G2レース全部徹底解剖

日経新春杯予想 2016

お正月の京都の中距離戦といえばこの日経新春杯になります。
過去の勝ち馬には、ルーラーシップ、ステイゴールド、メジロブライトなどその後にG1を勝ったり、G1戦線を賑わせた馬たちがここを勝っています。
古馬になり中距離で戦っていく馬にとっては非常に重要なレースになります。
それでは、この日経新春杯の登録馬から見て行きます。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11レーヴミストラル牡456.0川田将雅松田博資栗東
22コスモロビン牡854.0国分優作清水英克美浦
33アドマイヤフライト牡756.0岩田康誠橋田満栗東
44シャドウダンサー牡554.0藤岡康太角居勝彦栗東
55ダービーフィズ牡657.0浜中俊小島太美浦
56プロモントーリオ牡655.0M.デム萩原清美浦
67シュヴァルグラン牡454.0ルメール友道康夫栗東
68ダコール牡858.0小牧太中竹和也栗東
79ベルーフ牡456.0マクドノ池江泰寿栗東
710サトノノブレス牡658.0武豊池江泰寿栗東
811メイショウウズシオ牡952.0秋山真一飯田祐史栗東
812メイショウカンパク牡953.0古川吉洋荒川義之栗東


現時点での登録馬は13頭と全ての馬が出走出来る状態にあります。
明け4歳から上は9歳までとバラエティに富んだメンバー構成になっています。

それでは、データ面から日経新春杯を紐解いていきます。


1番人気(1-3-2)
2番人気(4-1-0)
3番人気(1-3-0)
4番人気(0-1-3)
5番人気以下(4-2-5)
原因は不明ですが2番人気に支持された馬の勝率が群を抜いています。
馬券圏内を見てもあまり人気薄を狙うのは考えた方がいいかもしれません。


有馬記念(2-0-1)
オリオンS(1-2-0)
金鯱賞(0-0-1)
チャレンジC(0-0-0)
多方面からの出走が目立つこのレースでは前走のレースにこだわる必要はなさそうですが、ある程度の中距離での実績は必須になるでしょう。


1600m(0-0-0)
1800m(0-2-1)
2000m(3-3-4)
2400m(2-3-1)
3000m~(2-1-2)
上のデータとも付随しますが、前走の距離別では2000m以上が好ましいですね。
ただし、3100m以上のレースになると馬券圏内は0になります。


1着(2-3-3)
2着(2-4-2)
3着(3-1-0)
4着(0-1-1)
5着(0-0-0)
6~9着(2-1-1)
10着~(1-0-2)
明らかに前走で馬券圏内に入った馬がここでもそのまま好走するパターンが見受けられます。
しかし、今年は半数以上が前走で掲示板外の馬なので取捨はかなり難しいでしょう。


逃げ(2-0-1)
先行(1-3-3)
差し(7-4-5)
追込(0-3-1)
過去10年で実に7勝を中団からレースを進めた馬が勝利を収めています。
逃げて勝つのは至難の業ですし、中団待機馬の直線で前を射程圏内に入れておけば差し切る事は可能です。
狙いは差し馬になるでしょうか。


 1番:(1-1-0)
 2番:(2-0-0)
 3番:(2-0-1)
 4番:(2-0-1)
 5番:(0-1-3)
 6番:(0-0-1)
 7番:(0-0-1)
 8番:(1-4-0)
 9番:(0-0-2)
10番:(1-0-0)
11番:(0-3-0)
12番:(1-1-0)
13番:(0-0-0)
14番:(0-0-0)
15番:(0-0-1)
16番:(0-0-0)
17番:(0-0-0)
18番:(0-0-0)


1枠(3-1-0)
2枠(1-0-2)
3枠(2-1-1)
4枠(1-2-2)
5枠(1-0-2)
6枠(1-3-0)
7枠(0-1-2)
8枠(1-2-1)
馬番と枠番別で見てみると3枠から内が良績があり、偏った印象さえ受けます。
フルゲートになる事は稀ですが13番以降は不振ですね。
狙うなら内目の差し馬が狙い目でしょうか。


    ~51(1-0-2)
51.5~53(1-0-3)
53.5~55(5-5-0)
55.5~57(2-5-4)
57.5~59(1-0-1)
ハンデ戦なので斤量別成績を出しておきます。
狙い目の斤量は53.5~57キロまでの馬になります。
極端に軽い馬や重い馬を狙うのは禁物です。

さて、これらのデータを踏まえた上で私の印を発表します。
皆さんの予想に参考にしてください。

×メイショウウズシオ

☆ダコール

△マイネルメダリスト

▲シュヴァルグラン

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



では、一頭ずつ触れていきます。


×メイショウウズシオ
絶対的な逃げ馬がおらずスローペースは必至。
過去のレースを見てもハナはこの馬でしょう。
となれば、単騎のスローは目に見えていますので後ろが牽制し合えば一人旅もあり得ます。


