g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報

京都大賞典予想 2014

近年の長距離戦の需要の減少を示すかのように、毎年フルゲートに満たない少頭数のレース。

ひと昔前は現役最強クラスの出走も多く、堅い決着の多いレースであったが、海外遠征の流行とスピード重視の配合が主流となったことで、年々メンバーが手薄になっている観。

昨年はゴールドシップが参戦しながら5着に沈み大波乱。一昨年もメイショウカンパク→オウケンブルースリと入って馬連で万馬券となる大波乱。捉えどころのないレースとなりつつあると言えるかも知れない…。

ちなみに、オウケンブルースリは09年1着、10年2着、11年3着、12年2着と4年連続の好走。3コーナーから4コーナーで坂を登り降りし、直線は平坦の特殊な京都コースだけに、京都巧者というのがひとつのポイントとなっている気がする。

今年のメンバーはいずれも京都巧者で甲乙つけ難いが、◎に推したいのは、京都巧者でもあり、長距離巧者でもある春の京都記念の覇者◎デスペラード

天皇賞春こそ外枠で馬が嫌気を見せて力すら出せずに終わったが、京都記念ではこれまでの追い込み一辺倒のレースから一変して逃げの手に出て、直線差し返す味な競馬で1着。

京都の長距離戦なら要警戒の1頭であると共に、今回は行く馬が見当たらず主導権を握りそうな雰囲気。

あまり鉄砲実績がいい方ではないが、今回はかなり丹念に乗られて仕上がりの良さが目立つだけに今までの休み明けとは違う雰囲気ではある。

○ラストインパクトは小倉→新潟と叩いてそろそろ本領発揮の番。休み明けの他の有力馬と比べて使われてきた強味もあり、京都も得意。崩れがないのはこちらかも知れない。

▲トーセンラーは京都巧者ぶりではナンバーワンだが、どうにも使われ方が信用できず▲まで。休み明けでいきなりこの一気の距離延長がどうなのか…?

案外成績がいい牝馬の△メイショウマンボ、昨年の勝ち馬×ヒットザターゲットも京都とは相性が良く、他の付け入る隙はあまりないだろう。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る