G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

フィリーズレビュー予想 2016

今週日曜日には、阪神競馬場で桜花賞トライアルのフィリーズレビューが行われます。
上位3頭まで桜花賞の優先出走権が与えられるレースとなっています。

桜花賞トライアルと謳っていますが、本番への直結は実に少なく傾向として1400mで良い結果を出している馬を優先的に選ぶのがいいでしょう。
意外と1200mを得意とする馬の台頭が目立つレースとなっています。
 
それでは、フィリーズレビューの登録馬を見て行きましょう。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アットザシーサイド54.0浅見秀一栗東
ウインミレーユ54.0梅田智之栗東
エイシンピカソ54.0野中賢二栗東
エターナルユース54.0宮徹栗東
エリシェヴァ54.0角田晃一栗東
オウケンビリーヴ54.0安田隆行栗東
カトルラポール54.0浅野洋一美浦
カネトシブレス54.0田中章博栗東
キャンディバローズ54.0矢作芳人栗東
クードラパン54.0久保田貴美浦
クリノラホール54.0谷潔栗東
サルドナ54.0中内田充栗東
ソーディヴァイン54.0西村真幸栗東
ソルヴェイグ54.0鮫島一歩栗東
タガノヴィアーレ54.0鈴木孝志栗東
ダイアナヘイロー54.0福島信晴栗東
ダンツロビン54.0池添兼雄栗東
ナタリーバローズ54.0角田晃一栗東
ペプチドサプル54.0木原一良栗東
ボーダレス54.0伊藤圭三美浦
メイショウスイヅキ54.0本田優栗東
ライディングハイ54.0矢作芳人栗東
リボンフラワー54.0池江泰寿栗東
リルティングインク54.0高野友和栗東
ワンスインナムーン54.0斎藤誠美浦
ワンダフルラッシュ54.0手塚貴久美浦

 
現在26頭の登録があり、フルゲートは18頭となっています。
 
それでは、このフィリーズレビューをデータ面から見て行きます。
このデータは、フィリーズレビューの過去10年のデータになります。
 
まず、どこからの路線が馬券に絡んでいるかを見てみます。

前走クラス別成績
G1(4-2-2-14)

G2(0-0-0-0)

G3(2-1-1-27)

OP特別(2-2-4-29)

500万下(2-5-3-48)

未勝利(0-0-0-5)

新馬(0-0-0-4)

前走のクラス別に見るとG1・阪神ジュベナイルフィリーズからの参戦馬が好成績を上げているのが分かります。

G3では、フェアリーステークス、クイーンカップになります。

G2、未勝利、新馬から挑んだ馬は切っていいでしょう。

ボーダレス、エイシンピカソ、エリシェヴァ、オウケンビリーヴ、カネトシブレス、
ダンツロビン、ライディングハイ、リルティングインクは切ります。
 
では、前走着順別で見てみます。
前走着順別成績
1着     (3-5-4-49)

2着     (2-1-0-5)

3着     (0-0-2-12)

4着     (2-2-2-6)

5着     (0-1-0-8)

6~9着  (1-0-0-25)

10着以下(2-1-2-27)

どの着順からも満遍なく馬券に絡んではいます。

ただ、過去の傾向を見ると500万以下、オープン特別で着外だった馬はここでも厳しい傾向にあります

サルドナは前走500万で着外、エターナルユースはオープン特別の紅梅ステークスで着外だったので切ります。

大きく負けた馬でも前走がG1であれば巻き返しは可能なので気にする必要はないでしょう。
 
では、前走のレースからどのくらいの間隔を開けた馬が馬券に絡んでいるかを見てみます。
レース間隔別成績
2週     (0-0-1-10)

3週     (1-0-0-24)

4週     (0-1-1-19)

5~9週  (4-5-5-43)

10~25週(5-3-3-30)

前走からの間隔別で見ると、1ヶ月から3か月の間隔を開けて出走してきた馬が好走しています。

ソーディヴァイン、エイシンピカソ、エリシェヴァ、サルドナ、ソルヴェイグ、
タガノヴァーレ、ダンツロビン、リルティングインクは間隔が短いので切ります。
 
前走関連のデータをまとめると

・1400mの距離に実績がある
・前走は阪神ジュベナイルフィリーズが好ましい
・着順は、500万下、オープン特別で大きく負けた馬は割引
・間隔では、1ヶ月~3ヶ月開いている馬が好ましい
と言う事になります。

