G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

青葉賞予想 2016



土曜日に東京競馬場で行われる青葉賞の事前予想を行って行くわ。
この青葉賞はダービートライアルとなっていて、上位2頭までに優先出走権が与えられるレースとなっているわ。
 
それじゃ、青葉賞の傾向と対策をデータ面から見て行くから付いてきなさいよ!
その前に登録馬から見てちょうだい。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルカサル56.0大竹正博美浦
エルリストン56.0須貝尚介栗東
タンサンドール56.0高柳瑞樹美浦
ドンチャブ56.0中川公成美浦
ノーブルマーズ56.0宮本博栗東
バルダッサーレ56.0南田美知美浦
フレンドミラクル56.0南田美知美浦
プロディガルサン56.0国枝栄美浦
マイネルハニー56.0栗田博憲美浦
メートルダール56.0戸田博文美浦
ラヴアンドポップ56.0安田隆行栗東
レーヴァテイン56.0堀宣行美浦
レッドエルディスト56.0笹田和秀栗東
ロスカボス56.0高野友和栗東
ヴァンキッシュラン56.0角居勝彦栗東

 
フルゲート18頭に対し15頭と現段階で全馬が出走できる状態にあるわ。

良血のプロディガルサン、レーヴァテイン。
重賞好走馬のマイネルハニー、メートルダールなど楽しみな馬が揃ったわね。

皐月賞の4強に割って入りそうな馬をデータで探していくわよ!!
 
今から上げるデータは青葉賞の過去10年分のデータになるわ。

前走レース別成績
レースデータ 

普通なら重賞からのローテーションが良いように感じるけど実際は500万からの参戦が良い結果を出しているのね。

アザレア賞(2200m)、水仙賞(2200m)、ゆきやなぎ賞(2400m)、大寒桜賞(2200m)と2200m以上の距離を使った組が好成績を上げているという事は、青葉賞に対応するには2400mの距離にメドの立つ馬でないとダメって事ね。

そういう理由で、スプリングステークスと共同通信杯の成績が良くないのね。

今年は人気になりそうな、プロディガルサンとメートルダールは前走が1800mとデータからは外れる形になるわね。

 
前走着順別成績
  着データ
 
前走1着馬は、色んなクラスから勝って参戦するから出走馬が多くなって勝率が5.3%と悪く見えるけど、過去10年で4勝は立派よね。

前走の着順からは3着以内が理想だけど、6着~9着と掲示板を外した馬たちの巻き返しも要注意ね。

ただ、この5頭全てがOPまたは重賞で6番人気以内に支持されて負けた馬たちだから、500万以下で掲示板を外した馬は切って良いわよ。
ここから切れるのはバルダッサーレのみね。
 
 
前走人気別成績
人気データ  
上位人気に支持されていた馬はここでも強いようね。

6番人気~9番人気が3回馬券に絡んでいるわね。
この範囲内に人気で1秒以内の負けならここでも馬券に絡むことは可能よ。


ドンチャブ、フレンドミラクル、マイネルハニー、ラブアンドポップたちは1秒以内の負けだから切ることは出来ないわよ!
 
それじゃ、データも加味して私のオススメ馬を教えるわ!!
 
注目馬1
アルカサル
【前走:水仙賞1着(2番人気)】
逃げ馬が2着に粘るペースを後方からひと捲りで勝ってしまったレース振りは圧巻だったわ。
 
ゲートは早くなかったけど内でじっと我慢して4コーナー手前から追い上げる脚はお父さんのドリームジャーニーを彷彿とさせるスケール満点の走り。
 
過去に中山の2200mを勝って青葉賞に挑んだ馬たちの時計よりも、4秒くらい速い時計で勝ってしまったのも見るとここでも好勝負は必至!
 
後は、東京競馬場への対応だけ!
 
注目馬2
ヴァンキッシュラン
【前走:アザレア賞1着(1番人気)】

デビューから1度も3着以内を外していない堅実さが売りのこの馬。
 
長い所を中心に使われてきているからこの2400mって距離も全然問題ないわね。

瞬発力に優れたいかにもディープインパクト産駒らしい走りをするわ。
 
末脚だけなら皐月賞の4強に入れるだけのポテンシャルを感じるわ。
 
注目馬3
レーヴァテイン
【前走:500万下1着(1番人気】

兄弟にアプレザンレーヴ、レーヴミストラルと2頭の青葉賞馬がいるんだけど、この血統はやたらとこの東京2400mと相性が良いのよね。
 
ここまで2連勝と来ていて、前走の500万ではこのレースの登録しているヴァンキッシュランとの追い比べで負けてはしまった(結果、ヴァンキッシュランの降着でこちらが1着)けど、坂を上ってからの脚はコチラも素晴らしかったわ。
 
