G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

金鯱賞予想 2016

レースに見どころ
土曜日には中京競馬場で有馬記念の前哨戦の金鯱賞が行われるわ。

この金鯱賞は元々、宝塚記念の前哨戦として5月に行われていたけど、2012年から暮れに施行時期を移して開催されていたけど、この暮れの開催も今年で最後なの。

なぜかと言うと、来年から大阪杯がG1に格上げされるからそのステップレースとして金鯱賞が3月に移動するためなの。

夏→冬→春と移動させられてまるで『転勤族』ね!

とは言え、G1のステップレースと言う立ち位置は変わらないし、来年も大阪杯に向けて重要なレースになると思うわ。

今年の見どころとして挙げるなら、長期休養明けで帰ってくるG1好走馬2頭ね。

まずは、2013年のジャパンカップ2着、2015年の宝塚記念2着のデニムアンドルビー

G1で再三好走を見せながらも屈腱炎を発症して1年5ヶ月ぶりの復帰。
 
次は、去年の菊花賞で3着だったリアファル

菊花賞3着後に挑んだ有馬記念で3番人気に押されるも結果は16着。

そのレース後に発覚した腱鞘炎で11ヶ月ぶりの復帰。
 
どちらも、長い休養明けと大きなハンデを抱えての出走となるけど、どんな走りをするか注目したいわ。
 
まぁ、これと馬券は別の話だし今年のメンバーを見れば伏兵の台頭があっても全く不思議じゃないわね。
 
後で私がとっておきのオススメ馬を教えるから楽しみにしててちょうだい!
 

それじゃ、予想に入っていこうかしらね。
まず、今年の登録馬を見てもらうわ。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
サトノノブレス56.0池江泰寿栗東
スズカデヴィアス56.0橋田満栗東
トーホウジャッカル57.0谷潔栗東
トルークマクト56.0尾関知人美浦
パドルウィール56.0中尾秀正栗東
マイネルラクリマ56.0上原博之美浦
ムスカテール56.0友道康夫栗東
ヤマカツエース56.0池添兼雄栗東
リアファル56.0音無秀孝栗東
レコンダイト56.0音無秀孝栗東
ヴォルシェーブ56.0友道康夫栗東
シュンドルボン54.0矢野英一美浦
デニムアンドルビー54.0角居勝彦栗東
プロモントーリオセン56.0萩原清美浦

登録段階でフルゲート割れね。
G1からの参戦馬、G2で好走しての参戦、準オープンを勝っての参戦と、なかなか面白いメンバーが揃った印象ね。
 
それじゃ、ここからデータを使って金鯱賞を分析していくわ。

以下のデータは、金鯱賞過去10年分のデータになるわ。

2006年〜2009年まで5月開催、2010年・2011年は京都開催、2012年〜中京12月開催となっているわ。


前走クラス別成績
前走クラス

前走クラス別成績で見ると、前走重賞だった馬が強いのが分かるわ。
 
逆にG1から出走してきた馬の勝ち馬は無しと不吉なデータになるわ。

オープン特別以下のレースに出走した馬は成績が著しく落ちるから割り引いてしまって良さそうね。

【前走G1】
・サトノノブレス
・シュンドルボン
・デニムアンドルビー
・トーホウジャッカル
・ヤマカツエース
・リアファル

【前走G2】
・ヴォルシェーブ
・ムスカテール
・レコンダイト

【前走G3】
・マイネルラクリマ

【前走OP特別】
・スズカデヴィアス
・プロモントーリオ

【前走1600万】
・トルークマクト
・パドルウィール


次に前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順

前走着順を見ると、勝ち馬は前走で連対した馬がいいのは分かるけど、2着・3着になると必ずしもいいとは限らなそうね。
 
太線以下の数字を見てもらうと、1着馬に差はあるけど、2着・3着に入った馬では大差はないわ。
 
軸には前走好走した馬を据えて、伏兵を相手にした方が高配当が期待出来そうね。

【前走1着】
・トルークマクト

【前走2着】
・デニムアンドルビー

【前走3着】
・ヴォルシェーブ

【前走4着】
・パドルウィール

【前走5着】
・該当馬なし

【前走6着以下】
・サトノノブレス
・シュンドルボン
・スズカデヴィアス
・トーホウジャッカル
・プロモントーリオ
・マイネルラクリマ
・ヤマカツエース
・リアファル
・レコンダイト


