G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

日経賞予想 2016

こっちでは、土曜日に中山競馬場で行われるG2日経賞の展望を行っていくわよ。
5月1日に行われる天皇賞(春)の前哨戦でもあるからよ~く見るのよ。
 
私の素性を知りたい猛者はここのプロフィールを見てちょうだい。
私を丸裸にしてるから!
プロフィールで足りなかったら本当に丸裸にしても構わないわよ!!
 
誰もしないでしょうけどね!!!
 
まず登録馬から見るわ。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクションスター56.0音無秀孝栗東
アルバート57.0堀宣行美浦
コスモロビン56.0清水英克美浦
ゴールドアクター58.0中川公成美浦
サウンズオブアース56.0藤岡健一栗東
ディサイファ57.0小島太美浦
フラガラッハ56.0松永幹夫栗東
ホッコーブレーヴ56.0松永康利美浦
ルールプロスパー56.0北出成人栗東
マリアライト55.0久保田貴美浦

 
あら、やだっ!
良いメンバーじゃない。面白そうよ。
アメリカの大統領候補選挙くらい面白いメンバーね。
このメンバーなら、だれがトランプかしら!
 
じゃ、この日経賞のデータを見るわよ。
データって集めるの大変なのよ。
だからよ~く、目を凝らして見なさい!
途中で素通りするんじゃないよ!!
このデータは、日経賞の過去10年分のデータになるわ。
 
前走クラス別成績よ。

前走クラス別成績
G1(4-4-0-11
 
G2(4-5-7-42

 
G3(1-0-3-26)
 
OP(1-0-0-8)
 
1600万(0-1-0-10)
 
クラス別では、G1もしくはG2からの参戦が目立つわね。
逆に、格下からの参戦は厳しいわ。
自分の立場ってものを考えて欲しいわね。
とにかく、G3以下からの参戦はバッサリ行きなさい!
 
次は前走着順よ。

前走着順別成績
1着(4-0-6-17) 
勝率:
14.8% 
連対率:
14.8% 
複勝率:
37.0%

 
2着(1-1-1-10) 
勝率:7.7% 
連対率:15.4% 
複勝率:23.1%
 
3着(1-2-1-3) 
勝率:14.3%
 
連対率:42.9%
 
複勝率:57.1%

 
4着(1-2-0-11) 
勝率:7.1% 
連対率:21.4% 
複勝率:21.4%
 
5着(1-1-1-2) 
勝率:20.0%
 
連対率:40.0%
 
複勝率:60.0%

 
6~9着(1-2-1-29) 
勝率:3.1% 
連対率:9.4% 
複勝率:9.4%
 
10着以下(1-2-1-32) 
勝率:2.8% 
連対率:8.3% 
複勝率:11.1%
 
前走1着からはこのレースで4頭の勝ち馬が出ているけど、2着に入った馬が0頭ってのは馬券の軸としては物足りないわね。
だったら、前走で3着・5着だった馬の頭数は少ないけど数字には表れているからここが狙い目ね。
あらやだっ!
メンバーの中に前走3着がいないじゃないの、残念ね・・・。
 
前走人気別成績

前走人気別成績
1番人気(2-1-5-8) 
勝率:12.5% 
連対率:18.8% 
複勝率:50.0%
 
2番人気(0-1-3-7) 
勝率:0.0% 
連対率:9.1% 
複勝率:36.4%
 
3番人気(1-2-0-7) 
勝率:10.0% 
連対率:30.0% 
複勝率:30.0%
 
4番人気(3-1-0-14) 
勝率:16.7%
 
連対率:22.2%
 
複勝率:22.2%

 
5番人気(0-0-0-9) 
勝率:0% 
連対率:0% 
複勝率:0%
 
6~9番人気(3-2-1-26) 
勝率:9.4%
 
連対率:15.6%
 
複勝率:18.8%

 
10番人気以下(1-3-1-32) 
勝率:2.7% 
連対率:10.8% 
複勝率:13.5%
 
勝ち星を見るなら前走で4番人気から9番人気以内が狙い目ね。
合コンでも、第一印象で4・5番人気くらいの男の方が最後の最後で美人を捕まえたりするのよね。
人気が高いほど、おごりとか慢心が出るものなのよ。
人気が無くて頑張っているのを見ているとかわいいわよね!!
低評価の馬たち!!
人気馬を見返してやりなさい!!
 
じゃ、今回のデータをまとめるわ。
 
■高収入ほどもてる。これはいつの時代も変わらないわね。
 
■前回の合コンで捕まえた奴が良い。自身があるからかしら。
 
■第一印象で人気が無いほど大逆転がある。そうよ!合コン中が勝負なの。
 
やだっ!これ合コンでのデータじゃない。間違えたわ。
こっちが、日経賞のデータをまとめたものよ!
 
■G1とG2からの参戦が好成績を上げている
 
■1着もいいけど、3着・5着からも馬券に絡んでいる
 
■前走で4~9番人気と割と低評価の馬の逆転もある

 
このデータを元にオススメの馬を教えるわ。
よ~く覚えておきなさい!
 
 注目馬1
ゴールドアクター(牡5)
【前走:有馬記念1着(8番人気)】

去年の夏からじわじわ力を付けて4連勝で有馬記念を制したのよね。
当日は8番人気と低評価に甘んじていたけど、好位から力強く伸びて完勝だったわ。

前走1着の馬は連対率こそ少し低いけど、複勝率は高いから馬券の軸としておススメできるわ。

グランプリホースの今年最初のレースは要チェックね。
 
注目馬2
サウンズオブアース(牡5)
【前走:有馬記念2着(5番人気)】

ゴールドアクターが勝った有馬記念で2着になったのがこの馬ね。
通算勝利数は2勝と大したことはないんだけど、重賞での2着が5回と惜しい競馬が続いているのよね。
勝ち運が無いと言うか、相手なりに走ると言うか難しい馬なのよね。

でも、今回は上に上げたデータにバッチリハマるのよ。
それに、ゴールドアクターとは2㎏の斤量差があるから最大のチャンスよ!
 