☆ダコール
明け8歳ですが、昨年は初重賞制覇を飾るなどまだまだ走れるところを見せました。
2400mの距離に若干の不安は覚えますが、決め手ならここに入っても引けは取らないでしょう。


△マイネルメダリスト
相性のあまり良くないステイヤーズステークスから参戦したこの馬ですが、前走も見せ場十分の4着でした。
どの位置からでも競馬は出来ますが、完全な決め手勝負になると分が悪いので上りが早くならなければ台頭もありえます。


▲シュヴァルグラン
恐らくダントツの1番人気になるのはこの馬でしょう。
他の馬たちの成績が振るわない中、この馬だけは着実なステップを踏んでココに出てきました。
この秋2400mを使って3連勝と、姉のヴィルシーナとは全く違うタイプの競走馬になってます。
姉は父がディープインパクトでしたが、こちらはハーツクライとスタミナに秀でたタイプかもしれませんね。
とは言え、重賞クラスの馬と戦うのは3歳時の京都新聞杯以来になります。
まだ、その辺の馬との力関係が未知数なのでココは完全な試金石になりますね。



無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

過去の提供情報

日経新春杯

【質問】日経新春杯ってどんなレースなんですか?
年明けに行われる最初のG2競走で京都の外回り2400メートルで行われる伝統のハンデ戦。
このレースで一番有名なのはくしくも有馬記念優勝馬テンポイントの競走中止。
66.5㌔の酷量を背負っての出来事だったのでこれを契機に
平地のハンデ戦ではここまで重い斤量を背負わされなくなりました。
有馬記念の後ということもあり、一流馬の参戦もあり、今年の飛躍を占う意味でも注目のレースと言えます。
【質問】ここを勝って飛躍した馬はいますか?
ハンデ戦ということもあり、真のトップクラスの出走は少なく、
過去にはG1馬がここに出て勝った例はありますが、近年はその年の国内G1を勝った馬はいません。
ただステイゴールドやルーラーシップはその後に海外G1を勝っているので
近いうちに国内G1を勝つ馬が誕生しても不思議ではありません。
【質問】ハンデ戦ということは結構荒れるのですか?
はい。
格下の軽ハンデ馬が穴を出すことが多いです。
今年は1000万を勝ち上がったばかりのカポーティスターが52㌔で勝ったように軽ハンデ馬は要注意です。
過去には49㌔で逃げ切ったテイエムプリキュアなどがいます。
トップハンデの馬は斤量が重いほど信頼できます。
58.5㌔背負ってトゥザグローリー、ステイゴールドが勝ちました。
57㌔以下の馬がトップハンデだと混戦模様が予想されるので人気ほど結果を残せないことは多々あります。
一番好走例が多いのは斤量56㌔。
次に54㌔。
それ以下の斤量で好走する馬は超人気薄の馬ばかりです。
【質問】馬券考察のポイントになったレースはありますか?
11番人気49㌔でこのレースを制したテイエムプリキュアです。
阪神JF以来4年ぶりの勝利。
1年前の日経新春杯でも3着と激走しているのですが、その間のレースは4着が一度あったのですが、
ほとんど二桁着順。
このレースの相性の良さでの好走です。
時として京都は大逃げが決まるのでこういう人気薄を見つけるには過去の戦績を見直す必要があります。
【質問】じゃあ京都2400メートルのコース見解を教えてください。
スタートはポケットというより外回りの4コーナーを外に拡張した広場のようなもの。
1コーナーまでの距離は600メートル近くある。
だいたいゴール板を越えるあたりで位置取りが決まり、1コーナーに入るまでにはペースが落ち着く。
通常はここで一息入るため、芝2200メートルに比べて前有利になる。
このことが要因で逃げ切りが決まることがあります。
【質問】レースの傾向を教えてください。
前走有馬記念組が人気になることが多いが、京都と中山でコース形態が違うのでアテになりません。
末脚のしっかりしたタイプなら人気に応えることもありますが、過信禁物です。
京都の開幕週直後に行われるので圧倒的に内枠が有利です。
あと京都の外回りに実績ある馬も多く台頭します。
もし人気薄を狙うならこれらの条件に当てはまる馬がいいですね。
【質問】血統的に傾向はありますか?
血統的に大きな偏りは見られません。
強いて言うならサンデーサイレンス系の長距離実績のある種牡馬。
ディープインパクト、ハーツクライ、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークです。
あとキングカメハメハが2勝しています。
それよりこのレースで重視するのは上でも述べたことですが、
決め手のある馬と京都の外回りに実績のある馬。
馬場が良く、内有利の傾向もあるので逃げ馬の警戒も怠らない方がいい。
【質問】ジョッキーに傾向はありますか?
かつては四位騎手が3連覇を果たしたのですが、最近は3着以内もありません。
過去10年で福永騎手が2勝しているので今度注目です。
あとは短期免許で来日している外国人騎手も要注意です。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る