗東
 
注目は何と言っても、『桜花賞馬・ジュエラー vs オークス馬・シンハライト』よね。

と言うことで、今年は大荒れする事はなさそう!

やる事はこの2頭に割って入る伏兵馬を見つけ出し、少しでも高配当を導き出すことよ!
 
それじゃ、いつも通りデータを使って予想していくわ。


以下のデータは、ローズステークスが阪神・芝1800mになった2007年以降の9回分のデータになるわ。


最初は、前走クラス別成績。
前走クラス別成績
前走クラス

このデータから分かるのは、G1から参戦した馬が圧倒的に有利という事。

夏を使って力を付けた馬より、春のクラシックを戦った馬の方に分があると言うことね。
 
ただ、1000万以下のクラスから挑んだ馬は、伏兵として3着に入る事が多くこう言う馬を見つけられれば少し配当が上がるわね。
 
とにかくこのデータからの中心は前走G1を走った馬。

そのG1でもオークスの方が成績は良いから覚えておくのよ。


【前走:オークス】
・アットザシーサイド
アドマイヤリード
シンハライト
デンコウアンジュ
フロムマイハート
レッドアヴァンセ
 
【前走:桜花賞】
ジュエラー 

【前走:G2】
クロコスミア 

【前走:G3】
クィーンズベスト 

【前走:1600万下】
該当馬なし 

【前走:1000万下】
カイザーバル
テラノヴァ
フォールインラブ
フライングレディ 

【前走:500万下】
クリノサンスーシ
クリノラホール
バレエダンサー
ラベンダーヴァレイ 

【前走:未勝利】
該当馬なし 

【前走:地方】
ヘイハチハピネス
※前走地方馬の複勝率は0%


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

前走着順別成績を見ると、前走1着馬が最多の12頭も馬券に絡んでいるのが分かるわ。

前走2着馬も勝ち馬こそ出していないけど高い複勝率を上げているわ。
 
6着以下の掲示板外の馬も数頭3着以内があるけど、6着以下で馬券に絡んでいるのはオークスで大敗した馬が中心だから、条件戦などの馬を無理に拾っちゃダメよ!


【前走:1着】
・シンハライト
ジュエラー
ヘイハチハピネス
ラベンダーヴァレイ
 
【前走:2着】
クリノラホール
テラノヴァ
 
【前走:6着〜9着】
カイザーバル
クリノサンスーシ
デンコウアンジュ
バレエダンサー
フライングレディ
レッドアヴァンセ
 
【前走:オークス10着以下】
アットザシーサイド
アドマイヤリード
・フロムマイハート


最後は前走人気別成績よ。

前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、前走1番人気に支持された馬の過去9年で1勝、ちょっと良くない成績ね。