最後に、前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、1番人気に押された馬はいい成績を上げているけど、それ以外の人気で見るとどれも似たような成績と言えるわ。
 
前走10番人気の馬でさえ2着に3頭入っているのを見ると無視するわけには行かなそうよ。
 
このデータからだと満遍なく馬を選ばなきゃいけなそうね。

【前走1番人気】
・該当馬なし

【前走2番人気】
・該当馬なし

【前走3番人気】
・ヴォルシェーブ
・プロモントーリオ
・リアファル

【前走4番人気】
・パドルウィール

【前走5番人気】
・トルークマクト

【前走6番〜9番人気】
・シュンドルボン
・スズカデヴィアス
・トーホウジャッカル
・レコンダイト

【前走10番人気以下】
・サトノノブレス
・デニムアンドルビー
・マイネルラクリマ
・ムスカテール
・ヤマカツエース

それじゃ、データを全てまとめるわ。

【前走クラス別成績】
重賞組の好走が目立つ
 
【前走着順別成績】
前走連対馬と、6着〜9着馬の好走が目立つ
 
【前走人気別成績】
前走1番人気が最多の4勝


これらのデータと各馬のレース内容も踏まえた私のオススメ馬を教えるわ。

注目馬1
ヴォルシェーブ
【前走:アルゼンチン共和国杯(G2)3着(3番人気)】
 
近走の成績を見るとダントツ充実しているのがこのヴォルシェーブ。
 
長い休養を明けでもしっかり結果を残して、前走のアルゼンチン共和国では、適距離ではないにも関わらず3着と善戦。
 
勝ったシュヴァルグランがジャパンカップで3着と好走したことを指標とすればここでも間違いなく人気の中心はこの馬。

距離も2000mに短縮されるのはいいし、引き続きデムーロ騎手が手綱を取るのも心強い。
 
初重賞制覇の大チャンスでしょう!!


注目馬2
サトノノブレス
【前走:天皇賞・秋(G1)10着(10番人気)】
 
今年、中日新聞杯と鳴尾記念と2つのG3を勝っていて能力の衰えは見られないわね。
 
ただG1だと力不足は否めないし、前走の成績は度外視と考えていいと思うわ。
 
ポイントは、前走で大幅に減った馬体重が戻ってくれば上位争いは間違いないと思うわ。
 
フランスで“天才”と呼ばれているシュミノー騎手が短期免許で来日して手綱を取るからそこも注目ね。


注目馬3
リアファル
【前走:有馬記念(’15)(G1)16着(3番人気)】
 
去年の秋に神戸新聞杯を制して菊花賞ではキタサンブラックの3着。
 
その菊花賞で先行勢で唯一掲示板に残ったのがこの馬だけで、前が潰れた流れを考えれば力があるのは間違いないわ。

ただ、有馬記念のレース中に腱鞘炎を発症して約1年ぶりのレース。
 
ここで勝てと期待するのは酷だけど、菊花賞を勝ったキタサンブラックはジャパンカップを勝って、2着のリアルスティールはドバイターフを制するなどそれらの馬に迫ったこの馬の能力も相当なものよ。
 
怪我を考えれば前走の着順は度外視出来るし、まずは無事に走って欲しいけど注目したい1頭でもあるわ。


注目馬4
トーホウジャッカル
【前走:宝塚記念(G1)15着(6番人気)】
 
まず、この馬の好走条件として“良馬場”と言うのが前提にあるわ。

だから、稍重だった前走の宝塚記念は度外視しましょう。
 
菊花賞を勝っているけど、3000mは長いしその菊花賞をレコードで勝ったようにこの馬はスピードを生かした方がいいから、開幕週の今週の馬場なら期待出来るわ
 
まぁ晴れて良馬場が条件になるけど、イメージとしては3着争いかしら!