それでは、予想に役立つフィリーズレビューの注目馬と注目穴馬を発表します。
 
注目馬1
ペプチドサプル
【前走:紅梅ステークス4着 クラス:オープン 間隔:7週】

2走前に阪神ジュベナイルフィリーズで4着に入っています。

メンバーの中で阪神ジュベナイルフィリーズ最先着馬になります。

紅梅ステークスは負けましたが、勝ったシンハライトは先週のチューリップ賞を勝ちそのシンハライトと0.2差ならここでも上位でしょう。
 
注目馬2
アットザシーサイド
【前走:阪神ジュベナイルフィリーズ5着 クラス:G1 間隔:12週】

この馬もクラス、着順、間隔でデータに該当する馬になります。

新馬、500万と1400mで勝っているので距離は問題ありません。

G1では負けましたが2着の馬からは大きく負けてはいないので注目馬の2番手に挙げます。
 
注目馬3
キャンディバローズ
【前走:阪神ジュベナイルフィリーズ9着 クラス:G1 間隔:12週】

冒頭にも書きましたが1400mの距離適性が大事になります。

このキャンディバローズは、
2走前のファンタジーステークスを制しており1400mの距離実績はあります。


そして、阪神ジュベナイルフィリーズからの参戦なので着順は気にしなくていいでしょう。
 
注目馬4
クードラパン
【前走:フェアリーステークス4着 クラス:G3 間隔:7週】

こちらは、G3フェアリーステークスからの参戦になります。

前走クラスからも悪いデータではありませんし、間隔も約2ヶ月ぶりと十分許容範囲内です。

1400mでも馬券に絡んでいるのでここでも好勝負になるでしょう。
 
それでは、注目穴馬を発表します。
 
注目穴馬1
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます
 
登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

フィリーズレビュー

【質問】フィリーズレビューってどんなレースですか?
3月の阪神競馬場の芝1400メートル内回りで行われるG2競走です。
フィリーズレビューは日本語に訳すと「牝馬達の舞台」という意味。
上位3着までに桜花賞の優先出走権が与えられます。
過去に地方所属のライデンリーダーが勝つなど話題の中心に昇ったこともありますが、
本番へのステップという面を考えると前の週に行われるチューリップ賞(G3)に比べ、関連性は劣ります。
格はこちらが上ですが、桜花賞より1ハロン短い1400メートルという距離で有力馬が敬遠する傾向が目立つからです。
ただ過去にラインクラフトやキョウエイマーチなど本番も勝つ馬が出ており、考察の必要なレースなのは変わりません。
【質問】本番で活躍が少ない原因って?
阪神芝1400メートルの内回りは3コーナーの入口までの距離が長く、
まっすぐ伸びる向正面では各馬がトップスピードに乗った先行争いが展開される為、
外枠の馬は一気に行き切りコースの内側をキープしないと内回り特有の急カーブで外に振られてしまうので
序盤から中盤まで一貫して早い流れで最後にどこまで踏ん張れるかが勝負。
マイル実績ではなくてスプリント+200メートルと考えスプリント戦での実績を重視した方がいいので
スプリンター寄りの馬が向くレース。
コース改修後、阪神芝1600mは直線が長くなり、
タフな設定になったのである程度スタミナがないと克服できなくなったことが関連性の低くなった要因です。
【質問】じゃあ短距離向きの馬を狙えばいいのですか?
1400メートル以下に実績のある馬の活躍が目立ちますが、臨戦過程としてはマイルから距離短縮の馬が狙い目です。
イメージとしてはマイルでもうひと押し足りなかった馬が適性のある1400メートルで変わり身をみせる感じですね。
阪神の馬場はパワーが要求されるのでダート実績のある馬の穴も要注意です。
ただ初芝の馬は苦戦傾向です。
【質問】理想の臨戦過程はありますか?
やはり一番多いのは阪神JF組です。
ただ休み明けになるので逃げ馬だと息が保たないことが多いので控えて競馬ができる馬が狙い目です。
あとはエルフィンSからの転戦馬が1ハロン短縮することで能力を発揮することが多いです。
【質問】人気の傾向はありますか?
荒れることが多いですが、阪神JF以来の1番人気は信用できます。
それ以外だと年明けに一度使って前走連対している馬も好走確率が高いです。
阪神JF組以外で前走連対を外している馬が一番人気になっていたら疑った方がいいでしょう。
人気薄で走るのは関東馬か前走ダートの馬かエルフィンS組が多いです。
ただ基本1勝馬は割り引きです。
前走で人気を背負うような素質馬なら多少可能性はありますが。
【質問】脚質に傾向はありますか?
ペースが速くなることが多いので差しが届くこともありますが、ある程度先行できた方が有利。
今年は逃げたティズトレメンダスが3着でしたが、
逃げて勝ったのは2002年のサクセスビューティー以来ないので押さえまでが妥当です。
【質問】血統的に傾向はありますか?
パワーが要求されるのでダートもこなせる芝血統が狙い目です。
ディープインパクト産駒はもともと1400mの成績が悪く、
切れ味を要求されないこのレースには向かないので今後出走してきても疑ってかかった方がいいでしょう。
父系か母父にアメリカ血統の入っている馬がこのレースに向いています。
サンデーサイレンス系ならどちらかといえばマイナー種牡馬の成績が目立ちます。
【質問】まとめをお願いします。
1600メートルは長いけど、1400メートル以下に実績のある馬が狙い目です。
本番に関連性が薄いのでここを勝った馬が本番に出て来ても評価を上げない方がいいでしょう。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る