3番手の注目馬として上げるけど上2頭と遜色ない力を持っているわ。
 
青葉賞で穴を開ける馬はこの馬で決まり!
広い東京で一変在り!!
波乱を演出するその馬とは・・・。

 
注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


過去実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

青葉賞

【質問】青葉賞ってどんなレースなんですか?
3歳馬の頂点を決めるG1・日本ダービーのトライアルレースとして、
毎年4月下旬に本番と同じ
東京競馬場の芝2400mで行われるG3戦です。
上位2頭までに優先出走権が与えられます。
ダービーは出走するだけでも名誉と言われていますので、2つのイスを巡って、
毎年様々な路線から多くの馬が出走してきます。
【質問】なるほど。では、具体的にどのような馬が集まってくるのでしょうか?
500万下を勝ったばかりの馬と、重賞からは3月に行われるG2・弥生賞で敗退し、
G1・皐月賞に出走できなかった馬や、阪神競馬場で行われるG3・毎日杯を経由して使ってくる馬が多いですね。
どれもダービーへの出走権を取るべく出走してきますので、登録時点から頭数も多く、
新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの馬は除外されてしまう事もしばしばあります。
また距離経験の面からも、この時期は芝2400mのレースがあまりありませんので、
芝1800m~2200m前後を使った多彩な馬が顔を揃えます。
【質問】それではコースについて教えてください。
スタンド前の中央から見て4コーナー寄りの地点からスタートし、約350mの直線を通過して、
1、2コーナー、向正面、3、4コーナー、最後の直線と順番に通過してゴールです。
最後の直線は525mあり、途中には坂も設けられているため、瞬発力だけでなく、
スタミナも要するコースと言えます。
枠による有利不利はほとんどありませんので、全馬が力を出し切れるフェアな舞台です。
【質問】脚質的には、どんなタイプが活躍しているのでしょうか?
やはり距離が2400mと長い分、逃げ・先行勢は苦戦している傾向です。
よほどのスローペースにならない限り、直線には坂もありますので、そこでバテて後退してしまいます。
一番多いのは、ゆっくり前を見ながら進められる差し馬になりますね。
ただし直線が長いので、展開によっては最後方にいた追い込み馬が、
豪快に末脚を伸ばしてくるシーンも見られたりします。
【質問】ほかに好成績を挙げている馬の傾向はありますか?
距離の経験は芝2000m以上があった方が良いでしょう。
かつそこで、2着以内に入っているか、もしくは重賞で4着以内に入っているタイプが好成績を挙げています。
また出走回数も2、3回の馬が比較的良い傾向です。
5走以上など、数を多く使っていると、この時点で疲れが溜まっていて厳しいのかもしれません。
【質問】血統的には、どんな馬を押さえたらいいのでしょうか?
いわゆるクラシックディスタンスと呼ばれる、芝2400m前後で活躍した馬を父に持つタイプが、
近年は良い結果を残していますね。
現役時代に日本ダービーを制したディープインパクトやタニノギムレットのほか、
2着だったシンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、ハーツクライの産駒がこれまで勝ち星を挙げています。
短距離血統やダート血統と呼ばれる馬でも、長い距離をこなすタイプはもちろんいますが、
このレースだけに限って言えば苦戦している状況です。
【質問】分かりました。では最後にまとめをお願いします。
青葉賞は1番人気が3着以内に入る傾向が強く、軸にするならば、馬券の種類に関係なく、
1番人気は押さえておいた方が良いでしょう。
頭数が多い中でも抜けた人気になるようなら、より高い確立で勝利を収めています。
それだけ信頼度が高いデータです。
ただし割れた人気になるようなら、注目度の低い馬もそこそこの確立で馬券圏内に入り、
組み合わせによっては、1番人気が絡んだ場合でも万馬券となるケースが見られます。
穴をあけているタイプとしては、芝2200~2400mなど長い距離での経験があり、
かつ血統も長距離向きの馬が多いです。
これらは重賞での出走経験が無いために人気薄となりやすいですが、人気馬に信頼が置けない分、
十分台頭が可能と言えるでしょう。
まずは1番人気になった馬が信頼できるか見極めつつ、
これも確立の高いデータといえる血統面から押さえて行ければ、的中に近づけるかもしれません。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る