G1レース全部徹底解剖 過去の提供情報

オークス予想 2016



先週は年増の女が東京で暴れていたけど、今週は年頃の小娘たちのよる戦いね。
牝馬クラシック第二弾のオークスが行われるわ。

桜花賞から一気に800mも距離が延びるこのレースは、3歳牝馬にはキツイのよね。
そこを乗り越えられる、ど根性娘が勝つ事が出来るの。
 
勝ち気の強い田舎のヤンキータイプかしら。
一人の男を取り合って殴り合う女と女の戦いを見るのが私は好きね!!
 
私の好みはいいのよ!!
樫の女王を目指すべく24頭の登録があって出走出来るのは18頭となっているわ。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アウェイク55.0斎藤誠美浦
アオイプリンセス55.0大久保龍栗東
アットザシーサイド55.0浅見秀一栗東
アドマイヤリード55.0須貝尚介栗東
ウインファビラス55.0畠山吉宏美浦
エンジェルフェイス55.0藤原英昭栗東
キンショーユキヒメ55.0中村均栗東
クィーンズベスト55.0大久保龍栗東
ゲッカコウ55.0高橋義博美浦
サクレディーヴァ55.0村山明栗東
シンハライト55.0石坂正栗東
ジェラシー55.0菊沢隆徳美浦
ダイワドレッサー55.0鹿戸雄一美浦
ダンツペンダント55.0本田優栗東
チェッキーノ55.0藤沢和雄美浦
デンコウアンジュ55.0荒川義之栗東
ネオヴェルザンディ55.0鹿戸雄一美浦
ハマヒルガオ55.0堀宣行美浦
ビッシュ55.0鹿戸雄一美浦
フロムマイハート55.0宮本博栗東
フロンテアクイーン55.0国枝栄美浦
ペプチドサプル55.0木原一良栗東
レッドアヴァンセ55.0音無秀孝栗東
ロッテンマイヤー55.0池添学栗東

 

注目は何といっても桜花賞の2着のシンハライトよねぇ。

ライバルのジュエラーが休養中の今なら負けられないでしょうし、池添謙一騎手は相当なプレッシャーが掛かるわね。
 
正直、私もシンハライトでしょうがないかなぁと思っているの。
でも、そこは不屈の穴党エビコである私がキッチリと穴馬を見つけてシンハライトからでも儲かっちゃうような馬を教えちゃうわ!!
 
その為には、データも必要よね。
それじゃ、オークスをデータから紐解いていくわ。
以下のデータはオークスの過去10年分のデータになるわよ!
 
まずは前走レース別成績。
前走レース別成績
last_race

 
やっぱりと言うべきか過去10年で7頭が桜花賞組ね。
実は桜花賞組にも傾向があるからそれを教えるわ。

桜花賞で『4着以内』もしくは『5着以下だけど、桜花賞で4番人気以内に推されていた』と言うこと。
過去3年のオークスの3着以内の馬の前走をまとめたものよ。

last_3year
 
 上の桜花賞組の共通点を当てはめれば、2015年のクルミナル、2013のメイショウマンボもズバッと当てることが出来るのよ。

これはオークスを紐解く上で最重要データよ!
 
今年の該当馬は、
<桜花賞4着以内>
・シンハライト
・アットザシーサイド
 
<5着以下だけど、桜花賞で4番人気以内に推されていた>
・レッドアヴァンセ
 
まずは、この3頭は確実に押えておきましょう!

 
その他の組では、フローラステークスは3着内、スイートピーステークスは2着以内に入らないとオークスでの好走は難しいわ。

つまり、きっちり権利内の着に入った馬が良いってことね。
表にはしないけど、そういうデータもあるから覚えておいて損はないわ。
 
 
<フローラステークス3着内>
・チェッキーノ
・アウェイク
 
<スイートピーステークス2着以内>
・ジェラシー
・フロムマイハート
 
オークスで馬券に絡んだ馬は、桜花賞、忘れな草賞、フローラステークス、スイートピーステークスのどれがだから、それ以外のレースから臨んだ馬は軽視していいわ!
 
