G1レース全部徹底解剖 過去の提供情報

NHKマイルカップ予想 2016



今週は東京で3歳マイル王のNHKマイルカップが行われるの!

NHKマイルカップと言えば、マルガイ・ダービーを呼ばれていて外国から持ち込まれた馬の為に作られたレースなのに、
今となっては外国馬なんていないじゃないの!!
 
勝ち馬がその後に活躍する事も無いし、いっそのことG2に格下げしちゃえばいいんじゃないの。
って私は思うのよね。
 
代わりに3歳のダートG1でも面白いんじゃない。
ダートG1が少なすぎるから、3歳時から格式高いダートレースを作っておけば古馬になって、
ドバイワールドカップやブリーダーズカップクラシックを勝つ馬が育成出来るかもしれないわよ!!


まぁ、私の妄想ね!
 
フルゲート18頭に24頭の登録があるわ!
まず登録馬を見てちょうだい!

 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アーバンキッド57.0斎藤誠美浦
イモータル57.0須貝尚介栗東
オデュッセウス57.0手塚貴久美浦
カネノイロ57.0佐藤吉勝美浦
シゲルノコギリザメ57.0谷潔栗東
シャドウアプローチ57.0須貝尚介栗東
シュウジ57.0須貝尚介栗東
ショウナンアンセム57.0田中剛美浦
ショウナンライズ57.0上原博之美浦
ストーミーシー57.0斎藤誠美浦
ダンツプリウス57.0山内研二栗東
ツーエムレジェンド57.0池添兼雄栗東
ティソーナ57.0藤沢和雄美浦
トウショウドラフタ57.0萱野浩二美浦
ハクサンルドルフ57.0西園正都栗東
ブレイブスマッシュ57.0小笠倫弘美浦
ミエノドリーマー57.0国枝栄美浦
レインボーライン57.0浅見秀一栗東
ロードクエスト57.0小島茂之美浦
エクラミレネール55.0高橋裕美浦
オーヴィレール55.0今野貞一栗東
ブランボヌール55.0中竹和也栗東
ペルソナリテ55.0相沢郁美浦
メジャーエンブレム55.0田村康仁美浦

 
何といっても注目は桜花賞4着から巻き返しを図るメジャーエンブレムね。

距離適性を考えてこちらに参戦したけど、思い切った競馬をすれば桜花賞みたいな無様な競馬にはならないはず!
とにかく思い切った競馬が出来るかどうかね!

 
そのあたりも踏まえてNHKマイルカップをデータで紐解いていくわ。

そうしたら、意外な馬が見えてきたわよ!!
 

最初に前走レース別成績。
前走レース別成績
race

過去10年で5勝しているのはニュージーランドトロフィー組。

ニュージーランドトロフィーからNHKマイルカップを制した5頭の前走成績をまとめてみたわ。

<前走ニュージーランドトロフィー>
2013年:マイネルホウオウ(4番人気・7着)
2012年:カレンブラックヒル(1番人気・1着)
2011年:グランプリボス(1番人気・3着)
2009年:ジョ-カプチーノ(3番人気・3着)
2006年:ロジック(2番人気・3着)

 
となっていて、5頭中4頭がニュージーランドトロフィーで3番人気以内に支持されて3着以内に入っているのね。

2013年のマイネルホウオウは4番人気に支持されて7着だったけど、その前のスプリングステークスで3着に入っているから、ニュージーランドトロフィーで4番人気以降に支持をされた馬でも、それまでの重賞で3着以内の実績があれば要注意ね。
 
500万以下のレースから出走した馬は全て切りよ!!
 
勝率、連対率、複勝率で頭一つ抜けているのが毎日杯組。
これも勝ち馬2頭の前走実績を調べたわ。


<前走:毎日杯>
2010年:ダノンシャンティ(3番人気・1着)
2008年:ディープスカイ(6番人気・1着)
共に人気に関係なく勝利を収めているわ。
毎日杯から来る馬は、まず勝っているかどうかをチェックね。
2着1回の馬も毎日杯で2着に入っているから連に絡んでいたら要注意よ!
 
次に前走着順別成績。

前走着順別成績
 chaku
 
 過去10年間で勝ち馬は前走1着と3着馬から割と多く出ているわ。

勝ち馬こそ出ていないけど、前走2着だった馬はNHKマイルカップで2着が4回ある事から、馬券の相手としては持って来いね!!

逆に、
10着以下も複勝率が18.9%と高い数字を残しているから惨敗組からの巻き返しも要注意ね。

3連単で行くぜ!って人のために、前走10着以下からの巻き返しを図る馬を紹介するわ~。
 
今回10着以下から巻き返しを図るのは、シュウジ、ペルソナリテ、カネノイロの3頭だけどカネノイロは前走がダートだからこの時点で切るわ!!
 
前走1着:ダンツプリスス、トウショウドラフタ、オデュッセウス、ティソーナ、オーヴィレール、ツーエムレジェンド、ハクサンルドルフ、ミエノドリーマー
 
前走3着:エクラミレネール、シゲルノコギリザメ
 
最後に前走人気別成績よ。

前走人気別成績
 前走人気別成績
 
前走人気別成績では、3番人気以内に支持されていた馬がNHKマイルカップでも好成績を上げているのね。
ただ、下位人気だった馬の激走もあるから無視は出来ないわよ!!
 