割合で考えると、2番人気・3番人気に押された馬の方が高い率をマークしているわ。
 
また、逆に前走6番人気以下だった馬の巻き返しも見受けられるのね。

ただ、これは上記にも書いたけれどオークス組が対象よ。

【前走1番人気】
・カイザーバル
シンハライト
 
【前走2番人気】
クリノラホール
フライングレディ
ラベンダーヴァレイ

【前走3番人気】
ジュエラー
ヘイハチハピネス
 
【前走オークス6番人気以下】
アドマイヤリード
デンコウアンジュ
フロムマイハート
レッドアヴァンセ

さて、ここまで出したデータをまとめるわ。


【前走クラス別成績】
G1(オークス)から挑んだ馬が圧倒的に強い
                            
【前走着順別成績】
前走1着馬が最多の4
 
【前走人気別成績】
前走1番人気は過去9回で1勝のみ



これらのデータを基に各馬のレース内容も加えて、私のオススメ馬を発表するわ。

注目馬1
シンハライト
【前走:オークス1着(1番人気)】
 
無敗で挑んだ桜花賞では、完璧な騎乗を見せながらもジュエラーの末脚に屈したのよ。

でも、そのジュエラーのいないオークスではきっちり勝利。
 
ライバルのジュエラーは、骨折明けと万全の状態とは言い難い一方、このシンハライトは順調に夏を過ごしてきたわ。

 
臨戦過程と言う意味でも、負けられない1戦ね。


注目馬2
ジュエラー
【前走:桜花賞1着(3番人気)】
                        
チューリップ賞で競り負けたシンハライトを桜花賞本番では差し切り勝ち。
 
決め打ちをしたミルコ・デムーロ騎手の腕とそれに応えたジュエラーの末脚には驚いたわ。

もちろん2冠の期待は大きかったけどその後に骨折が判明。

症状は重くなく、陣営は真っ先に目標をここに定めて調整してきたわ。

 
骨折明けで万全ではないけれど力は互角だから次に繋がる走りを期待したいわ。


注目馬3
レッドアヴァンセ
【前走;オークス7着(11番人気)】
 
4走前のエルフィンステークスで、大外から差し切った脚はシンハライトやジュエラーにも引けを取らないものだと思うわ。
 
ただ、桜花賞、オークスでイマイチ力を発揮できなかったのはチューリップ賞で減った馬体重が影響したわね。

 
今回は、休み明けだから馬体重はしっかり戻ってくるはずだし、馬体さえ回復していればこの馬の破壊力は驚異よ。


注目馬4
アットザシーサイド
【前走:オークス11着(4番人気)】
 
桜花賞でシンハライト、ジュエラーと差のないレースを見せて、4番人気に押されたオークスでは距離が長かったようで直線で伸びきることが出来ずに11着と大敗。

 
決め手では、上位2頭には劣るかもしれないけど、2頭より前でレースが出来るのは強みになるのは間違いないわ。
 
距離短縮も歓迎だし、オークスのような惨敗は考えにくいわ。


あと一頭が難しい混戦のローズステークス。
過去2走は凡走だったけれどここでは差し切ってくるわ!
人気薄の今回が理想の馬券になるわよ!!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


2016年の的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

ローズステークス

【質問】ローズS。牝馬三冠最終戦・秋華賞のトライアルですよね?
そうだね。
秋華賞が創設される前、エリザベス女王杯が3歳限定戦だったころから、
牝馬三冠最終戦のトライアルとして定着している。
秋華賞トライアルとしては長らく芝2000mで行なわれてきたけど、
阪神競馬場のコース改修により2007年から1800mに変更された。
ただ、レース傾向は大きく変わっていないよ。
【質問】まさにそのレース傾向を聞きたいんですが。
このレースはとにかく簡単。
オークスからの直行組を中心に買えば、まず間違いない。
ほぼ毎年馬券に絡んでいるし、ワンツーを決める年もしょっちゅうある。
この時期のレースは「春の実績馬VS夏の上がり馬」なんて表現がよく使われるけど、
ローズSは春の実績馬が圧倒していると覚えておこう。
【質問】やっぱり、オークスでは上位着の馬のほうが活躍していますよね?
そう……ではあるんだけど、オークスの勝ち馬は意外にも苦戦しているんだ。
近年でオークスとこのローズSを連勝したのは2012年の三冠牝馬ジェンティルドンナくらいで、
のちに三冠を達成するスティルインラブやアパパネは、それぞれ5着、4着に敗れている。
三冠牝馬以外でも、エリンコート(2011年6着)、トールポピー(2008年6着)、
ダイワエルシエーロ(2004年7着)など、オークス馬は総崩れ。
【質問】これはひどいですね……。
オークス馬にとっては鬼門とも言えるレースだよね。
牝馬は仕上げが難しいから、春にいったん完調にした馬体を夏場に緩め、
再びつくり上げるのは大変なことなんだろう。
ほとんどのオークス馬が大幅なプラス体重で負けているので、
馬体重はしっかりチェックしたほうがいいだろうね。
【質問】先ほどオークス組が断然と言っていましたので、オークスの勝ち馬はダメでも、2着以下だった馬が狙い目になるということですか?
そう考えるべきだね。
とくにオークス2着馬はものすごく活躍しているので、軸選びに悩んだときは、
託してみるのもひとつの手だろう。
オークス以外の別路線組に関しては、芝1800m以上のオープン勝ち実績があるかどうかが重要。
近年、別路線で馬券になったワイルドラズベリー(2010年2着)は忘れな草賞(芝2000m)勝ち、
そしてムードインディゴ(2008年2着)は白百合S(芝1800m)勝ちの実績を持っていた。
このあたりまで押さえておけば、有力候補をだいぶ絞れるんじゃないかな。
【質問】1800m戦になってから見られる傾向のようなものはありますか?
阪神芝1800mコースは3~4コーナーの距離が長く、馬場が良ければ内を通ってきた馬が有利。
そして、好位の差しはけっこう利く。
ハイペースにならないと後方一気は厳しいけど、このレースは追込馬の台頭も目立つので、
脚質にはあまりこだわらないほうがいいかもしれない。
ポイントになるのは位置取りよりも速い上がりが使えるかどうかだね。
瞬発力勝負になりやすいから、とにかくキレる脚を持っている馬には注目したほうがいい。
近走で上がり最速の競馬をした馬なんかは、格好のターゲットになると思うよ。
逃げ切り勝ちを収めたのはダイワスカーレット(2007年)くらいのものなので、
差し馬中心に馬券を組み立てるのがベターだろうね。
【質問】それ以外で付け加えておきたいポイントはありますか?
あとはとにかくサンデー系を買ってください! 以上!!
【質問】えー! それだけ(笑)。
それだけ(笑)。
それくらい、サンデー系はこのレースで大活躍しているんだ。
瞬発力勝負と言えばサンデー系だからね。
血統面の特性がレース傾向にピッタリとマッチしている。
父がサンデー系種牡馬、もしくは母父がサンデーサイレンス。
ひたすらこれに該当する馬を買えばいい。
例外はベッラレイア(2007年2着)くらいしかいない。
もう、圧倒的だよ。
【質問】わ、わかりました……。
あとは500キロ以上の大型馬と440キロ未満の小型馬を軽視すれば万全かな。
東京コース実績のある馬も好成績をあげているので、余裕があればチェックしておきたいところだね。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る