g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報

府中牝馬ステークス予想 2014

 2011年にG3からG2に格上げされて、G1エリザベス女王杯に向けての前哨戦という色合いが強くなった当レース。さらに、今年から1着馬には優先出走権も付与されるとあって、より重要度が増してきたとも言える。過去10年間を振り返ってみると、デアリングハート、カワカミプリンセス、ムードインディゴ、アニメイトバイオなど、G1で連対した経験がある馬の好走が目立っている。やはり、実績を重視して予想を組み立てる必要がありそうだ。

 ◎スマートレイアーは3歳時に重賞初挑戦となったG1秋華賞で2着。今春のG2阪神牝馬Sで待望の重賞初勝利を飾ったが、意外にも重賞タイトルはこれひとつのみ。もっと勝っていたのではと思わず記憶を確認してしまうほどのインパクトをこれまでのレースぶりが示している。前走のG3クイーンSは3着だったとはいえ、着差はハナ+クビ。小回りの札幌競馬場で大外を回したロスを考えれば、悲観する内容ではない。4歳馬と5歳馬が幅を利かせているレースでもあり、2007年にはクイーンS組が1〜3着までを独占。臨戦過程にも不安はない。気になる点としては、1番人気の支持を受けながら8着に敗れたG1ヴィクトリアマイルの際に、東京競馬場への輸送でカイバが落ちてしまったこと。近距離輸送と滞在競馬では崩れていないこともあり、当日の馬体重には注意を払いたい。

 ○キャトルフィーユはクイーンSで重賞ウイナーの仲間入りを果たした。これまで、G3愛知杯、G3中山牝馬S、G3福島牝馬Sでいずれも2着と勝ち切れないレースを続けてきたが、そのうっ憤を晴らすかのようにクイーンSで1分45秒7のレコードタイムをマークして快勝した。馬場が良かったとはいえ従来の記録を0秒7も更新する優秀な時計だった。芝1800メートルは8戦して2勝2着3回と最も得意な距離でもあり、本格化を印象付けた前走のレースぶりからも期待は膨らむばかりだ。

 昨年の勝ち馬ホエールキャプチャが▲。4歳時にヴィクトリアマイルを制覇しており、メンバー中唯一のG1馬でもある。6歳となっても衰えるどころか、牡馬混合のG3東京新聞杯を制し、前走のG2札幌記念では凱旋門賞にも出走したハープスター、ゴールドシップに次ぐ3着と健闘。G2となって斤量面の見直しがあり、重賞5勝馬の本馬が55キロで出走できるのも有利となる。古豪には厳しいレースではあるものの、東京競馬場は得意としているだけに侮ることはできない。

 ☆ディアデアマドレはG2フローラSなど重賞を3勝したディアデラノビアを母に持つ良血馬。クイーンSでは5着に終わったが、母譲りの強烈な末脚は広いコース向きであることは間違いない。

 ヴィクトリアマイル以来の休み明けとなる△ウリウリ。G3京都牝馬Sを勝ち、阪神牝馬S2着の勢いに乗って出走したG1で16着と思わぬ大敗を喫したが、大外枠で後ろからの競馬になったことに加え、勝ち馬が逃げ切る展開も向かなかった。立て直してくれば素質はヒケを取らない。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る