 
次に、前走人気別成績ね。

前走人気別成績
 
  last_ninki

前走で2番人気以内に支持されていた馬が過去10年で8頭と高い勝率を残しているわ。

馬券の軸とするならこのデータも使いたいわね。
その辺りの軸馬から当日人気がなさそうな馬に流すもいいわね!!
 
<前走1番人気>
・エンジェルフェイス
・ジェラシー
・ビッシュ
・ペプチドサプル
 
<前走2番人気>
・キンショーユキヒメ
・シンハライト
・ネオヴェルザンディ
・ロッテンマイヤー
 
最後に前走着順別成績

前走着順別成績
last_chaku
 
前走で勝った馬が7頭、かなり高確率で来るわね!
勝ち馬を探すには前走2着以内までかしら。


前走2着馬を勝ち馬こそ出ていなけど、複勝率では1着馬を凌駕する数字だからここは相手にいいわね。
あらっ!?そういえばシンハライトって・・・桜花賞2着ね・・・。

<前走1着>
・エンジェルフェイス
・キンショーユキヒメ
・ジェラシー
・ダンツペンダント
・チェッキーノ
・ネオヴェルザンディ
・ペプチドサプル
・ロッテンマイヤー
 
<前走2着>
・シンハライト
・フロムマイハート
 
さぁ、データが出そろったところで私のオススメ馬を発表するわ!

 
注目1
シンハライト
【前走:桜花賞2着(2番人気)】
 
まぁ、1番の注目はこの馬よね。
2走前のチューリップ賞でジュエラーを負かして挑んだ桜花賞では、
そのジュエラーにハナ差屈して2着。

 
2着に負けたけどこの馬の評価が下がる事は無くて、
ジュエラーが回避した今は負けられない立場にあるわ。

 
この馬の武器は何といっても切れる脚だし、
決め手に優れた馬が活躍する舞台だから条件はぴったりね。
力は最上位だから注目1番手ね。

 
注目2
チェッキーノ
【フローラステークス1着(3番人気)】
 
デビュー戦こそ3着に負けたけど、
前走のフローラステークスを制しここまで3連勝。

 
前走のフローラステークスでは、2000への対応が課題だったけど、
距離・大外枠と決して好条件では無かったのに、終わってみれば上がり最速の34.6
を使い3馬身差の圧勝。


この勝ちっぷりは恐れ言ったわ・・・。
 
距離不安なんて関係なかったし、
桜花賞組もシンハライト以外はそこまで強くはないから、この馬も上位争いは十分可能ね。
 
シンハライトの対抗馬として注目2番手ね。

 
注目3
アットザシーサイド
【前走:桜花賞3着(6番人気)】
 
前走の桜花賞では、道中シンハライトを徹底マークする位置をキープして
直線を向いて伸びては来たものの最後はジュエラー、シンハライトに0.3差付けられて3着。
それでも、このタイム差なら十分評価できるわ。
 
ひとつ懸念材料とすれば母系が短距離よりだから距離への課題があるわ。


ただ、桜花賞で4着以内に入った馬はオークスでも相性がいいから注目3番手に上げておくわ。
 

注目4
レッドアヴァンセ
【前走:桜花賞7着(4番人気)】
 
3走前のエルフィンステークスでは、後方2番手からレースを進めて直線入り口から進出し、そのまま上がり33.3で差しきり勝ち。
このパフォーマンスは素晴らしかったわ。
 
続く、チューリップ賞では-14キロの馬体重が響いて持ち味を生かせず8着。
前走の桜花賞は、馬体重を戻したけどエルフィンステークスの馬体重(442)には程遠くジリジリしか伸びなかったわね。

