G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

神戸新聞杯予想 2016

先日、ダービー馬のマカヒキがフランスのG2ニエル賞を勝ったけど、今週の阪神競馬場ではダービーでマカヒキにハナ差で負けたサトノダイヤモンドが帰ってくるの。
 
サトノダイヤモンドはこの夏ダービーを盛り上げた馬よね。
3番人気マカヒキが1着、2番人気サトノダイヤモンドが2着、1番人気ディーマジェスティが3着だったのよね。
 
先週のセントライト記念では、皐月賞馬のディーマジェスティがきっちりと勝って菊花賞に挑んでくるから、ダービーで先着したサトノダイヤモンドも負ける訳にはいかない戦いなのよ。

それじゃ、登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アグネスフォルテ56.0長浜博之栗東
アドマイヤエイカン56.0須貝尚介栗東
イモータル56.0須貝尚介栗東
エアスピネル56.0笹田和秀栗東
カフジプリンス56.0矢作芳人栗東
サトノダイヤモンド56.0池江泰寿栗東
ジョルジュサンク56.0鮫島一歩栗東
トゥルーハート56.0庄野靖志栗東
ナムラシングン56.0高野友和栗東
ヒルノマゼラン56.0昆貢栗東
マイネルラフレシア56.0高橋裕美浦
ミッキーロケット56.0音無秀孝栗東
メゾンリー56.0大竹正博美浦
レッドエルディスト56.0笹田和秀栗東
ロードランウェイ56.0千田輝彦栗東
ロードヴァンドール56.0昆貢栗東
ワンスインアライフ56.0谷潔栗東

ここからは、データを使って神戸新聞杯を分析していくわ。

以下のデータは、中京で行われた2006年を除く過去9回のデータになるわ。
 
最初は、前走クラス別成績。
前走クラス別成績
前走クラス別
 
前走クラス別成績を見ると、圧倒的にG1から来た馬が優勢なのが分かるわ。
 
このG1と言うのは、日本ダービーからの出走がほとんど!

やっぱり最高峰のレースを走った馬はこの時点では力が1枚抜けているのね。

このデータだとまず押さえる必要があるのは、日本ダービーから挑んできた馬ね。
 
あと気になったのは、前走が1000万下から出走してきた馬ね。

ローカル開催を走った馬で馬券に絡んだ馬の前走の競馬場は、“新潟”と“小倉”だけなの。
これも覚えておくといいわ!!
 
【前走G1】
・アグネスフォルテ(日本ダービー・14着)
・イモータル(日本ダービー・15着)
・エアスピネル(日本ダービー・4着)
・サトノダイヤモンド(日本ダービー・2着)
・レッドエルディスト(日本ダービー・9着)
 
【前走G3】
・ジュルジュサンク(ラジオNIKKEI賞・6着) 

【前走オープン特別】
・アドマイヤエイカン(丹頂ステークス・12着)
・カフジプリンス(丹頂ステークス・6着)
・マイネルラフレシア(白百合ステークス・6着) 

【前走1000万下】
・ナムラシングン(宮崎特別・1着)
・ヒルノマゼラン(HTB賞・11着)
・ミッキーロケット(HTB賞・1着)
・メゾンリー(札幌日刊スポーツ杯・5着)
・ロードヴァンドール(藻岩山特別・2着) 

【ここに載っていない馬】
・バッサリ 


次は、前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順別
 
前走の着順を見ると、連対した馬はここでも好成績を上げているようね。
 
前走が重賞(特にダービー)であれば掲示板外からの巻き返しもあるけど、条件戦に出走していた馬は掲示板が必須よ!
 
【前走掲示板内】
・エアスピネル
・サトノダイヤモンド
・ナムラシングン
・ミッキーロケット
・メゾンリー
・ロードヴァンドール
・ロードランウェイ
・ワンスインアライフ
 
【前走掲示板外】
・アグネスフォルテ
・アドマイヤエイカン
・イモータル
・カフジプリンス
・ジュルジュサンク
・トゥルーハート
・ヒルノマゼラン
・マイネルラフレシア
・レッドエルディスト 

 
最後は、前走人気別成績
前走人気別成績
前人気別
 
前走の人気を見ると、どの人気だった馬を満遍なく馬券に絡んでいて特に強調できる部分はないわね。
 
6番人気以下からも何頭か馬券には絡んでいるけど、このほとんどはダービーで人気なかった馬たちになるから、条件戦で6番人気以下だった馬はバッサリよ!
 
 
今日出すデータは以上!
それじゃ、データと各馬のレースぶりを見た私のオススメ馬を教えるわよ。
 
注目馬1
サトノダイヤモンド
【前走:日本ダービー2着(2番人気)】
 
デビューから3連勝挑んだ皐月賞は、直線で振りを受けるアクシデントがあって3着。
 
万全の体制で臨んだ前走の日本ダービーは、直線でマカヒキとの叩き合いに持ち込むもハナ差及ばず惜敗。
 
負けはしたけど持っている能力は間違いなく世代トップクラス!

