G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

産経賞オールカマー予想 2016

日曜日には、中山競馬場でG2のオールカマーが行われるわよ。
 
細かい話の前に登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクションスター56.0音無秀孝栗東
エーシンマックス56.0西園正都栗東
クリールカイザー56.0相沢郁美浦
ゴールドアクター58.0中川公成美浦
サトノノブレス56.0池江泰寿栗東
サムソンズプライド56.0杉浦宏昭美浦
ショウナンバッハ56.0上原博之美浦
ツクバアズマオー56.0尾形充弘美浦
マイネルメダリスト56.0田中清隆美浦
ワンアンドオンリー57.0橋口慎介栗東
マリアライト56.0久保田貴美浦
カレンミロティックセン56.0平田修栗東
 
去年の有馬記念を制したゴールドアクターが天皇賞(春)以来の復帰戦。

今年の宝塚記念を制したマリアライトと、両グランプリホースが出走を予定しているのよ。
 
どちらも、休み明けで目標はG1となるだけに7分〜8分の仕上げでどういったレースが出来るかが注目よ。
 
他では、天皇賞(春)2着のカレンミロティック、中山競馬場が得意のクリールカイザー、今年G3を2勝しているサトノノブレスなどが出走を予定しているわ。
 
力的にはゴールドアクターとマリアライトが抜けていて、それ以下の馬は横一線って感じね。

とは言っても、力通り決まらないのが競馬よ。

それじゃ、データを使ってオールカマーを分析するわ。

以下のデータは、新潟で開催された2014年を除く過去9回のデータになるわ。


まずは、前走クラス別成績よ。
前走クラス別成績
前走クラス

クラス別成績では、前走がG1だった馬はかなりの好成績を収めているわ。
 
G1レースでは、宝塚記念から出走した馬が【4-3-1-2で連対率70%とかなり高い数字ね。

一方、同じG1でも天皇賞(春)は、【0-1-0-3とイマイチな成績ね。
 
G2では札幌記念、G3は新潟大賞典などの夏に走った馬が良い成績を上げているわ。

【前走G1】
・カレンミロティック(宝塚記念・11着)
ゴールドアクター(天皇賞(春)・12着)
サトノノブレス(宝塚記念・8着)
マイネルメダリスト(天皇賞(春)・16着)
マリアライト(宝塚記念・1着)
ワンアンドオンリー(宝塚記念・14着)


【前走G2】
・該当馬なし

【前走G3】
・アクションスター(鳴尾記念・9着)
・エースンマックス(新潟記念・15着)
・クリールカイザー(七夕賞・5着)
・ショウナンバッハ(エプソムカップ・11着)

【前走オープン特別】
・サムソンズプライド(丹頂ステークス・4着)
・ツクバアズマオー(札幌日経オープン・4着)


次は、前走着順別成績。
前走着順別成績
前走着順

これは前走着順別成績になるけど、前走6着〜9着と掲示板を外した馬の巻き返しがあることがわかるわ。
 
ただ掲示板内と掲示板外で分けると、掲示板に入った馬は複勝率では高い数字を残しているから軸は掲示板組、相手に掲示板外組と言うのが私の買い方になるわ!

【前走掲示板】
・マリアライト(1着)
・クリールカイザー(5着)
・サムソンズプライド(5着)
・ツクバアズマオー(4着)

【前走掲示板外】
・アクションスター(9着)
エースンマックス(15着)
カレンミロティック(11着)
ゴールドアクター(12着)
サトノノブレス(8着)
ショウナンバッハ(11着)
マイネルメダリスト(16着)
ワンアンドオンリー(14着)


最後は、前走人気別成績。
前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、10番人気以下の穴扱いだった馬がここでは結構好走しているのよ。
 
とは言え、G1で10番人気以下でもここだと結構人気になっちゃうっていうパターンだから、馬券的妙味が少し薄れるの。

だけど前走の人気は無視して見直す余地を持った方が良い!

データはそう言っているわ。

【前走10番人気以下】
・アクションスター
エーシンマックス
カレンミロティック
サトノノブレス
ショウナンバッハ
マイネルメダリスト
ワンアンドオンリー

この3つが今日のデータになるわ。

それじゃ、データと各馬の参考レース照らし合わせて私のオススメ馬を発表するわ。

注目馬1
マリアライト
【前走:宝塚記念1着(8番人気)】
 
去年のエリザベス女王杯を制し、有馬記念でも4着と力を示したマリアライト。
 
今年は、日経賞(3着)→目黒記念(2着)と着実に調子を上げて挑んだ前走の宝塚記念では、8番人気と低評価ながら直線半ばで先頭に立つとドゥラメンテの追撃を振り切り見事勝利。
 
牝馬としては2005年のスイープトウショウ以来の宝塚記念勝利だったのよ。

今回は、これまでの追う立場から追われる立場に変わるから無様なレースは出来ないわよ。


注目馬2
ゴールドアクター
【前走:天皇賞(春)12着(1番人気)】
 
去年は、復帰してから4連勝で有馬記念を勝って、今年初戦の日経賞も磐石なレースぶりで快勝して、天皇賞(春)最有力馬だったけど、久々の輸送競馬で当日は入れ込みが激しいのと外枠が災いしてこれまでで1番悪い12着。
 