それじゃ、データを踏まえて私のおススメ馬を発表するわ。

 
注目馬1
メジャーエンブレム
【前走:桜花賞(1番人気・4着)】

断然の1番人気で挑んだ桜花賞では逃げることなく控えた結果、決め手勝負になり、切れ負けをして4着。
完全に持ち味を出すことなく負けた形になったわね。


阪神ジュベナイルフィリーズでは2番手から競馬をして勝ったけど、
自分の形としてはハナに立って自らペースを作る競馬が合っているわ。


前走の敗戦から形は決まったから、後はルメール騎手が腹をくくって乗れるかね。

 
注目馬2
ロードクエスト
【前走:皐月賞(5番人気・8着)】

前走は全く見せ場なく負けてしまったけど、レースを見ると中山の急坂を超えるだけのパワーは持っていないようね。


東京は中山に比べて勾配は緩やかだし、距離も良績のある1600mに戻れば再考の余地あり。

デビュー戦と新潟2歳ステークスで見せた脚は並のものじゃないし、皐月賞よりもメンバーが手薄になる今回なら十分チャンスがあるわ。
 
注目馬3
アーバンキッド
【前走:毎日杯(4番人気・2着)】

このレースで高い数字を残している毎日杯からの参戦よ。
デビューから決め手を武器にしていて、毎レースメンバ―中TOP3の上がりをマークしているの。


前走はスマートオーディンには負けたけど、内をロスなく立ち回り直線で馬群を割ってくる勝負根性はなかなかのものよ。
 
 
NHKマイルカップは穴馬の巣窟!!
この巣窟から出て来て驚愕配当を演出し、
混戦の3歳マイル戦を制するのはこの馬!!

 
注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

NHKマイルカップ

【質問】NHKマイルCってどんなレースなんですか?
3歳馬限定のレースで、東京芝1600mで行われるレースです。
皐月賞や桜花賞~ダービーやオークスの間に行われるため、
世代の超トップクラスが集うレースではありませんが、1600mという距離に適性のあるスピード馬が揃い、
例年かなり時計の速い決着になるレベルの高い一戦です。
【質問】それってどんなコースなんですか?
向正面からスタートして、トラックを左回りに3/4周するコース。
コーナーを2つしか回らないシンプルなコースで、あとは向正面とスタンド前の直線のみですから、
能力を発揮しやすいコースと言えるでしょうね。
年によって馬場の傷み具合が違いますから一概には言えませんが、他のコースに比べれば
枠順の有利不利も少ないコース。強い馬が勝ちやすいレースと言えるでしょう。
【質問】なるほど。でもこのレースの場合、中山芝1600mのニュージーランドトロフィー組もいれば、中京芝1400mのファルコンS組や中山芝2000mの皐月賞組、阪神芝1600mの桜花賞組など、いろいろな路線からの参戦が入り混じっていてどれが一番強いのか事前にわかりにくいと思うのですが…
詳しいですね…。そうなんです。直接対戦していない馬も多く、NHKマイルCの舞台である東京芝1600mを
経験したことがない馬も多いので、力関係が把握しづらいのが特徴とも言えるでしょう。
傾向としては、1200~1600mで活躍してきた馬よりも1800~2000mで活躍してきた馬の方が
案外活躍している…ということも見逃せません。
これは皐月賞や毎日杯から回ってきた馬の活躍によるデータですが、ポイントとなるのは2点。
まず、1800m~2000mで戦ってきた馬というのは、
ダービーを目指す世代トップクラスと対戦してきたパターンが多く、
ましてそこで好走してきた馬であれば、基本的に力量上位の可能性が高い…ということ。
1200m~1600mを中心に戦ってきた馬とはメンバーの層の厚さが違うんですよ。
【質問】なるほど。単純な戦績だけでなく、強い馬たちと戦ってきたことも加味して評価しなければならない…ということですね。もう1点はどういうカラクリなんですか?
1800m~2000mの路線を使ってきた馬が活躍する理由のもう1点は、
このNHKマイルカップのペースの特徴です。
1200m~1600mを使ってきた馬が多いこのレースでは、スピードに優れた馬が揃っており、
その路線のシンザン記念やアーリントンC、ニュージーランドトロフィー、ファルコンSなどのレースでは
スピードに優れた先行タイプの馬たちが活躍する傾向があるので、このNHKマイルカップでも
、そういったスピードを生かしたレースをする馬が多いんですよ。
となると、道中のペースは当然厳しいものになる…。
他の競馬場のレースなら今までそれで押し切れていたかも知れませんが、強いメンバーの揃うG1で、
まして直線が長い東京となると、かなりタフな戦いになりますから、少し距離の長いレースでも失速せずに
頑張れていた馬たち(1800m~2000mで戦ってきた馬)の経験が生きてくるというわけです。
【質問】なるほど。ではNHKマイルカップの狙い方をまとめてもらっていいですか?
わかりました。まず実力を発揮しやすいコースではあるけど、
その実力が比較しづらいメンバー構成になるということ。
どんな馬が人気に推されているかは例年マチマチですが、
1200m~1600mでの実績を買われて人気になっている馬は少し疑ってかかった方がいいかも知れません。
なので、人気馬の失速、穴馬の台頭が期待できる波乱含みのレースと言えます。
注目は1800m~2000mの路線からの転戦組。
特に皐月賞と毎日杯組は出走頭数のわりに高確率で活躍しているので要注意です。
脚質的にはその年の馬場傾向にもよるので毎年共通の狙い目はありませんが、道悪にでもならない限り、
例年時計の速い決着となるので、時計勝負に対応できるスピード能力というものは必須かも知れませんね。
G1全24レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る