菊花賞に向けてここは是が非でも結果を残さなければならないわ。

 

注目馬2
エアスピネル
【前走:日本ダービー4着(7番人気)】
 
前走の日本ダービーでは、一度は先頭に立つも上位馬の決め手に屈して4着。

それでも人気から考えても良く走っているし、力があるとことは示せたと思うわ。
 
ダービー前は距離不安を囁かれていたけど、前走で目処は付いたし最後の1冠を勝ち取るには、何としてもサトノダイヤモンドと互角のレースをしたいわね。
 
 
注目馬3
ナムラシングン
【前走:宮崎特別1着(1番人気)】

これまで8戦して掲示板を外したのは、京成杯(8着)と皐月賞(7着)のみ!
重賞以外では3着以内と堅実な馬よ。
 
この掲示板を外した2レースもタイム差では1秒も離されていないから大きな負けではないわ。

とは言え、ダービー上位馬との差はあるから3着争いなら何とか狙えるっていう感じね。
 
前走の宮崎特別は、中団からメンバー最速の末脚で差し切り勝ち。

馬体重もプラス14キロと成長して帰ってきたし、ここでも楽しみよ~
 

注目馬4
レッドエルディスト
【前走:日本ダービー9着(8番人気)】
 
2走前の青葉賞は、最後方から追い込んで2着。
 
続く前走の日本ダービーでは、同じように後方からレースを進めたけど結果は9着。
 
血統的にゆっくり成長していく馬!
脚質的に展開の助けが必要になるけど、良い脚は持っているから要注意よ。

 

上位2頭は決まった神戸新聞杯!
先週も10番人気を〇に選び的中を出したエビコが、
今週もこんな穴馬を見つけ出した!!

 
 注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

神戸新聞杯

【質問】過去の結果を見ればわかります。ものすごくハイレベルなメンバーが集まるレースですよね?勝ち馬のほとんどがG1馬。 年度代表馬も何頭も……。
関西圏唯一の菊花賞トライアルだからね。
最近は秋の天皇賞を目指す中距離志向の強い馬もちょくちょく出走するので、
これがレベルアップに拍車をかけている。
その年の3歳世代の一線級が集結するんだから、当然だよね。
【質問】強い馬が順当に勝つケースが多いということは、配当面は当然堅い傾向にありますよね?
堅いね~。
2007年に3連単で13万馬券が出たけど、それ以外は例年2万円台以下。
1・2番人気のワンツーとか、1~3番人気が上位独占とか、そんな年も頻繁にある。
極端な穴狙いに出るのは得策とは言えないね。
【質問】では、1番人気は素直に信頼していいと……。
いくつかのフィルターにかければ、信頼できるか、少々不安かはすぐにわかるよ。
まず、ダービー馬が1番人気だったら、ほぼ確実に馬券になっている。
キングカメハメハ、ディープインパクト、ディープスカイ、オルフェーヴル……。
これ以上の説明はいらないでしょ? 決して逆らってはいけません(笑)。
牝馬の場合、ローズSでオークス馬が苦戦傾向にあるけど、牡馬はそうじゃないんだよね。
人気のダービー馬には全幅の信頼を置ける。
【質問】ダービー馬以外が1番人気の場合はどう判断すればいいんでしょう?
ダービー馬以外はすべて怪しいというわけじゃないけど、
ダービーで掲示板を外していた馬が1番人気になっているケースは、ちょっと疑ってかかったほうがいい。
ほかに確たる中心がおらず、押し出される格好で人気になっている可能性が高いからね。
フサイチホウオー(2007年ダービー1番人気7着→神戸新聞杯1番人気12着)や
アンライバルド(2009年ダービー1番人気12着→神戸新聞杯1番人気4着)のように、
ダービーで人気を裏切っている馬は、ここで再びコケる傾向にあるんだ。
汚名返上に期待するのではなく、過去の栄光は忘れて軽視する、というスタンスが正解ということだね。
【質問】これは取捨の判断がしやすい傾向ですね。
もうひとつ付け加えておくと、ダービー馬が出走していない年は、
ダービー最先着馬がほぼ例外なく馬券になっている。
アサクサキングス(2007年5番人気2着)とリーチザクラウン(2009年3番人気2着)の
2頭のダービー2着馬と、ダービーを上がり最速で5着に入ったゴールドシップ(2012年1番人気1着)
といったところが主な該当馬で、アサクサキングスのように人気の盲点になる馬もいるからね。
馬券妙味はあるパターンと覚えておこう。
【質問】舞台は阪神芝2400mですが、広々としたコースなので、展開や脚質は不問ですか?
そんなことはないよ。
阪神芝2400mは上がり勝負になりやすいコース形態なので、瞬発力が求められる。
道中で脚をため、直線のヨーイドンに対応できる脚質の馬、とりわけ差し馬が活躍する傾向にあるね。
芝2400m戦になった2007年以降は逃げ・先行は大不振で、勝ち馬は4角5番手以降の馬から出ている。
【質問】じゃあ、枠順はあまり関係なさそうですね?
まさにそう。
道中の位置取りがすべてだね。
瞬発力のある差し馬が中団でじっくりレースを運べそうなメンバー構成なら、
かなり期待できると考えていいだろう。
【質問】ほかに注意しておきたいことは?
逆に聞こう。瞬発力勝負に強いと言えば?
【質問】あ、もしかしてサンデー系……。
大正解。
阪神の外回りコースはサンデー系の持ち味が存分に発揮できる舞台で、このレースも猛威を振るっている。
父か母父がサンデー系以外の馬は、相当厳しい戦いを強いられると思ったほうがいいよ。
非サンデー系で好走したのは、ダービーで上がり最速をマークしたエイシンフラッシュ(2010年2着)と、
ダービーで上がり2位だったブラックシェル(2008年2着)くらいのもの。
この2頭のように、速い上がりに対応できることをすでに実証しているタイプじゃないと、
非サンデー系は買いづらいなぁ。
【質問】ここまでチェックすれば、だいぶ結論が見えてきそうですね。
好走するタイプが明確なレースだからね。
一獲千金は期待できないけど、その分当てやすい。
鍵になるのは、券種の選択や、どこまで絞るかの見極め。
この辺りになってくるだろうね。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る