レース後に、宝塚記念を回避し秋に備えるプランを発表。

オールカマーは、連覇を目指す有馬記念に向けて大事なレースとなるわ。
 
距離も前走よりは良いし、中山競馬場も得意だからマリアライト同様に恥ずかしいレースは出来ないわね。


注目馬3
サトノノブレス
【前走:宝塚記念8着(10番人気)】
 
今年に入ってG3を2勝と6歳ながらまだまだ衰えは見せていないサトノノブレス。
 
G1ではワンパンチ足りないのは明らかだけど、G2・G3ではまだまだやれるわ。

大きな心配なことは、馬場が悪くならないこと。
 
この馬は重馬場が苦手だから台風の影響がないと良いんだけど…

休み明けは走る馬だし、馬場さえ良ければ十分勝負になるわ。



注目馬4
クリールカイザー
【七夕賞5着(9番人気)】
 
一昨年から去年にかけて長い距離の重賞で活躍していて、去年のアメリカジョッキークラブカップではゴールドシップを破る大金星をあげたのよ。
 
その後は、怪我で1年の休養が必要になってしまったの。
 
復帰して3戦したけど2走前の目黒記念以外は大きく負けていないし、マイペースで行ければ面白いわ。


G12頭を除けば力は横一線。
先週10馬人気を見抜いたエビコが今週も見抜いた!!
その見抜かれた馬とは…。



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

産経賞オールカマー

【質問】オールカマーというのは、誰でもOK、なんでも来い、という意味ですよね?
本来このレースは、文字通りのそんな意味合いを持ったレースなんだよね。
アラブ馬や地方馬など、競走馬の品種や所属を問わず、条件を満たした馬が出走できることになっている。
でも、アラブ系競走が衰退し、さらに地方馬の挑戦が激減したいま、
もはや「オールカマー」は死語同然になってしまった。
中央のサラブレッドが出走する、通常のG2と考えたほうがいい。
【質問】時期的、距離的に、秋の天皇賞を目指す馬たちのレースということになるんでしょうか?
なることにはなる―――。
だけど、直結していない、というのが現状だね。
むかしは超一流馬の参戦も多くて、平成初期のころは、オグリキャップ、ビワハヤヒデ、ヒシアマゾン、
サクラローレルといった名馬が勝ち馬に名を連ねているけど、
宝塚記念の施行時期が後ろ倒しになったあとは、レースレベルがガクンと落ちてしまった。
宝塚記念から秋に臨む有力馬の多くが、
しっかり間隔をあけて毎日王冠か京都大賞典から始動するようになったからだろうね。
【質問】レースレベルが低いと、大混戦で難解というイメージが……。
まぁ、簡単ではないけど、絶対にこれは押さえておくべきというアプローチ方法はあるよ。
まずは無類の中山巧者を探すこと。
中山芝コース、とくに外回りは独特のコース形態をしているから、巧拙が顕著に出やすいんだ。
2007年に有馬記念を勝ち、オールカマーを3連覇したマツリダゴッホのように、
中山芝2200mと中山芝2500mでやたらと強い馬っているでしょ?
そういう馬がいたら、積極的に狙っていくべきだね。
二度あることは三度ある。
三度あることは四度ある。
これがキーワードだ。
【質問】確かに、ナカヤマナイト(2012年1着)やドリームジャーニー(2009年2着・2010年2着)のような“中山巧者”が活躍していますね。
リピーターには常に気を付けたほうがいいね。
ほかにもシンゲン(2009年3着・2010年1着)とか、トウショウシロッコ(2008年3着・2010年3着)のように、
2回以上馬券に絡んでいる馬はけっこういるから。
【質問】コース適性以外で注目すべき点はありますか?
同じ中山芝2200mで行なわれるセントライト記念と同様、蛯名騎手とステイゴールド産駒が強い。
両者ともにこのコースを得意にしているからね。
オールカマーはふたケタ人気になるような大穴の激走がないレースなので、
蛯名騎手騎乗馬とステイゴールド産駒がある程度上位人気に支持されていたら、
必ず買い目に加えたほうがいいと思うな。
【質問】大穴の激走がないということは、堅いレースと考えていいということですか?
おおむねその認識で問題ない。
連対馬はほぼ100%に近い確率で重賞連対実績を持っているように、
調子や勢いよりも格がモノを言うレースなんだ。
実績のある馬が上位人気に支持されていたら、無理に逆らう必要はないよ。
【質問】じゃあ、実績馬が1番人気なら鉄板級ということで……。
古馬G1・G2勝ちの実績がある馬なら、まず崩れることはないね。
逆にその実績がない馬は、過去にちょこちょこと取りこぼしている。
1番人気の信頼度を量りたければ、古馬G1・G2勝ちの実績があるかどうかをチェックするといいよ。
【質問】枠順や脚質はどうでしょう?
枠順はとくに有利不利はない。
どこからでも狙っていけるね。
脚質は、基本的に先行有利で、勝ち馬のほとんどは4コーナーを3番手以内で回っている馬だけど、
2着・3着に関しては差し馬もバンバン絡んでいる。
だから、軸は逃げ・先行馬から選ぶのがベターも、
相手選びの際は脚質を気にしなくていいと結論付けられる。
まとめると、人気の中山巧者かつ先行タイプを軸に、先にあげたプラス材料の条件に該当する馬に流して、
本命から中穴の馬券を狙っていくべきレースと言えるんじゃないかな。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る