どの馬にもチャンスがありそうなこのレース。
エビコはあのレースであの馬と差のないレースをした馬を見つけた。
それは・・・この馬だ!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


サラのおすすめ馬
サラの指数予想公開
週末の直前予想記事に、私が独自で作った指数予想を展開などのコメント付きで掲載!
馬券の範囲は堅め~中穴まで、的中率を中心に「あっと驚く」激走馬を紹介するわ!


2016的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

金鯱賞

【質問】金鯱賞ってどんなレースですか?
12月の中京競馬場で行われる芝2000メートルの別定のG2競走です。
当初は夏のハンデキャップ競走として行われていましたが、
高松宮記念が
1200メートルのG1に変更されてから5月に開催され、宝塚記念への重要な前哨戦と位置づけられていました。
ここからサイレンスズカ、タップダンスシチー、エイシンデピュティ、
アーネストリーと4頭の宝塚記念馬が誕生。
タップダンスシチーに関しては金鯱賞3連覇と平地重賞では大変難しい偉業を達成しています。
そして2012年より阪神競馬と中京競馬の開催日割が変更された(順序入れ替え)のを機に、
本競走は12月に移設されることとなりました。
ステイヤーズSと並んで有馬記念へのステップレースとなり、
昨年優勝のオーシャンブルーは本番の有馬記念でも2着と好走。
今後も重要な前哨戦として注目されるレースです。
【質問】中京芝2000メートルってどんなレースですか?
芝コースの直線距離は412.5メートル、高低差約2メートルの急坂があります。
この坂を越えてから、ゴールまで約200メートルとなっています。
芝2000メートルは、ホームストレッチの4コーナー寄り、直線坂の途中がスタート地点、コースを1週します。
スタート後の直線が長く、スタート地点は上り坂なので、先行争いは激しくなりにくく、
ペースも落ち着きやすい。

最後の直線は長いですが、逃げ馬が残ることも多い。
ダート同様に直線の坂で加速がつきにくいことも一因。
中心は先行・差しで、速い上がりを繰り出せる末脚が必要。
ただし、極端な追い込みは決まりにくいコースとなっています。
【質問】臨戦過程に傾向はありますか?
サンプルが昨年だけなので憶測ですが、今後は天皇賞・秋、
アルゼンチン共和国杯組の好走が増えることでしょう。
特にアルゼンチン共和国杯組は要注意。
中京の芝2000メートルはスタミナが問われるからです。
距離短縮もいいので1着だったオーシャンブルーのような馬は狙い目です。
あと昨年は東京の準オープンを勝ち上がったばかりのダイワマッジョーレが2着。
中京も同じ左回りなのでこのタイプも注意したいです。
京都のアンドロメダSから3頭出走していましたが、結果はアドマイヤラクティの3着が最高でした。
京都と中京は求められる適性が違うのでこの組の好走馬は今後も苦戦が続くかもしれません。
あと同時期に行われていた中日新聞杯(G3・ハンデ)は
菊花賞組の成績が良かったのでこの組も注意が必要でしょう。
【質問】人気の傾向はありますか?
別定の重賞だけあって1番人気の凡走は少ないです。
ただ昨年のサトノギャラントのように重賞実績のない馬が人気だと疑った方がいいでしょう。
実績のある1番人気なら信頼して良さそうです。
昨年は実績馬が少なく荒れましたが、メンバーが揃えば平穏な決着が増える可能性は高いです。
【質問】枠順、脚質に傾向はありますか?
中京芝2000は内枠有利の傾向です。
開幕週に行われるので内枠である程度先行できる馬は有利でしょう。
【質問】血統的に傾向はありますか?
昨年は決着タイム2分00秒4でレコード決着だったように基本は時計がかかってスタミナを要求されるコース。
狙いはスタミナのあるサンデーサイレンス系の種牡馬です。
オーシャンブルーが勝ったようにステイゴールド産駒はこのレースに向くでしょう。
あと2番人気のダノンバロードは8着に破れましたが、
ディープインパクト産駒も中京芝2000メートルの成績から今後は台頭すると思います。
その他ではマンハッタンカフェやハーツクライが好成績です。
サンデー系以外ではシンボリクリスエス産駒。
母系がマイラーのサトノギャラントは1番人気を裏切りましたが、
今年の中日新聞杯はサトノアポロが制したので注意が必要でしょう。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る