 
オークスでも上位争い出来るだけの力はあるから、後は馬体重をどこまで戻せるかね。
 
2番手以降は混戦のオークス。
となれば、重要なのは距離適性!?
エビコが見つけたオークス馬血統の馬とは・・・。



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

オークス

【質問】オークスってどんなレースなんですか?
牝馬3冠レースに称される桜花賞→オークス→秋華賞のうちのひとつで、4月の桜花賞から
約ひと月半後に行われる牝馬クラシック第2戦です。
3歳世代のトップクラスの牝馬が顔を揃えるためメンバーレベルは高いのですが、
桜花賞が芝1600mだったのに対し、このオークスは東京の芝2400mで行われるため、
大幅な距離の違いがひとつのポイントとなっています。
【質問】東京の芝2400mってどんなコースなんですか?
正面スタンド前からスタートして、トラックを左回りに約1周するコース。
コーナーを4つ回り息の入れやすいコースではありますが、なにせほぼ全馬が未体験の距離であり、
長い直線にゴール前の坂もありますから、たしかに距離の壁に阻まれて、
能力があるにも関わらず活躍できない馬もいたりします。
【質問】結構荒れる傾向がある気がするのですが、ポイントはやはり桜花賞との距離の違いになるのでしょうか?
そうですね。800mも距離が違うのですから、当然レースの流れなども変わってきます。
一番の違いは距離が長いレースは道中どこかでかなりラップタイムが落ちることでしょう。
1600mくらいまでなら、スピードで押し切ることも不可能ではないですが、2400mとなると折り合いをつけて
道中馬をなだめる必要があるので、一本調子にムキになって走る馬では厳しい…ということです。
1200m~1600mくらいのレースで先行するタイプの馬は、スピードがあり、
性格も前向きで一生懸命すぎるところがあるので、道中ゆっくり走るのが苦手な馬が多いのですが、
そういった馬が2400mのオークスではオーバーペースになりがち。
スピード能力の高さで桜花賞を好走した馬より、じっくり脚をタメて鋭い末脚を生かすタイプが、
距離の違いを克服しやすい傾向がありますね。
【質問】なるほど、桜花賞からの直行組は差し馬を狙え…ということですね。では1800mや2000mで行われるオークストライアル組はどう見ればいいのでしょうか?どうも最近はフローラS組の活躍が目立つようになってきたような気がしますが…
そうなんです。オークストライアル組、特にその中では好メンバーが揃うフローラSの上位馬が、
近年は本当に活躍しているので注目なんですよ。メンバーの質という点では桜花賞の方が断然強いはずなんですが、
素質馬のデビューが昔より遅くなっている近年では、遅れてきた大物もいたりしますし、
なにより2000mという距離を経験していることが1600m→2400mよりもかなりアドバンテージになっている気がします。
折り合いをつけて道中のスタミナのロスを軽減する…という技術を身に付けているかどうかが
やはり重要ということでしょうね。
【質問】なるほど。ではオークスの馬券を買う上で注意しておいた方がいいポイントをまとめてもらえますか?
まずはやはりメンバーの強い桜花賞組が有力であることに間違いはありません。
過去の結果を振り返っても、8~9割は桜花賞からの直行組が活躍していますからね。ただ注意したいのは、
必ずしも桜花賞上位馬が活躍しているとは限らないこと。そこには距離の違い…というものが関係しています。
わかりやすいポイントは、先行タイプで桜花賞を活躍した馬は危ない…ということでしょうか。
逆に差して桜花賞を活躍した馬は割りと安定しており、後方でもがいて差し脚不発に終わった馬が、オークスでの穴馬になっています。
また、近年活躍するケースが増えてきたのが、オークストライアルであるフローラS組。これは2000mという距離を経験することにより、
緩急のあるペースに対応する技術を身に付けたことが大きいでしょう。
オークスで先行して好走するタイプはほとんどがこの距離経験をクリアしている馬。
桜花賞組に抑えが利かないスピード馬がいない限りは、基本的にペースが遅くなるレースですから、
この距離経験があって先行力のある馬…というのを狙ってみるのもおもしろいと思います。
G1全24レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る