注目馬3
マリアライト(牝5)
【前走:有馬記念4着(12番人気)】

前走でアッと言わせた5歳の牝馬ね。
私は牝馬の気持ちが分かるのも強みなのよねぇ。
前走のこの子は燃えていたわよね。

大外枠からスタートして、終始2番手から進めて一瞬このまま差しきるか!?
って思わせた脚にはびっくりしたわ。
この子は並の牝馬じゃないわよ。

前走4着からは十分に巻き返せるし、2桁人気でも巻き返したケースはあるから軽視したらダメよ。
 
注目馬4
ディサイファ(牡7)
【前走:アメリカジョッキークラブカップ1着(2番人気)】

前走、距離不安も言われていたけど終わってみれば完勝だったわ。
ジョッキーは天才・武豊ちゃんじゃないの!!

今回はさらに距離が延びるから不安はあるし、前走G2からの馬の成績も良いけど
前走2番人気から勝ち馬が出ていないから4番手評価ね。

 
それじゃここで私が日経賞で一番注目している穴馬を紹介するわよ。
頭数こそ少ないけど、突っ込んで来たらオイシイ配当をもたらす馬を知りたいでしょ!?

 
↓の登録フォームにメールアドレスを登録すれば教えてあげるわよ。
無料なんだから登録しなさいよ!!!


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

日経賞

【質問】日経賞はどんなレースですか?
中山競馬場の芝2500メートルで行われる別定のG2競走です。
関東圏における天皇賞・春の重要な前哨戦となり、ここから今年はフェノーメノが天皇賞・春を制しました。
過去にもシンボリルドルフ、ライスシャワー、イングランディーレなどが本番とここの連勝を飾っており、
敗れた馬の中からもマンハッタンカフェ、マイネルキッツが天皇賞・春を制しました。
別定の重賞ながら時として大荒れになることがあり、記憶の新しいところでは
2012年ネコパンチが大逃げをうってそのまま押し切り単勝16710円、
2000年同じく逃げたレオリュウホウが勝ち単勝19310円、
そして度肝を抜いたのが1998年障害帰りのテンジンショウグンが勝ち、単勝35570円と
歴代3度の単勝万馬券を記録。
この3頭のうち、2頭に騎乗していたのが希代の穴男・江田照男騎手でした。
尚、高松宮記念前日に開催されるようになり、天皇賞(春)の前哨戦となるG2競走では唯一の
土曜日施行となっている。
地方所属馬のみ2着までに入った馬は天皇賞・春の優先出走権が与えられます。
【質問】中山芝2500メートルってどんなコースですか?
各コーナーで息を入れながらの走りが可能なコース形態だが、実際は激しい消耗戦になりやすく、
スタミナが問われる。
6つのコーナーを回るので先行馬は有利。
ポイントはスタート直後の位置取り、すぐ右に回るカーブに差し掛かるので主導権争いはシビア。
ややゴチャつく最内枠はマイナスだが、距離ロスせずに内々をいかに立ち回れるかが重要。
大きな穴をあける場合は人気薄の馬の前残り。
差し・追い込みの馬はかなりの力の差がないと勝つのが難しい。
中山芝2500メートルで行われる重賞は日経賞と有馬記念のみ。
共に大波乱を招く重賞で関連性は高く、日経賞で惜敗したゼンノロブロイ、タップダンスシチー、
マツリダゴッホは同年の有馬記念で好走し、タップダンスシチーとマツリダゴッホは
好配当をもたらす要因となりました。
【質問】理想の臨戦過程はありますか?
年明けを1度使っているのが理想です。
有馬記念以来の出走馬が多いですが、このパターンは人気を裏切ることもあり、波乱の原因となっています。
AJCC杯から好走馬が多く出ていますが、勝ち馬の成績はそれほど良くないので少し負けた馬が狙い目。
大波乱の年もありますが、基本は前走5着以内の馬が理想です。
あと京都記念組の成績がいいです。
【質問】ジョッキーの傾向はありますか?
蛯名騎手が得意としています。
過去10年で4勝3着1回と好成績。
今年もフェノーメノで優勝しています。
あと2006年のリンカーン以来勝利のない横山典騎手ですが、
このレースの3着内率は高いので注意は必要です。
2度の単勝万馬券を演出した江田照騎手ですが、
2010年には7番人気のトーセンクラウンで3着も記録しており、
人気がなくても警戒した方がいいです。
【質問】血統の傾向はありますか?
スタミナ、パワー型のサンデーサイレンス系が強いです。
特に中山2500mはステイゴールド産駒が滅法勝つので今後も要注意でしょう。
今年はフェノーメノが勝ちました。
あとはここ2年で連対馬を出しているハーツクライ産駒。
父は有馬記念の勝ち馬なのでこの条件は得意です。
【質問】その他のポイントはありますか?
中山の重賞らしく、何度も同じ馬が走ります。
過去10年でもトウショウナイトは3度馬券に絡んでおり、マイネルキッツ、
マツリダゴッホも2度好走しています。
今年の上位馬も来年以降出てくれば要注意です。
脚質的に先行馬が有利ですが、差し馬の台頭も珍しくありません。
近走で速い上がりを使っている馬はチャンス十分です。
逃げ馬の活躍も目立ちます。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る